« あるんだねぇ | トップページ | 久しぶりに »

2013年6月 9日 (日)

ボールペン編

今日はほぼ一日曇り。

太陽は出ていたけれど、雲でうっすら。

日差しがあまりなかったから、過ごしやすかった。

ここしばらく、こういう天気だけれど、先週、蛍を撮りに行っていて良かったとつくづく思う。
あまりそういう心づもりではなかったけれど、この1週間の天気を見ているt、ああいう写真は、本当にあの時にしか撮れなかった。

姫路城の中のあじさい。

咲いているものもあり、まだこれからのものもあり。

梅雨だなぁ、と思わされるね。

さて、昨日の続き。

今日は、ボールペン編!

右端の複数入っている物以外を買ってきた。

左が、消すことが出来るボールペン。Sリアで購入。

ゲルインクの、超極細0.28mmのもの。Sリアで購入。
0.4mmくらいのにしようかと思ったけれど、せっかくだから、思いっきり細いのを試したいと思って購入。

油性インクで0.7mmのもの。Yマダ電器で80円。
同じ物が百均でも売っているけれど、必ずしも百均の方が安いわけではない、というのがよくわかった。

複数の物は、随分前に写心展用に購入した、0.7mmの油性インクの物。Dソーで購入。
これがあるんだったら、Yマダ電器で買う必要性はなかった。(苦笑)
それか、0.5mmを買えば良かったんだよね。

まずは、普通のボールペン比較。

手前から、Dソーのもの、油性0.7mm、極細。

先端はこういう感じ。

極細はさすがに細い。

書いてみた。

書き心地は、0.7mmはどちらも至って普通。

極細の方、これ、あれに似ているなぁ、と思った。

それは、万年筆。

そう、万年筆の書き心地。

それがほしい人は、この極細はいいかも。

偶然だけれど、Dソー以外の物は全て、Mitsubishi製であった。

次は、気になる消えるボールペン。Sリアだけで売っているようだ。これもMitsubishi製。

先端と、消す部分、黒いところ。この消す部分は、普通の消しゴムのようだ。

さて、どうなるでしょう?

え?この程度??(笑)

鉛筆も文字を消すような感じで、消しゴムのカスがそのまま出る。

だったら、と思って、普通の消しゴムでも消してみた。

普通に消せる。(笑)

全部消してみた。

結局、この製品は、とりあえず消せる、というものと思っていいだろう。思いっきり跡が残るしね。

僕はてっきり、フリクションボールと同じ仕組みで消せるのかと思っていた。
(これは上記のように消すというのではなく、ここを読んでもらえれば仕組みがわかる。)

今度はフリクションボールを買ってみようかな。

とりあえず、百均の消せるボールペンは実用には耐えられないと思う。
あとは、紙次第かな。

次は、昨日の続き。

別のDソーに、別の0.9mmのシャーペンを発見。

Dソーも、店によって品揃えが違うね。

昨日の物と比較。上が今日買った物。

先端。

書いてみた。

今日のはBの芯が入っていたため、文字が濃い。

書いてみて思った。

Bだとちょっと書き心地がよくない、僕的には。HBの方が好み。字の濃さも。

次に、持ち心地は、今日の方がいいので、こちらにHBの芯を入れて使おうと思っているところ。

百均だけではなく、色んな文房具売り場を見たけれど、0.9mmのシャーペンってあまり売られていないね。
いいのがあればほしいと思ったんだけれど。

まぁ、0.9mmに限らず、1.3mmや2mmもそうなんだけれど。

ボールペンはやたらと種類はあるけれど、シャーペンももっと頑張ってほしいな、なんて見ていて思った。

替え芯に関しては、2mm以外は普通に売られているので困ることはなさそう。

さて、2mmの芯をどうやって入手するか、だな。

とまぁ、なんか急に文房具にはまってしまったのである。
そして、ささやかな楽しみであった。(笑)

これからは今まで以上に文字を書いてみようと思う。

|

« あるんだねぇ | トップページ | 久しぶりに »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あるんだねぇ | トップページ | 久しぶりに »