« 下見 | トップページ | 全貌 »

2014年10月 9日 (木)

もちろん、この話題

今日は一日曇り。

少し前に雨が降り始めた。

今日が皆既月食の日じゃなくてよかったね。

ということで、この話題。

早く夕食を食べて、下見に行った場所に行った。

てっきり他にも撮影者がいるかと思ったら、だーれもいない。(苦笑)

いたのは、この山でトレーニングをしている人たち。

日が沈む前は、そういう人が2人、僕の横で月が昇るのを観ていた。
が、月食になる前に帰ってしまった。

月食になるまでかなりの時間があった。

ちょこちょこ違う撮影を。

貴重なのかどうかわからないけれど、姫路城と、新幹線レールスターと500系がすれ違うところを撮影出来た。

月食が終わるまで、時々新幹線の動きを見ていたけれど、在来線より本数が多いと思う。
もちろん、全て姫路駅に止まるわけではないけれど。

昔は1時間に1本くらいだったと思ったけれど、今は短い間隔で運行されているんだね。

太陽の沈む方角はきれいな色だった。

このサイズでは見難いけれど、画面中央部分に鳥の群れが写っている。

これを写した後、山の方を見ると、あれ?と思った。

とりあえず撮影して、カメラのプレビュー画面で見ると、月が昇ってきているところだった!

これがとっても綺麗だったなぁ。

あと、月ってこんなに大きいんだ、と思わされた。

こんな感じで綺麗な月の昇りを見るのもなかなかないことだ。かっこいい!

方角はピッタリ東だった。

昇った月。

綺麗でしょ?

なんかこれだけでも満足してしまったのである。(笑)

月が昇ってから思った。

ここで撮影するのではなく、姫路城の西側から撮影すればよかったな、と。

姫路城と月を一緒に撮った方がより趣があるし。

今からはもう動けないので、次があるときにはそういうことをしてみようと思う。

だーれもいない状態で撮影。

今回は2台体制。

1台は遠景でタイムラプス撮影。コマ送り撮影ね。

もう1台は、自分で撮影する。

でも、月食になる前の月を撮っていて、普通に撮っても面白くないなぁ、と思った。

また、僕の望遠レンズでは、月はそんなに大きくは撮れない。

うーん、どうしようか?と思って、閃いた。

これはもう開き直りだ。

どうせ大した撮影ができないなら、自分のカメラの方もタイムラプスをしようと。

望遠レンズで。

ただ、インターバルタイマー(定間隔で撮影するリモート装置)はないので、自分自身がインターバルタイマーにならないといけない。

30秒毎にどうやって撮影しよう?と思っていたら、隣で自動で30秒毎に撮影している。

あ、そうか、それに合せて自分がシャッターを押せばいいんだ、と。

ということで、僕が人間インターバルタイマーになったのである。(笑)

30秒毎に押さないといけないので、どこにも行けない!(苦笑)
もう1つ、インターバルタイマーをほしいなぁ、なんて思ったのである。
こういう撮影は滅多にないけれど。

ということで、3時間以上、ひたすらシャッターを30秒毎に押していたのである。

日が落ちてから、寒い!

風も強く、ここは吹きっさらし。

念のため、と思ってジャケットを2着持ってきたけれど、それでも寒く感じた。
ダウンジャケットでも良かったくらい。

でも、去年の干潟撮影よりはマシだけれど。
(そろそろその干潟撮影のシーズン。)

少しずつ欠ける様子を見ていると、面白いねぇ。

あともう少し!

そうそう、人は来ないと思っていたら、ときどーき来るんだよね。

1回ビックリしたのが、背後になんか気配を感じる、と思ったら、10mくらい後ろに、デンと座っている男の人が...

ビックリしたよ。もうちょっと音を立ててここに来てほしい。

とりあえず、変なことしていなかったと思う。

一人だと変なこと、例えば踊るとか(笑)、することもあるしね。寒いから。

あとは、カップルが2組くらい来ていたなぁ。

これが皆既月食状態。

赤黒く、見た目に近いと思う。

今回は失敗があった。

自動で撮影している方、時々露出チェックで画像を見ていたのだけれど、その時に露出の設定を触っていてみたいで、僕が考えていた露出で撮影出来ていない...

大失敗である。(泣)

気づいてから露出を変えるのも問題なので、そのまま撮影した。

どういう撮影かは、YouTubeでどうぞ

2部構成になっている。

最初は、望遠レンズで撮影したもの。

これの反省は、被写体が大きいので、30秒に1回の撮影ではちょっと映像としては見づらそう。

30秒でも、月はかなり移動しているのがわかる。

せめて15秒に1回シャッターを切らないといけないと思う。

ただ、そうなると枚数がめちゃくちゃ多くなるからなぁ。

遠景の方は、自動で撮影していたもの。

途中で急に暗くなったのは、露出が変わったため。

そうそう、このビデオを見る時は、フルHDの設定にして、全画面表示で見るといいでしょう。

ちょっと幸いだったのが、露出が低いので、月が明るさで飛ぶことなく、この小さい月のサイズの割には、形の変化の様子がわかると思う。

大失敗だと思ったけれど、まぁ、これはこれでいいかな。

一応、高さもある程度考慮していたけれど、想像以上の高さに月が行ってしまったので、最後の最後まで写しとることは出来なかった。仕方ない。

あと、月の横に天王星が見えるらしかったけれど、肉眼でもこれら写真でも確認できなかった。
街の灯が明るすぎて、普通の星も見づらかったしね。

反省することしきりだけれど、とりあえず肉眼でずーーーーーーっと月食の様子を見られてからよかったかな。

家に戻ってからすぐにとりかかって、今日の夜中にアップロードしたものです。

最後に、姫路城でも撮影しようと思って撮影。

こうやって見ると、なんかプラモデルの姫路城みたい。(笑)

色んな意味でいい経験が出来た撮影でした。

|

« 下見 | トップページ | 全貌 »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

日本写真珍現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下見 | トップページ | 全貌 »