« いよいよ | トップページ | Windows 8 Developer Preview »

2011年9月16日 (金)

ゆるゆる

ゆるゆるな試合が終わった。

83対7。
All Blacksは、11人がトライ。ほぼ全員がしたと言ってもいい。

1995年の時の145対17ほどではなかったけれど、でも、似たような感じ。

これって、世界戦??と思うような試合内容だった。

双方ベストメンバーではなかった。

でも、層の厚さを考えれば、日本チームがベストでなければ、ガクン、と落ちてしまう。
All Blacksの落ち方とは比べものにならない。

日本チームは完全にAll Blacksに遊ばれていた。
普段の接戦であれば絶対にやらないようなことをいくつもしていた。

遊んでいても、ボールの展開の仕方は日本には全くないものだった。

日本も同じようなこと、例えば、キックでボールを前に出し、別の人が走り込んでそれを取る、っていうことをやっても、結果が全く違う。

それに、日本選手の誰かがボールを取っても、すぐに囲まれてしまう。
囲まれるだけならまだしも、その周りに味方はいない・・・
そりゃ、ボールはつながらないよ。

前回のフランス戦のように、少しでもいいところはないか、と思って見ていたけれど、残念ながら、今回はいいところが全くなかったと思う。

そもそも、個々人の運動能力があまりにも違いすぎるよね。

随分前に、All Blacksのメンバーでもある人達の練習風景を見たことがあるけれど、動きが全く違っていた。
とても人間とは思えなかったもん。(苦笑)

観てて腹立ったのが、Sonny Bill Williams。

完全に舐めくさっていた。
ああいうのは観ていて頂けない。
どんなにすごい選手であっても。
(こういう見方は日本人らしいのかもね。(苦笑))

All BlacksはAll Blacksで、なんかイマイチなような気がする。

決勝トーナメントに出られたとしても、相当苦戦するような気がする。
下手をすれば・・・

日本チームはどうなるんだろうね、あと2試合。
これが本当の今の実力だったら・・・
勝ってほしいんだけれど、ねぇ。

|

« いよいよ | トップページ | Windows 8 Developer Preview »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ | トップページ | Windows 8 Developer Preview »