« 綺麗だったので | トップページ | 最初で最後の日の出 »

2010年4月24日 (土)

まっかっか

一昨日のQueenstownのことから。

朝焼けは、その前の日と比べてそれほどでもなかった。

Cecil Peak側。

20100424img_4279

The Remarkables側。
(前回のBlogの朝焼けも、このThe Remarkables側。)

20100424img_4281

こういう雲が印象的だった。

20100424img_4319

YHAに泊まっていたのだけれど、レセプションのスタッフ2人がどちらも日本人というシフト。
僕は、3週間近く振りに日本語を喋ったのである。(笑)
今回の旅では、本当に日本人に会わなかったからなぁ・・・
間違いなく、ワーホリを含めた日本からの訪問者は減っていると思う。

そして、ここからはAucklandに戻るためにひたすら北上。

一気に移動するのは大変なので、泊まりたいな、というところで一泊することに。

まずは、Tekapo。

この日、ずーっとこの雲が、南島中央部を覆っていた。

20100424img_4415

左下の部分を拡大すると。

20100424img_4426

Mt. Cook方面は雨のよう。
だから、見えない。

雨は降らなかったけれど、曇り空の中、車で移動。

Tekapoに到着して、しばらくすると、日も差してきたので撮影開始。

まずは、ベタな教会側。

20100424img_4533

湖畔沿いにはこういう感じで黄葉の木がポツンポツンとある。

20100424img_4584_2

これだと芸がないので、どうにか違う撮り方は出来ないか、ということで、こういう感じで撮影してみた。

20100424img_4510

黄葉は見せないで、色だけを見せる。
そして、バックは、わかる人にはわかる、Tekapoの特徴を捉えた。
湖の色も見せたかったし。
こういうのもいいでしょ?
他にも色んなパターンで撮影。

これは秋っぽい雰囲気で撮影。

20100424img_4561

太陽の周りに虹というか、色の滲みが見える。
そして、この雲、何かに見えるよね。

20100424img_4529

この日の夕方。

僕が夕焼けを撮影するためにスタンバっていると、カメラを持った一人の白人男性が近寄ってきた。
Sydney在住のアメリカ人で、今は主業ではないけれど、プロのフォトグラファー。
そんな彼と、一緒に撮影をしていた。

全般的に夕焼けは綺麗というほどでもなかったけれど、こういう雲が印象的だった。

20100424img_4687

半月と夕焼け雲と、見難いけれど教会(右下)の三点セット。

20100424img_4704_2

僕はこういう撮影をしていたけれど、彼は何を撮っていたのだろう?

そして、夜はお待ちかねの星空撮影。

その前に、納豆サーモン丼を食べ、とっても満足!
今回の旅行で、一番最初のご馳走だった。(笑)

その頃には、雲もすっかりなくなっており、星が見えていた。

が、半月の影響で、どうも星が見にくい。
南十字星も高い位置にあるので、もう少し下りてくる22時頃に撮影しよう、と思い、宿に戻った。

21時頃に外を確認すると・・・

雲・・・(泣)

あの時に撮影しておけばよかった、とまでは思わないけれど、とっても残念である。

若干傷心状態で夜を過ごし、そして、今日の朝。

雲は何とか赤くなりそう。
実際、こういう感じで始まった。

20100424img_4762

これ以上変化がなかったので、東側は曇っているのかな?!このくらいで終わりかな?と思っていた。

が、一瞬にして、目の前がまっかっかになったのである!!

もう、これにはビックリ。

それまでのんきに三脚上で撮影していたけれど、こんなのは一瞬で終わってしまうので、ISOの感度を上げ、手持ちで撮影開始。
もう、溜め息が出るような朝焼けだった。

真っ暗で見えないけれど、左下に教会がある。
山側に白く見えるのは雪ではなく、雲である。

20100424img_4779

湖側。

20100424img_4778

Lake Mathesonの朝焼けもそうだったけれど、こういうのが毎回見られるのであれば、いくらでも早起きできるのにね。(笑)

とにかく、興奮状態。
昨日の彼がいれば、彼も喜んだだろうに。
(どうも、朝焼けが終わった頃に現れた模様。顔はちゃんと見なかったけれど、昨日見かけた車を見た。)

今回の撮影旅行では印象的な朝焼けがいくつかあったなぁ。

そして、朝焼けということは・・・

出発の準備をしている間に、雨が降り出した。
やはり・・・

とりあえず、と思って、教会と黄葉と湖の三点セットを撮影。

20100424img_4843

ここから一気にKaikouraへ。

途中、Christchurchで昼食休憩。
またまた美味しい日本食を頂き、満足満足。
今回一番のご馳走であった。(笑)

なんかChristchurch、車がものすごく多かった。
三連休の初日だったからか?!
あと、Hagley Parkもすごい車の数。
ラグビーの試合がいくつも行われていたみたい。

TekapoからChristchurchまでは、3時間弱、ChristchurchからKaikouraまでは、2時間半ほどだった。

道中、ずーーーーーーーーっと雨状態。

振り返れば、今回の撮影旅行、基本晴れだったんだよね。
Lake Mathesonでは、雨が降ったけれど、雨が止んだ時に撮影はしていたし。

これから自分のことを「晴れマンフォトグラファー」って呼ぼうかと思っている。(笑)

僕を使えば、晴れますよ、もしくは、面白い現象が見られますよって。(笑)

すぐに宿に行こうかと思ったけれど、小雨だったので、Seal Colonyへ。

駐車場近くのNew Zealand Fur Sealは寝ておりました。

20100424img_4854

遠くの方のSealは活発に動いていたけれど。

と、何もすることないし、まだネットの接続に余裕があるので、Blog更新。

明日はPicton。
お金に余裕があれば、Blenheimでワイン買いたいなぁ・・・

|

« 綺麗だったので | トップページ | 最初で最後の日の出 »

NZ撮影旅行」カテゴリの記事

コメント

 太陽の周りの虹というのに反応しました。綺麗に撮れていますね。これは光環という現象だと思います。ヨーロッパでは「黄金の羊」とか「神の遣いの羊」と呼ばれています。
 NZは自然が綺麗だけではなくて、虹やグリーンフラッシュ等の空に現れる光の芸術がたくさん観察されるのがすごく魅力的です。
 私も一眼レフを購入したので、空に見られる不思議な色の芸術を撮影したいと思っています。
 5月の個展楽しみにしています。
 

投稿: ごろー | 2010年4月24日 (土) 21時06分

なるほど、そういう名前ですか。
教えて下さり、有り難うございます!

「羊」ですか!
NZでそれが見られるなんて、なんて相応しいのでしょう!と。(笑)

今日、もしかしてそのグリーンフラッシュが撮れたかも!?!?
ごろーさんのご意見を是非、またお聞かせください。

一杯面白い写真を撮って下さいね。
太陽を撮るなら、500mmくらいのレンズがほしくなります。(笑)

僕もまた5月にお会いできるのを楽しみにしております!

投稿: おは | 2010年4月26日 (月) 16時48分

またきっと素敵な個展になるのでしょうね。
Tekapoの朝焼け、すごく力強い写真に感じました。元気になります!
ありがとうございました。

投稿: カズキ | 2010年4月30日 (金) 01時08分

今回もまた、いい個展であれば、と思っています!
今回は、本当に面白い朝焼けが色々な場所で見られてよかったです。
これこそ、一期一会の風景ですね。(笑)
メッセージ、有り難うございます。

投稿: おは | 2010年4月30日 (金) 04時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 綺麗だったので | トップページ | 最初で最後の日の出 »