« 電子書籍 | トップページ | 電子書籍 まだ続く »

2010年6月17日 (木)

電子書籍 続き

昨日の夜は寒かった。

あまりにも寒いので、掛け布団の下に寝袋、更にその布団の上に寝袋を。(笑)
以前、掛け布団の下に寝袋を敷いた時、熱がこもったからか、知らない間に蹴飛ばしていた。
だから、今回もそうなるかな、と思っていたら、案の定、蹴飛ばしていた。(笑)

晴れるのはいいけれど、晴れると朝晩がものすごく冷えるねぇ。

さて、昨日の続き。

興味のある人は次からどうぞ。

調べただけで、あのままっていうのも嫌だったので、実際にePubファイルを作ってみた。

エディターsigilを使って。

ちゃんとカバーも付けたし、目次も作った。

そして、これが一番大事だけれど、ファイルを直に触って、日本語のタグを入れた。

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
こういう風にしたかったのだけれど、xml:lang="ja"の部分が勝手に置き換わった。
lang="ja"が残っているからいいのかな?と思ってとりあえず作成。

結果、昨日は文字化けのひどかったAdobe Digital Editionsでもcalibreでもちゃんと見られた。

但し、Adobe Digital Editionsでは、カバーがはみ出してしまっているけれど。
もう少し小さめに作った方がいいのかなぁ...

そして、ついでに、mobi形式も作成。

これはePubからとても簡単に作成出来る。

ここから、「kindlegen.exe」をダウンロード。

解凍し、コマンドプロンプトを立ち上げ、「kindlegen.exe ファイル名.epub」とすれば、あっという間にmobi形式のファイルが出来るのである。
(kindlegen.exeは、パスを通しておきましょう。)

このmobi形式も、Kindle for PCで確認したけれど、問題なし。

が、表示のされ方を見てみると、目次なんかはそうなんだけれど、ePubの方がよさげ。

あと、ビューワーによっては、若干見え方が違うようだ。

そうしてできあがったものは、僕のサイトの方に置いている。

NZ旅行情報をePubとmobiにしてみた。興味のある人はこちらからどうぞ。

出来上がったものを見てみると、まだまだ発展の余地はあるなぁ、と思う。

そして、次。

縦書き。

昨日紹介した、スライドやら何やらで見せられるスクリプトMonocleと縦書きスクリプト涅槃を組み合わせてみた。

こういう感じ。文章は意味ありませんので。
(そのうち削除します。)

但し、ブラウザは、Firefox、Safari、Chromeでないと正常に動作しない。
IEやOperaでは、注意が出てきて、思うような動きにはならない。

ページのめくり方は、ページの右側をクリックすれば、進んで、左側をクリックすれば戻る。

そして、すごいのが、iPhone(iPod touch)やiPadで可能な、フリップ(指でなぞるように右か左にずらす)まで対応している!

iPhone(iPod)やiPadを持っている人なら、それが実際に体験出来るだろうし(本当にそうなるか試してみてね!)、上記ブラウザ上でも、マウスでずらしてあげるとそういうページめくりが可能。

最初の方には写真が、紙芝居風に現れる。

そして、それが終わると、涅槃の縦書きが現れる。

さて、どうだろうか?ちゃんと縦書きになっているでしょ?

フォントの方は、僕の方でHG正楷書体に設定しているので、そのフォントを持っている人はそういう表示になっているだろう。
そのフォントがない人は、デフォルトのフォントで表示されていると思う。

この涅槃、記号、例えば「、」「。」ってどうやって対処しているのだろう?と思ったら、画像ファイルに置き換えている!
確かに、現時点では無理なんだよね。
でも、CSS3になれば、文字を回転させられるのでこういうのも解決するだろう。

早くHTML5やCSS3の時代になればいいのにね。

インターフェースを改良し、目次も表示出来るようにすれば(開発者のサイトにサンプルとなる本がある。それを見れば、もっと凝った作りになっているのがわかる。これなんてとてもいい感じ、Firefoxでは文字がずれているようだけれど、Safari、Chromeでは問題なし)、かなりいい感じだと思う。

このサイトのサンプルのような感じにするのは大変そうだけれど、なんか面白こと出来ないかなぁ、なんて思っている。

|

« 電子書籍 | トップページ | 電子書籍 まだ続く »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電子書籍 | トップページ | 電子書籍 まだ続く »