« 準備万端 | トップページ | 結局作った »

2014年11月 4日 (火)

あの場所へ

昨日は寝付きがめちゃくちゃ悪かった。

理由の一つは、普段寝る時間よりはるか前に寝始めたから。

眠くないのに寝ようとするから、余計に寝られなくなってしまい、起きる時間までひたすら布団の中でゴロゴロしていただけ。(苦笑)

多分、時々意識は薄くなって寝たような状態だったとは思うけれど、熟睡とは程遠い状態。

それなのに、無情にも起きる時間を知らせるアラームが鳴った。

そういう時に限って、眠気があるんだよね。(苦笑)

とにかく出かけなければいけないので、1時前に起きて出かける。

その場所は・・・

今旬の場所である!

道中、ガスっていた場所があったので、きっと今年も雲海が見られる!と思っていた。

条件もそんなに悪くはなかったはず。

2日前には雨。どうも昨日も雨がちょっと降っていたらしい。

この日は晴れ。それなりに寒くなりそう。

この1周間の予報を見てみると、よりいい条件はこの日だけだった。

三連休明けということで、人もそんなに多くないだろうと思った。

だから、思い切って行ってみることに。

しかし、結果は上記の通り、綺麗に晴れてしまっていた。(笑)

ここは竹田城址。

去年は初めて行ったにも関わらず、とてもいい状態の雲海を見られたので、きっと今回も大丈夫!と思って行ったけれど...

場所は前回同様、立雲峡。

ただ、この立雲峡に行く途中の道は、10月から来年の3月まで、道路拡張工事のため通行止め。

国道312号線沿いにある、潰れてしまったパチンコ店の駐車場に車を置き、そこから歩いて行くことになる。
(朝の3時ころから駐車場を整備するおじさんがいた。いやはやすごい。)

何もこの「旬」な時期に工事をしなくても、せめて、人の訪れが少なくなる12月からにしてくれればいいのに、と思うのは僕だけではないはず!

でも、決まってしまっていることなのでそれに従うしかない。

もし、もう少し歩く距離を少なくしたければ、立雲峡に入る道近くに、個人が勝手にやっているらしい有料の駐車場に置くという手もある。数に限りはあるけれど。

いやぁ、かなりきつかった。

パチンコ店の駐車場から立雲峡の駐車場まで、ダラダラと上り坂。30分ちょっと。
そして、駐車場から第1展望台までは25分ほどと、約1時間ほど歩いた。

これは、ほとんど休まず、テクテクと歩いて行った結果。
のんびりゆっくりと歩けば、もっと時間はかかる。

この歩きに関して注意事項。

・間違いなく汗をかく。よって、歩き始めが寒くても、防寒服は脱いでおいたほうがいいかもしれない。僕は立雲峡の駐車場で脱いで薄着になった。
・タオル必須。
・道は暗いので、懐中電灯は必須。

立雲峡の第3展望台で、初めて人に遭遇。

なんか道に迷ったらしく、途中で引き返してきたらしい。

どこそこにこういうのがあって、そこから先に進めなかった、と言われたけれど、僕は2回目なのでそんなのわからない。(苦笑)
とりあえず違う方を行ってみればいいのに、と思ったけれど、僕はとりあえず行きますね、と言って別れた。

前回は、勘で分かれ道を判断して登った。
改めて登ると、今は標識があるからいいけれど(去年はなかったはず)、よくまぁ迷わず登れたなぁ、と思うのである。

もう、途中で息が切れて大変だった。
パチンコ店の駐車場から歩くというのはかなり堪える・・・

第1展望台に到着。

さて、どのくらいいるのかな?と思ったら、たった一人の撮影者のみ。

挨拶して、場所を探してセッティング。

が、息が切れているし、汗かいて気持ち悪いし、ということで、まずはそれらを落ち着かせることに。

タオルを持ってきていたので、体を拭くが、綺麗に汗は拭き取れない。仕方ない。

焦らずゆっくりと準備をする。
下はぬかるんでいるので、カバンを下ろすことは出来ない。

今回は、タイムラプス撮影もしたいと思って、カメラ2台、三脚2本を持ってきた。
だから、荷物は余計に重いのである!

4時前に撮影開始。

しばらく撮影していたけれど、だーれも上がってこない。

やはり平日だからか?なんて思った。

人数が少なければ気分的に楽。

ただ、上記の通り、雲海の出る気配がない。

雲というか霧が発生して、こうやって町の方にはかかるのだけれど。

星空も撮影したかったけれど、雲がかかっていて残念。

しかし、夜明け前に雲が晴れ、綺麗な星空が見えた。
その頃にボチボチ人が上がってきていた。

やはりここの星空は綺麗だ。

ちなみに、月は3時過ぎに西へ沈んだので、空を明るくするものは何もない。

何気に、竹田城址ってどの方角だろう?と思ってコンパスで調べてみた。

僕は西だと思っていたけれど、ちゃんと見てみると、西北だった。

うん?ということは・・・

少し右を見てみると、ヒシャクがある。
ということは、目の前にあるのはカシオペア座じゃないの?

なんとまぁ、前回は気づかなかったけれど、竹田城址の真上にカシオペア座があったのである!

