« 不正なことには必ず落とし穴がある | トップページ | 頑張って、の意味 »

2012年1月28日 (土)

そういう人がいたとは

一昨日のことで、PCとは関係ない雑談。

その家には犬がいて、僕が入った瞬間、ものすごく興奮して吠えていた。
過去何度か会っているはずだけれど、どうやら忘れているらしい。

でも、しばらくすると慣れたのか、僕がPC作業している周りで大人しく座っていたり寝ていたりした。

すっかり慣れた頃には、僕の膝の上に乗ってきたのである。
なんともまぁ、かわいらしい。
そして、気に入ってくれたようで嬉しい。

やはり犬の方がかわいいな、と思うのである。

そしてもう一つ。

その人から聞いた話。

半年ほど前に、ワーホリの男の子に会ったそうだ。
どうしてNZに来たの?と聞くと、風景写真に興味があり、できればある人に写真を習いたいとのことだった。

気になったのでもう少し突っ込むと、そのある人というのは僕のことだったらしい!

かなり熱心そうだったのだけれど、僕の方にはなんのアプローチもなかったよ??

写心展関連の人ではなさそうだし、多分、ネットで僕のWebサイトなりBlogなりを見つけたのだろうと思う。

一声声を掛けてくれればいいのにねぇ。

多分、声を掛けない理由は、その人が、僕はそういうことを教えない、とか弟子を取らない、なんていうことを言ったから余計にアプローチしづらくなったのかもしれない。
残念...

縁があれば、またどこかで会うことでしょう。
そして、いい写真を撮っていますように。

今日は雨は降らなかったけれど、綺麗な青空があまり見えない日だった。

|

« 不正なことには必ず落とし穴がある | トップページ | 頑張って、の意味 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不正なことには必ず落とし穴がある | トップページ | 頑張って、の意味 »