« 氷 | トップページ | 紫雲膏 »

2013年12月30日 (月)

はまった音楽

晴れていなかった訳ではなかったけれど、すっきりとしない一日だった。

とにかく寒い!

NZの冬とは違って、めちゃくちゃ風が冷たい...

さて、昨日はまったという音楽。

少し前に、妹の車を借りて、親と買い出し。

駐車するまでしばらく自分一人だけで車の中で待たなければいけなかった。

ふと思って、妹が車の中に置いていたCDを見てみた。

気になるものを手にとって、ちょっと聴いてみた。

中には、お、というのがあったので、それを家に帰ってから聴いてみた。

詳細は割愛するけれど、その中で一番インパクトを与えてくれたのが、KOKIA。

名前は随分前から知っていたけれど、あまり気にしていなかった。

が、今回聴いたアルバム「pearl」というベストアルバム、これはかなり僕の感性を刺激してくれた!

普通のポップスだったらそうでもなかったんだろうけれど、このアルバムは、クラシックテイストが結構あり、それがものすごく気に入った。

KOKIAってこういうアーティストだったんだ、と見直したのである。

気になったので色々と調べてみた。

なるほど、全ての曲が僕好みという訳ではなさそうだ。(苦笑)
僕が気に入ったクラシックテイストは、極一部。

でも、それって逆に言えば、幅広い音楽性を持っているということ。

全ての曲が好き!という場合は、完全に偏っているからね。

元々クラシックをやっていたそうなので、色んな引き出しがあるのだろうし、僕がピーンと来たのも納得。
(FictionJunctionの梶原由記もクラシック系だけれど、系統が違う。系統は違うけれど、作る音楽にクラシックがベースにあるという点では同じ。)

このKOKIA、アルバムごとに個性があるようなので、色々と楽しめそう。
全てのアルバムを聴いてみたいと思っているところ。

次は、妹とは関係なく、ひょんなことから思い出したアーティスト。

alan。

彼女はチベット系の人で、日本でも活動していたことがある。

歌うまい!

そりゃそうだ、彼女はクラシックの声楽を学んでいたそうだから。

彼女は随分前から気になっていたのだけれど、今回きちんと聴いてみたら、このalanもなかなかいい。

彼女を調べている時に偶然知ったアーティスト「Rin'」。

これはちょっと風変わりなアーティスト。いや、バンド。

日本の伝統楽器、箏、十七絃、琵琶、三絃、尺八で音楽活動していたのである。

過去形というのは、既に活動は停止しているから。

中国の方には、女子十二楽坊というのがあるけれど、それの日本版みたいなもの。

人数は3人なのでかなりすくないけれど。

これも聴いてみると、なかなか面白い。

もうちょっと頑張っていれば化けたかもしれないのにね。勿体ない。

最近の日本の音楽シーンはいまいち、と思っていたけれど、掘り起こせば面白いアーティストがいるものだ、と昨日思った次第。

しばらく上記アーティストを聴いて楽しめそう。

ちなみに、ここ半年ではまっているアーティストは、BENIである。

最初は、カバーアルバムから入ったのだけれど、彼女のオリジナルアルバムもかなりいい!

今の僕の一番のお気に入りである。

|

« 氷 | トップページ | 紫雲膏 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 氷 | トップページ | 紫雲膏 »