« 桜の葉っぱで | トップページ | 役立たず »

2013年11月19日 (火)

こんなものが撮れた

もう、真冬のような寒さになってしまった...

って、本当の冬はもっと寒いんだろうけれど。

今日からまた課題の撮影が始まる。

予報では問題なさそうなので、3時に起きて出かけた。

先週、1時起きをしたからか、3時起きが気分的に随分楽になった。
やはり一度無理をすると、どうってことなくなるんだね。(笑)

外に出ると、寒い!

また、空を見ると、曇っている。
自転車をこぎながら空を見てみると、これって本当に晴れるの?!と思った。

寒いから引き返そうかと思ったけれど、考えを改めてそのまま進む。

まぁ、そのお陰で、面白い写真が撮れたのだけれど。

月は雲越しに見えていたので、雲は薄めのものだった。

40何分後に現場に到着。

その頃にはこんなに空が晴れ上がった!

月の左上の雲がオーロラに見える。

これだけでも、とりあえず来てよかった、と思った。

但し、日が昇る方面には分厚い雲が...

僕が到着してすぐに、一人目の人が車で到着。

なんでもわざわざここでの撮影のために大阪から来たのだそうだ。

その人は大阪在住だけれど、基本は奈良方面を撮影。
ほぼ有名無名を問わず撮り尽くしたので、次は兵庫とのことで、ここに来たらしい。

色んな人がいらっしゃるね。

夜が明けるまでまだまだなので、いつものように夜空撮影。

東の空を撮影した時のこと。

撮影後の写真をモニターで確認してみると、やたらと明るい星があった。

え?こんな星あったっけ?と思って空を見るも、そんなに明るい星はなかった。

なんだろう?と思って何度か撮影。

画面中央左上の線状になっているのがそれ。

改めて撮ってみると、やはり普通の星ではない。

ものすごく気になったので、望遠で撮影。

な、なんだこれは?!?!

下は、長時間露出。

星は流れているけれど、これだけは形は変わっていない。

肉眼では、ボワーとした光で見えていた。

こ、これはもしかして、今話題のアイソン彗星?!?!?!?!

方角的にもそうだし。ただ、星座との位置関係がわからなかったので、この時は確信は持てなかったけれど。

NZでは、2度彗星の撮影を試みたけれど、撮影できなかったんだよね。

だから、これをとらえられたのは嬉しかった!

家に引き返さないでよかった、また、早起きは三文の得だ、と思ったのである。(笑)

と、この時はそう思い込んで、色々と撮影した。

結論から言うと、これはアイソン彗星ではなかった...(泣)

ネットに上がっている画像、彗星の位置を見てみると、違っていた。

どうもこれは、しし座流星群の流星痕というものらしい。

確かに、この近くは獅子座。
しかも、流星群も見られる時期でもある。
(僕は見られなかったけれど、先ほどの人は見た、と言っていた。)

なんであれ、貴重なものを撮影できたのは確かだと思う。

明日辺りから肉眼でもアイソン彗星は見られるらしい。

東の空に雲がないことを祈る!

そうすれば、きっと撮影できるだろう。

満月を1日過ぎたお月様。

夜が明けて。

残念ながら、未だにベストな状態でここを撮影できていない。

さて、いつそれが撮影できるのだろう?

昨日、親から、僕がこの現場で撮影していることを、ある人経由で聞いた、と言っていた。

つまり、親の友達の友達が、ここで僕と一緒に撮影しているとのこと。

はて誰?と思っていたのだけれど、その人がわかった。

常連さんの方で、結構喋っていた人だった。

こういうことってあるんだねぇ。驚いた。

あと、その常連さんと話をしていると色々と勉強になる。

撮影場所としてこういう場所がある、とか色々と教えてもらえるので。

今後の参考にしたいと思っている。

いつもの川を見てみると・・・

前回以上に増えている!

かなりの数が集まって、川の上で寝ているのである。

さて、今回の撮影でわかった。

とにかく寒い!

指が一番こたえる!!

設定を変えるために、カメラのボタンやら何やらを触るのだけれど、手袋だとやりにくい。

だから、指先が出ている手袋をして撮影していたのだけれど、手が冷たくなるので、そういうボタンやら何やらを触っていると、痛い!

これはたまらん、と思って、家に戻ってから何かいい手袋がないかネットで探してみた。

確かに撮影用の手袋はあったけれど、ほとんどが指先無し手袋。

それでは意味がない!

よーく情報を見てみると、釣り用とか作業用の手袋があるとのこと。

ということで、釣具屋とかホームセンターに行けばいいらしい。

まずは、ホームセンターへ。

見てみると、あったあった。よさげなものが。

ダイビングで使う素材の手袋。

これはしっかりしていて、防寒もよさそう。

また、他の手袋よりも、このままでカメラも触れそう。

念のために、鞄の中に入っていたコンデジを操作。

ちょっとやりづらかったけれど、他の手袋よりは随分マシなので、なんとかなりそう。

値段は600円弱ということで、購入。

きっと明日活躍してくれることだろう。

次は足だ。

日本語に訳せば、働く人というお店に、ラバー製ののソックスがあった。

薄手のものと厚手のものがあり、後者の方が良さそうだったけれど、普通の靴に入らなさそう。

薄手の方は、これで大丈夫?!と思うような感じ。

買いたいと思ったけれど、とりあえずは上記の手袋を試してから考えようと思う。

手の寒さをある程度克服すれば、次は足が耐えられなくなり、どうにかしようと思うはずだから。(笑)

明日こそは朝日がちゃんと見られますように!

|

« 桜の葉っぱで | トップページ | 役立たず »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

日本写真珍現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜の葉っぱで | トップページ | 役立たず »