« 雑誌 | トップページ | 天の星、地の流れ星 »

2013年6月 3日 (月)

「プロのカメラマンに、写真を撮ってもらう」ということ

いや、もう夏ね。

外にいるとすごく日差しが強く、フラフラとしてしまいそう。(笑)

たまたま見かけた本で、僕が常々言っていたことが書かれていた。

僕は、「今」は、数年後には「今」ではない、その「今」という時を写心で「今」残しましょう、という風に訴えていた。

「いいこと」がいっぱい起こる!自分を磨く100の習慣/植西聰(王様文庫)

の中に、「プロのカメラマンに、写真を撮ってもらう」という項目があった。

少し引用。

------------------------------

若さとは、一瞬でうつろう、はかないものです。
美しく輝いている今この時を写真におさめておけば、年を重ねて人生を振り返るときの、とも素敵な宝物になります。
しかも写真を撮られることは、あなたをモデルや女優のように輝かせます
中略
そして、輝く美しさのもう1つの大きな理由は、、自分では発見できない新たな魅力を、プロの目で引きだしてもらっているからでしょう。
大切なのは、プロのカメラマンに撮ってもらうこと。
プロはあなたのもっとも魅力的なショットを、的確にとらえてくれます。本当に腕のいいカメラマンは、オーラも写すといいます。
そんな素敵な写真を撮ってもらったら、きっと自分の新たな魅力を発見できるはずです。
中略
何度も真剣に自分の美と向き合って、いつか、勝ち誇ったように微笑む美しい自分の写真を見たら、きっと「まんざらでもない」と自信をもてるはず。
自分をまるごと好きになるためにも、ぜひプロに撮ってもらいましょう。
撮られる緊張感を心地よく感じ、見られる喜び、楽しさ、自信が湧いてきたらあなたのオーラは女優のように大きくなっているでしょう。

------------------------------

引用終わり。

もうね、まさしくこの通り!一字一句間違っていない!!

僕に撮ってもらったことがある人ならわかってもらえると思う。

撮影の最中に上記のようなことをそのまんま言っているんだよね。

こうやって違う人からそのように言ってもらえると、本当に嬉しい。

だって、その通りだから。

こういうのっていくら僕が言っても受け入れてもらえない。

でも、本を書くような人がこうやって言ってくれていると、ほとんどの人はそうかなぁ、なんて思ってもらえることでしょう。

これ、自分のサイトの方に使わせてもらおうと思っているところ。(笑)

|

« 雑誌 | トップページ | 天の星、地の流れ星 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑誌 | トップページ | 天の星、地の流れ星 »