« 痛かった | トップページ | 金星通過まとめ »

2012年6月 6日 (水)

金星通過中

朝早起き。

天気予報では問題ないのはわかっていたけれど、家の中からでも太陽が輝いているのがわかると嬉しい。

前回の日食の時と同じような時間に公園に。

すると、観光バスが数台通って行った。

え、もしや??

と思って、見ていると、朝早くから子ども達が学校に集まっている。

前回は林間学校。今回は、なんとまぁ、修学旅行だって。
この学校は、こういう天文ショーの時に合わせて行事をやっているのか?!?!(笑)

撮影の準備。

今回は、前回使ったNDフィルターは使用せず。

その代わり、レンズの前に日食グラスを取り付け。

肉眼ではほとんど金星は見えなさそうだから、割り切り。

また、僕のレンズは200mm。
太陽はそんなに大きくは写し込めない。
きっと、日食グラスのレンズのサイズでなんとか写し込めるのではないか?と思って。

が、雲が!!!

色々と設定を変えて撮影してみるが、太陽が写り込まない...(泣)
もちろん、雲のせいでもある。

NDフィルターを取りに帰ろうか?なんて考えもしたけれど、ちゃんと太陽が出るのを待つことに。

日食グラスのレンズが小さく、太陽を写し込む幅が狭いので、これが面倒だった。

なんとか雲も晴れて、設定をきちんとしたら、太陽がちゃんと写った!

思惑通り、綺麗に全体が写っている。よかった。

予定の時間になるが、よくわからない。

金星が小さいのは最初からわかっていたことだけれど、僕が見ていた資料の場所に金星が現れない。

うーん、わけわからないけれど、とりあず撮影。ただシャッター押すだけだし。(笑)

もしかしてこれ?というのが写り始めた。7時12分。

さて、どこでしょう?(笑)

僕の見ていた資料では、時計の針で言えば、54分頃の位置から金星が現れる、という感じだった。

が、実際に現れた場所は・・・

これで少しわかる。7時14分。

時計で言えば、44分の位置に現れた。

雲がかかって、月みたい。7時16分。

これでわかるでしょう。ゴミではないよ。(笑) 7時22分。

太陽の中に、黒い点がいくつか見える。多分、黒点。カメラのセンサーのゴミではないと思う。(笑) 7時26分。

金星が姿を現した!7時37分。

7時43分。

という感じで、8時頃まで撮影。

ずーっと撮影するのも大変だから、適当な時間に撮影していこうと思っております。

前回は散歩中のおじさん二人が僕に話しかけてきた。
きっと、今日も散歩しているんだろうな、と思ったら、案の定、お二人とも現れ、少し話を。
今日は目で見えるものでもないので、撮影しているだけ、と説明。

そして今回は、修学旅行の子どもを見送った後の父兄の人が話しかけてきた。

突然だったので、ちょっとビックリであった。
そういう年代の人が僕に話しかけてくるとは思わなかったので。

話をしていると、本当にご近所さんということで、色んな話で盛り上がったのである。

その人の手には、日食グラスが。
きっと安物なのだろう、ペラペラのものだった。
あまりそれで凝視しないように、とアドバイス。

もちろん、話をしながら、シャッターは押しておりました。
太陽は思った以上の速度で上昇するので、適当な時にカメラを動かして。

肉眼でも見てみたけれど、なんかあるかも、という程度の見え方。

僕は写真で位置がわかっていたから、見えたように感じたけれど、場所がわからなかったら、どこにあるの?という感じだと思う。

ということで、金星通過速報でした。

|

« 痛かった | トップページ | 金星通過まとめ »

日本写真珍現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 痛かった | トップページ | 金星通過まとめ »