« 変な天気 | トップページ | もの壊す »

2012年10月 2日 (火)

五十歩百歩

今日もすんごい天気の変わりよう。

突然雨が降って、スッと晴れて、また雨が降って。

午後過ぎてから安定はしたようだけれど。

随分前に、友達からあるものをもらった。

それは、今、NZでは枯渇しているもの。

ある人達からすると、命にも関わるという...

今、その工場は止まってしまっているそうで、在庫を残すのみ。

オークションサイトではいい値段で売れるという。

そんなものが僕の手元にあったのである。

僕もオークションに、なんて少しだけ思ったけれど、そんなことしても得られる金はしれているし、それ以上に、まだ一度も試したことがなかったので、そっちを優先した。

と、まどろっこしく書いているけれど、NZにいる人なら誰もがわかる、今ないもの。

それは、マーマイト!

ベジマイトと双璧のKiwi御用達の食べ物。

随分前にもらっていたのに、ずーっと手を付けていなかったのには理由がある。

もう食パンを食べていないから。

これを食べるのには食パンが必要。

わざわざこれのために食パンを買うのもあれだと思ったので、オーナーにお願いして、はしっこの固い所をもらうことに。

そして、いよいよ今日の昼に実行。

一回分の量しかない。いや、塗り方によっては2枚は食べられる。

が、2枚も食べるつもりはないので、1枚に塗りたくった。(笑)

もう、ベットリ!

さて、一口目。

しょっっっっっっっっっぱーーーーーーーーーーいっっっっっっ!!

まぁ、量も量だから仕方ないか?

もう何年も前にベジマイトを食べたことがあるけれど、その頃抱いた思いを今思い起こすと・・・

五十歩百歩?(苦笑)

うっすらした記憶を辿ると、確かに味は違うように思う。

が、不味いことには変わりない。(笑)
日本人の僕にとってはね。

なんでこんなものを美味しいと言って食べるのかわからんよ。

もちろん、外国人からしたら、納豆がどうして美味しいのかわからないのと同じだとは思う。

ちなみに、Kiwiの間では、ベジマイト派とマーマイト派に分かれる。
日本で言えば、きのこの山派とたけのこの里派というのと同じである。

とりあえず、このままでは食べられないので、大豆の甘煮を乗っけて食べた。

うん、これでしょっぱさが緩和。この方が美味しい。(笑)

それで、ようやく完食である。

不思議なのが、日本人の両親から生まれた来た日本人の子供でも、こういうベジマイトやマーマイトが好きになるという。

どういうこっちゃ、と思うけれど、そうらしい。

だから、ベジマイトやマーマイトを出して食べさせ、それにいい反応を示したら、その人は日本育ちではない、と判断出来るだろう。

そう、踏み絵的に使うのである。(笑)

多分、死ぬまで、僕はベジマイトもマーマイトも口にすることはないだろう。

と、書けば、まだ一度も口にしたことがない人はこの食べ物に興味を持たないだろう。(笑)

怖いもの見たさ、いや、食べたさがあれば、一度はお試しあれ。

|

« 変な天気 | トップページ | もの壊す »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 変な天気 | トップページ | もの壊す »