« Lake Mathesonの音 | トップページ | 本命の »

2010年4月16日 (金)

黄葉が・・・

まずは、Lake Mathesonの結末を。

大雨の降った13日の夕方。

いつもの夕食を用意する時間に、さて、今日は雨だから、17時くらいにご飯を用意して食べようかな、なんて思いながら外を見た。
すると、西の空には青空が見え、晴れ上がりそう!
もし、昼寝とかしていたら、これを見逃していただろう。

これは撮影のチャンス!と思って、ご飯を作り、食べて現場へ。

駐車場に到着した頃に、Mt. Cookが顔を出し始め、撮影ポイントに到着した時には、両方の山が顔を出していた。

20100416img_9368

真っ白な二つの山を、とても美しいと思って見ていた。
(後で、ここ数日の写真と比較してみると、この大雨で、山の方では雪が積もったみたい。)

これは、夕焼けも期待できるかも?!?!と思って、その時間を待つ。
が、その時間が近づくにつれ、雲が・・・
なんとか持ってくれ!という願いも虚しく、ほぼ夕焼けの時間と同時に雨が降り出した。

残念・・・
未だに夕焼け撮れていない。
また来いということであろう。

そして、この雨は降り続いた。
朝起きると、雨の音はしておらず、外を見てみると、星が出ている。
夜中には雨の音がしていたのに。

よし、有終の美を飾ろう、ということで、現場に。

山が隠れているのはよくあること。
朝焼けの時間に顔を出してくれればよい。

が、朝焼けの時間になる頃に、またしても雨が・・・

結局、最後はまともな写真を撮れず。

面白い写真が撮れたLake Mathesonではあったけれど、自然相手だとなかなか思うようにいかない。
だから、止められないんだけれど。

また改めて出直したいと思う。
あぁ、出来るだけ早く、南島で生活したいなぁ・・・

そして、一昨日、Wanakaに到着。

北側のLake Wanakaから入ったのだけれど、異変が。

黄葉していない!
ちょっと色が付いているだけ。(泣)

町中の方は??
一応、黄色なんだけれど、まだ緑が残っているし、色が濁っている。
黄土色のような感じ。

ガーン、今年のこの辺の秋の訪れは後ろにずれていたようだ。

まぁ、このWanakaは本命ではないので、いいのだけれど、日曜日からの本命の場所はどうなっているのだろう?
そこでもこんな感じだったら、マジで泣いてしまう。

イマイチとはいえ、撮影はやはりしておかないと。

昨日。

正直、あまりノリはよくない。

全体をとらえてもこういう感じ。

20100416img_9896

こういうアングルの写真って、観光局にもあったような・・・
そっちの方は、綺麗な黄色で、綺麗な青空、綺麗な湖の色だったと思うけれど、僕の方は、濁った黄色、青空はOK、湖は、強風で波立っている。
えらい違いだ。

じゃぁ、こういう時は、困った時の神頼みならぬ、困った時の部分撮影、そして、ボカしだな、と。(笑)

こういう風にすれば、少しごまかせるかな?

20100416img_9993

そして、ハイキー調にしたら、黄色に見える。(笑)
(この木の葉は、黄色に近かった。)

20100416img_0003

次は、僕らしく、困った時の雲頼み。(笑)

20100416img_0050

町中はこういう感じで、少し離れたところにも行ってみた。

そこは、町中よりもマシだったけれど、それでもまだまだ。
車を走らせ、色々と見ていると、一カ所だけ、NZらしいな、と思えるようなところが。

これだと、OKじゃない??

20100416img_0194

川の向こう側にも、黄葉もどきがあるので、サイズが大きければ、もっと雰囲気よく見えるはず。

でも、僕の写真としてはOKとしても、観光的な写真としてはOKではないよな。
だって、ここはわざわざ見に来るような場所ではないから。
なんてことはない、普通の場所。(苦笑)

それでも、撮影を続け、夕方。

宿の近くにも黄色になっていた木があったので、そこで撮影。

そこでも、ちょっとイマイチだな、と。
さて、移動しようか、という時に、ちょうど日が差し込み、更に、親子の声が聞こえた。
これはもしかして、と思ってカメラを構えて待っていると、ビンゴ-!
こういう写真となった。

20100416img_0410

僕らしくて雰囲気のある写真。
こういうのを撮りたいよなぁ。

そして、今日。

昨日までとは一転して、強風も止み、綺麗な青空が見えた。
小春日和。

湖畔沿いを撮影。

20100416img_0616

後で本屋に入って、そこで売られているポスターを見たら、こういうアングルのものがあった。
偶然、同じアングル。(笑)

昨日撮影した場所にまた行ってみた。

その奥に、トレッキングコースがあった。
木を見ていると、中にも黄葉の木があるようで、どういうものか見に行ってみた。

ここで撮影を始めると、止まらなくなってしまった。
そして、とても心地よい。
なんでなんだろうね?

こういう写真が撮りたかったんだよね。

20100416img_0732

木々が会話している?!?!

Christchurchの桜を撮影した時もそうだったけれど、NZって、時々こうやってビックリさせられる状況に出くわすから面白い。

そうかぁ、ここが本命だったのか・・・

そして、多分、この木がこの場所の主なのだろう。

20100416img_0772

違う写真も。

20100416img_0790

あまりにも心地いいので、ここは誰にも教えたくない!!(笑)
多分、日本人でここに足を踏み入れた人ってほとんどいないのではないだろうか?

湖畔の黄葉に失望し、他にないかないかと探し回ってここに辿り着いた。
もし、湖畔の黄葉がとても綺麗だったら、それに満足してそこで終わっていただろう。
失望しても、諦めず、他にはないか、と可能性を探るのもとても大事だな、というのがよくわかった。

お昼前に町に戻り、これをパシャリ。

20100416img_1007

清々しすぎるね。

そして、夕方前に、またあの場所に戻って撮影。
お気に入りの場所は、太陽光が入り込みにくいらしく、ちょっと大人しめだった。
だから、違う場所を探して撮影。
こういうのもいいと思う。

20100416img_1094

あぁ、この場所を見つけられて、本当によかった。

僕は別に観光写真を撮りたいわけではないから、こういうので十分。

そして、今日の夕焼け。
この時間当たりから急に風が強くなり、寒さが増した。

この夕焼けを待っている間、僕の近くでウェディングの撮影をしていた。
とても楽しそうだったけれど、僕がジャケット2枚来ていても寒く感じているのに、よくもまぁ、そういう格好で撮影できるよな、と感心しながら見ていた。(笑)

雰囲気のいいバックグラウンドで撮影できていたのだろうか?
メインフォトグラファーは、女性だった。

最後の方に撮影した夕焼け。

20100416img_1252

左側の尖った山が、Mt. Aspiring。

とまぁ、Wanakaはこういう感じである。

明日もう一泊し、明後日に移動。

さて、どういう写真が撮れるやら。

|

« Lake Mathesonの音 | トップページ | 本命の »

NZ撮影旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Lake Mathesonの音 | トップページ | 本命の »