« ひめマルシェ | トップページ | 終わった! »

2012年5月30日 (水)

相性

昨日の天気はすごかった。

雷ゴロゴロ、雨ドシャ降り。

僕のいた場所ではなかったけれど、雹が降ったりもしたとか。

その状態を引きずっているのか、今日はひんやりした一日だった。

太陽を見てみると、ほぼ一日中、暈が掛かっていた。

昨日会った人で、写真をやっている人がいた。

話を聞いてみると、趣味でやっていて、一般的なコンテストの賞はほとんどもらっているとのこと。

すごいなぁ、と思って話を聞いていると、何々っていうカメラ知っている?と聞いてくる。

そんなの聞いたことないなぁ、だし、僕はカメラそのものはそんなにわかっていない。

中判カメラですか?と聞いたら、それよりも大きいと。
フィルムのサイズは、なんと、A4サイズほど。

その人は、そのカメラを自分で作り、重さ6kgのそのカメラを持ち歩いて撮影しているそうだ。

そして、「1」枚のフィルムを買うのに、千円ちょっと。
この辺では現像できないので、わざわざ東京で現像。
現像費、1枚当たり800円ほどとか。
それに送料も加わる。

たった1枚撮るだけで、2千円以上するのである!

だったら、そんなにバシャバシャ撮れないよな、と思っていると、それを使う前に、露出計代わりとして、ハッセルブラッドというブランドのカメラを使うという。

いやいや、このブランドのカメラは、中判カメラでは有名も有名。これくらいは知っている。(苦笑)

本体やレンズを買うだけでも、どえらい金額。
更に、それをデジタル化するために、デジタル・パックという、本体に取り付ける物まで必要。
それは、百万円以上。

そんなカメラを露出計代わりに使うなんて、ヒエ~~、である。(苦笑)

僕のやっていることなんて、まるで子どもの遊びみたいだ。(泣)

世の中色んな人がいるなぁ、と思ったのである。

さて、相性。

人にも相性があるように、物にも相性というものがある。

久しぶりに、CD-Rで相性問題にぶつかった。

10年ほど前だと、うまく書き込みが出来ない、なんていうことはよくあった。
それは、あるブランドのCD-Rだと結構ダメで、別のブランドの物であれば安定して書き込める、という感じ。

当時は、今のようにCD-Rは安くなかったので、1枚失敗する度に、悲しくなったのである。

ここ数年は、色んな意味で進歩したため、相性問題でそんなにCD-Rを無駄にすることはなかった。

が、今回は、その10年前を思い起こさせるようなひどさだった。

一生懸命焼いていたのに、あとで確認のために読み込んでみると、半分以上が読み込み不可。もしくは、ブランクCD-Rとして認識。

え??

別のPCで読み込んでも同じ。
(問題ないディスクであれば、どちらのPCでも読み込みOK。)

このブランドは僕もよく使うブランド。
だから、問題ないと思っていた。

ただ一つ、違っていたのは、作られた国。

うーん、このCD-R、日本のメーカーではあるけれど、Made in Cーナだからか?

これ以上無駄にしたくないので、近くのPCショップに行って、Made in Twanの物を買ってきた。

これで大丈夫だろう、と思って書き込み。そして、認識させてみるが・・・

ガーン!同じ症状。

どういうこと?と思って、親の新しいPCの方で書き込みすると、問題なく読み込めている。

うーん・・・

どうも僕のPCのドライブだときちんと書き込めていないようだ。

原因はいくつか考えられる。

・大量に書き込みをしていたため、熱によって安定して書き込みが出来なくなった。
・ボチボチ寿命。
・ドライブの読み書きのレンズが汚れている(普段から、汚れるほど使っていないけれど)。

さて、どれなんだろう?

せっかく書き込んだCD-Rだけれど、使い回しはできないので、廃棄するしかない。

はさみで3つに切り刻み、捨てることに。

こういう時に、CD用のシュレッダーがあれば、と思うのである。
滅多に活躍しない物なんだけれど。

ということで、久しぶりに相性問題に出くわしたという話題。

相性は仕方ないとしても、費やした時間を返してほしい...(泣)

|

« ひめマルシェ | トップページ | 終わった! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひめマルシェ | トップページ | 終わった! »