« 気になるもの | トップページ | ボールペン編 »

2013年6月 8日 (土)

あるんだねぇ

今日くらいの方が過ごしやすいなぁ。

暑いけれど、湿度が昨日ほどではなかったと思う。

百均があったので、とりあえず「あれ」があるか見てみようと思って入ってみた。

いや、あるんだねぇ。ビックリ!

それは、昨日話題にした、鉛筆シャープペン。

Dソー。

2種類あった。

0.9mmと2mm。どういう訳か、1.3mmはない。

まぁ、百円だからいいか、と思って購入。

これって、本当に百均マジックだよね。(笑)

Dソーには1.3mmがなかったけれど、Sリアの方には1.3mmがあったので購入。

これ、Kokuyoのもの。

普通の文房具売り場では、130円ちょっとで売られているので、ここで買えばお得。

但し、これは小学生向けの物。

並べてみた。

上から2mm、1.3mm、0.9mm、0.5mm。

ちなみに、0.5mmのもの、これはものすごーーーーーーく古いシャーペン。

なんせ、僕が小学生の時に買ってもらった物だ。(笑)

その当時、Boxyというブランド(?)が流行っていた。それ。

未だに使っているという。(笑)

ペン先比較。

2mmの方は、鉛筆らしくとがっている。

太さが随分違うでしょ?

僕の汚い自筆で恐縮。

1.3mmだけ、B。だから濃い。他はHB。
(鋭角の角の字の縦棒が突き抜けているけれど誤字ではないので。突き抜けたまま横棒を引いたので。)

書き心地は、ずば抜けて2mm!

次は、0.9mm。

1.3mmは、HBに変えればマシになるかも?

やはり鉛筆は偉大だなぁ、と思わされた。

そういう意味では、0.5mmは心許ない書き心地。

本当に2mmは、鉛筆の書き心地だった。

ただ、そのままだとちょっとあれなので、グリップを買ってみた。

昔は色んなグリップがあったと思うけれど、今はボールペンであれシャーペンであれ、グリップが付いているから売られていないね。

上記の物は、匂い付き。(笑) 子供向けだしね。

2mmに付けてみた。

やはり書き心地はよくなる。

もう使っていないボールペンのグリップを引っこ抜いて付けてみた。

こっちの方がいい!俄然書き心地が良くなった。

このグリップを付けた状態で、この2mmをこれから使っていこうと思う。

この2mmのもの、芯入れの方に芯削りが付いている。

穴に突っ込んで、クルクル回すだけ。
カスはその中に貯まる。

が、終わってすぐに捨てないと、逆さ向けたらカスが出てくる!

その結果・・・

Kokuyoのものが思いっきり汚れてしまった。(泣)

これ、ゴムだから余計に汚れるんだよね。

ちなみにこのKokuyoのシリーズ、芯入れの方には蓋がない。
だから、逆さにすると、芯が出てくる時がある。
なんでこういう作りにしたのかさっぱりわからん。

これ、マイナス評価。

ということで、百均の物でも、2mmのものはお勧め!

色が4,5種類あったし、見た目もそんなに悪くない。

0.9mmの方は、グリップがちょっと上寄りかな。
もう少し下だったら書きやすいのだけれど。
あと、ちょっと細い。
上記のプニュグリップを付けようと思ったけれど、うまく付けられなかった。

余談だけれど、今回帰国では、文房具にはちょっとこだわっていたんだよね。

写心展用に購入した物が下記の物。

いいハサミといいカッター。

やはりいい物は使い心地が違うんだよね。

常用する物はケチッてはいけない、と思わされる。

他の文房具を見ていて気になったのが、油性のボールペンと消せるボールペン。

買って試してみようと思う。

こういう文房具がNZでも売られるようになったらいいのにねぇ。

日本にいる人、だまされたと思って、2mmか0.9mmの方を買って試してみて下さい。

その書き心地に驚くでしょう!
そして、僕のように文房具にはまると思う。(笑)

綺麗に暈が出ていた。

やっぱり、近畿に地震があったんだ。

16時過ぎに、一瞬変な揺れがあった。

いつもの車の振動による地面の揺れと違っていて、ほんの一瞬だったので、僕の気のせいか?と思っていたけれど、どうやら地震だったようだ。

姫路の方は震度が出ていなかったけれど、多分、それを僕は感じたんだと思う。

|

« 気になるもの | トップページ | ボールペン編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

日本写真珍現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気になるもの | トップページ | ボールペン編 »