じゃぁ、あれが北極星だな、ということで、撮影したのがこれ。

ただ、画像サイズが小さすぎるので、これでは星は見えないだろうけれど、オリジナルサイズの方では綺麗に写っている。

前回同様、この星空は写心展で使えるね。
街明かりもいい雰囲気。

さてさて、夜明けも近づき、雲というか霧の動きが早くなってきた。

こうやって霧って出来るんだ、動くんだ、というのを見せてもらった。

これが限界だった。一番雲(霧)が多い状態。

でも、これ↑はこれでいい雰囲気だと思う。

こっちのほうが雲海なんだよねぇ。北側。

さて、竹田城址の方に人は?

思ったより少ない。

特に、左の一番高いところ。

以前であれば、ここに撮影者が陣取っていたんだけれど。

多分、あちこち修繕中で見栄えが良くないんだろうね。
また、人も登ってくるし。

右側のほうが人が多い。そっちの方が見栄えがいいのだろうか?

日が差し込んでいい感じ!太陽が出ると、雰囲気が変わる。

雲というか、霧というか、常に変化している。

雲海もいいけれど、雲撮影者としては、こういうのもいい。

面白い現象。

上記は、山の向こうから雲が昇ってきたのである。
手前の雲と一緒に撮ると、奥行きが出ていい感じ。

この写真では見づらいけれど、画面左下に列車が写っている。

7時過ぎまでこういう感じだった。

それ以上変化がないので、ほとんどの人がいなくなっていた。

きちんとは見ていなかったけれど、100人前後はいたと思う。

平日なのにビックリ。

あと、若い人がかなり多かった。

僕は7時半ころに下山。

僕の他には3人いた。

下りるほうが大変だ。足下が滑りやすい。

夜中は真っ暗だったのでわからなかったけれど、この山のモミジは紅葉していた。

さすがに撮影する気力はなかった。(苦笑)
いや、機材を取り出すのがちょっと面倒だったので。

頑張って駐車場まで戻り、次は町中散策。

町中には無料の駐車場がある。8時オープンとのこと。

線路を見てみると、なかなかいい雰囲気。

線路の西側はもっといい雰囲気!

この頃には雲が一つもなかった。竹田城址を町から見る。

この鳥居、小川、紅葉、そして、奥の竹田城址がとてもいい雰囲気。

ふと一般宅を見ると・・・

こんなものまで。

町中は正直、見るものはあまりない。
くつろげるところもそれほど多くはない。

昼間の観光客は、基本的には旅行会社のツアーで来るのだろう。
こういう場所をウロウロしないで、そのままバスに乗ってどこかに行くということもあって、町中はそれほど発展していないのだと思う。

以上で、2回目の竹田城址撮影終了。

この後は、お楽しみの、播磨屋本店に行って、和菓子購入。

最悪、竹田城址の撮影がよくなくても、ここに行けるからまぁいいか、と思っていたのである。(笑)

10時オープンで、10時過ぎに到着。

にも関わらず、既にお客さんがそれなりにいた。

2万円以上買っていく人もいた。

さすが人気のあるお店だ。

この後、某コンビニに寄ってみた。

最近流行りのコーヒーを飲んでみようと思って。

ちょうどポイントカードのポイントがあったので、それで買ってみた。

話題になっているからかなり期待したのだけれど、うーん、という感じだった。

これはその店の味なのか?

なんか煮詰まったような味。

他の店で飲んだらまた違うのだろうか?

自分が家で煎れる方が美味しいと思った。

味はそうだったけれど、ここのカップが気に入った。

表面を触るとフワフワしていて、とても心地いい!
これだけでも十分だ。(笑)

帰りは、太陽に向って走ることになり、心地良い暖かさですごく眠くなってしまった。

でも、不思議なのが、歳だからか、寝てしまいたい!というほどでもなかった。
若かりし頃だったら、この睡魔に負けてしまったんだろうね。(苦笑)

まだ何か撮れそうな気がする。

様子を見て、また行くかもしれない。

タイムラプスの写真は公開するかどうか考え中。
ちょっと失敗していたし。

タイムラプスに関しては、なかなか自分の納得の行く撮影ができないなぁ。

あと、インターバル撮影できる小さいカメラがほしいなぁ。

今日はぐっすり眠れることでしょう。

|

« 準備万端 | トップページ | 結局作った »

日本写真 他」カテゴリの記事

コメント

おはさん、こんばんは。
4日の朝はキレイな雲海が出たものと思っておりましたが、なかなか難しいものですね。
立雲峡は通行止めと聞いてたのですが、それでも100人くらいあの山道を登ってらっしゃるのですね。
あたしは先月、藤和峠から一生分の雲海を観たのでヨシとします。w
といいながら11月の終わり頃、光線状態が良くなったらもう一度行ってみたい気もしますが・・・

投稿: ハル | 2014年11月 5日 (水) 21時50分

ハルさん、コメントありがとうございます。

ハルさんは少し前に藤和峠に行かれたんですよね。
僕も行ったことはありますが、日の出の頃にはまだ行っていないので早く行きたいです。

今回はいい条件だと思ったのですが、風の問題か、もうちょっと気温が下がったほうが良かったのか、ああいう結果になりました。

でも、僕的にはこれはこれでよかったと思います。
写心展で使うには十分な写真が撮れましたし。

100名はちょっと多い見積かもしれませんが、なんであれかなりの人数がいたことは確かです。
これが休みの日だともっとすごいんでしょうね。

出来れば、もう1回は行ってみたいなぁ、と思っています。
藤和峠も入れれば、合計2回かぁ...
ちょっと面倒臭いですね。(苦笑)

投稿: おは | 2014年11月 6日 (木) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 準備万端 | トップページ | 結局作った »