« お得なお店 | トップページ | 不在 »

2011年12月12日 (月)

カルチャーショック

ご無沙汰しております。

って、このBlogを楽しみにしている人がどれだけいるのかわからないけれど...

昨日と一昨日はバッタバッタしていた。

一昨日は、大阪で、お昼前後にNZ時代の友人と会ってお話。

この日は晴れのはずなのに、雨雲というか、雪雲のようなものが上空に。
パラッ、パラッと雨が降っていた。
かなり冷え込んでいた。

夕方前は、とあるコーラス・グループに所属している友達のコンサートを観た。

コンサートの方は、もう圧巻。

160名のコーラス隊が舞台に上がり、歌を披露。
かなり迫力があった。

こう言うとあれかもしれないけれど、バック・ミュージシャンの人達の演奏のうまいこと!
すごいなぁ、と思いながら観て、聴いていた。

とってもいいコンサートだったのだけれど、長かった!

16時半開始なのに、予想を遙かに上回る来場者があり、その対応でかなり遅れた。

てっきり、遅くとも19時くらいには終わるのかと思ったら、21時前に終了。

途中から腹減って辛かったのである。(苦笑)

運営側はこういう点はもう少し考慮してほしいと思う。
4時間もするんだったら、午後一開始で夕方終了にしてほしい。
それか、予めそういうアナウンスをしておいてほしい。

その終了時間の問題もあって、とある目的が遂行出来なくなりそうだった。

続きはクリックを。

それは、月食の撮影。

21時頃には帰られると思っていた。
もし、かなり遅くなるのであれば、途中抜け出そうかとも思った。
でも、せっかくの機会だし、最後の最後にまた友達は出るというので、空腹と戦いながらも終わりまでいた。

そして、外に出て空を見上げる。

曇り??
あれ?晴れていないの?
じゃぁ、月食は諦めていいの?
と思いながら、電車に乗る。(笑)

電車の中から外はあまりよく見えないけれど、明石辺りまでは雲がかかっているようだった。

変な言い方だけれど、少し安心。

が、降車駅を出て空を見上げると・・・

快晴!!

え???

と思って、月を見ると、当たり前だけれど、月食が始まっていた。

この頃、23時過ぎ。

次の日のこともあるので、撮影するの止めようかと思ったけれど、滅多にないことだから、と思って、この間の大掃除の時に出てきた300mmの望遠レンズを引っ張り出して撮影することに。

僕が撮影し始めて少ししてから、月食は最大に。

こういう感じ。肉眼で見たのと同じような写し方。

もっと暗くなるかと思ったけれど、完全には隠れていないのか、はたまた太陽光が回り込んでいるからか、思った以上に光っていた。

そして、露出時間を調整して、赤い月。

うーん、安物レンズだから、解像度がめちゃくちゃ悪い。

300mmのレンズでも、月はかなり小さく写る。
上記は、トリミングしている。

これだったら、NZに置いてきた200mmの方がはるかにいい写りすると思う。

そして、オリオン座が見えていたので、月と一緒に写してみた。
裏の家の屋根が写っているけれど。

露出時間の問題で、ちゃんとした月食時の明るさでは写せない。
上記の赤い月同様、写真ではまん丸に見える。

完全月食終了後のもの。少しずつ明るくなっている。

とりあえず、月食が観られて、撮影が出来てよかったかな。

そして、昨日は、2週間前に春日大社で撮影させて頂いたカップルの結婚式パーティーがあったので、再び撮影させて頂いた。

日本のこういうパーティーって、10何年ぶりだから、とても新鮮だった。
ああ、日本はこういう感じだよなって。

初めての会場、また、複雑な状況があり、ちゃんと撮影できるのか?!?!と若干不安もあったけれど、ほぼ読み通りに撮影できた。

やはり経験を積むって大事なんだなぁ、と思いながら撮影していた。
初期の頃だったら、間違いなくパニックを起こしていたと思う。(笑)

あと、カメラの技術の進歩には本当に感謝だ。

フィルム時代では撮影できなかったような写真が一杯撮れる。
(ISO感度がとても強くなっているので、少々の暗がりでも撮影可能。)

もし、今でもフィルムで撮影するということであれば、僕は絶対に結婚式の撮影は引き受けられないと思う。
怖すぎ・・・

と、こういう感じであった。

なんだかんだと、僕自身、楽しみながら撮影させて頂いた。

一番カルチャーショックだったこと。

それは、式の最後にあった。

ビデオが流れるということで、それが流れ始めた。

あれ?このビデオに流れているシーンって、ほんの3時間ほど前のシーンでは?
そして、次々と、2時間前のシーン、1時間前のシーンと、「今」の時間に近づいていく。

どういうこと??

この日は、写真は僕、ビデオは別の人が入って撮影していた。

もしかして、ワイヤレスで撮影データを飛ばしていた??まさかな・・・

新郎新婦が着替えの時に、ちょっと雑談をさせて頂いていたので、このビデオ映像が終わってから、その人に聞いてみた。

なんでも、要所要所でテープを裏方の人に渡し、その人がリアルタイムで編集していたのだそうだ。
そして、それを流したとのこと。

もうね、ビックリね。

こんなの絶対にNZではありえない!!

競争の激しい日本ならではのサービスだと思った。

今回の帰国で一番のショックだったと思う。(笑)

そして、色んな意味で、負けていられないと思った。
(そのビデオカメラマンに、よく動きますね、と言われた。そう言うっていうことは、他のフォトグラファーって動かないの??)

そんな撮影も無事終了し、今日、一気に写真を編集して、データを郵送。

今日の夕方。

まだススキがあって、綺麗。

ふと見上げると、柿の木が。
夕焼けもいい感じだったので。

この柿は食べられるのだろうか?

沈みかけの太陽と、線路の信号。雲も赤いので、赤だらけ。(笑)

久しぶりのパノラマ撮影。雲の形がいい。

こういう景色は日本ならではかな、と思う。

空全体。

電車が来た。

スルスルと沈んでいく太陽を、桜の枝と。

とまぁ、こういう感じの3日間であった。

|

« お得なお店 | トップページ | 不在 »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

日本写真珍現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お得なお店 | トップページ | 不在 »