« 八丁味噌 | トップページ | 変わった »

2014年12月 3日 (水)

これはとてもいいことだ

今日も真冬のような寒さ。

天気はとてもいいのだけれど。

しもやけがぶりかえさないようにしないと。

この角度の姫路城の陰の入り方がとても格好良かった!

でも、このクレーンが・・・

ほんの少し角度が変わるだけで見え方が変わる。

裏にまわり、紅葉を確認。

案の定、終わってしまっていた...

まだ色づいていない木もあるけれど。

これはとてもいいことだ!

<牛乳なし給食>新潟・三条で試験的スタート

これは全国的にドシドシ進めてほしいものだ。

牛乳(乳製品)は、人間にとって別に必要性はない。

どうしてもその中に入っている栄養素がほしいなら、他の食品で摂ればいい。

そういう栄養面云々以前に、ご飯と牛乳は美味しい組み合わせではないと思う。

その組み合わせを喜んでいる人ってそんなにいないと思うけれど?

ここに書かれている栄養士の人達に言いたい。

栄養面云々は、とりあえずわかりました。

では、あなた達は、ご飯と牛乳という組み合わせで、毎食、毎食ではなくても、少なくとも一食はそういう組み合わせで食べているの?

と聞きたい。

そこまで小学生にゴリ押しするんだったら、まずは栄養士の皆さんにそういう手本を見せてもらいたいものだ。(笑)

まず、十中八九、いや、十中十、そういう組み合わせで飲食していないだろうね。

なんであれ、乳製品は、人間の食生活の中では必須ではない。
どうしても、という人は、「嗜好品」としてたしなむ程度にした方がいいでしょう。

子どもが水物がないので食べづらいと言っているようだ。

僕であれば、味噌汁があれば十分だけれど、やはり子どもはそうもいかないのだろう。

せめてお茶くらいだしてあげればいいのに。コストもそれほど掛からないだろうし。

栄養的にもいいお茶もあるから、そういうお茶を出してあげればなおいいと思う。

話は変わって、昨日、玄米対白米という番組をやっていた。

案の定、白米に気を遣った内容になっていた。

あらゆる面で玄米が圧勝だけれど、なんとかして白米にも少しはいいところを見せないと、ということでああいう内容になったのだと思う。

風邪を引いた時には白米がいい、と言っていたけれど、別に玄米でもいい。

玄米を重湯にして、コメの方は食べず、上澄みの液体だけを飲むのである。

甘くていい味。

ちなみに、赤ちゃんにこの重湯(玄米のおかゆの上澄み液)をあげる、という食事方法もある。

玄米のおかゆの方は、冷凍にして、後で元気になったときに食べてもいいし。

ということで、なんだかんだと玄米のほうがいいのである。

今の僕は、もう白米を美味しいとは感じられない。

いや、美味しい、まずいという話ではなく、玄米のほうがより美味しく頂けるのである。

美味しい白米は確かに「甘く」て美味しい。

でも、玄米は「味」があるのである。その甘さとかそういう次元ではない。

これは食べてみた人にしかわからないこと。

あと、僕は玄米をそんなに柔らかくしないで食べているので、白米よりかなり歯ごたえがある。

それに慣れてしまったから、白米の歯ごたえのなさも物足りなくなってしまっているのである。(笑)

白米を食べると、ツルツル入っていくので、噛まなくなってしまう。
あと、食べる量も増えてしまう。

この番組を観て、親がどうも玄米の五分づきに興味を持ったようだ。
五分づきであっても、玄米に興味を持ったもらえただけいいかな。
今までは頑なに拒んでいたから。

親の世代って、テレビの影響が絶大だよね。
目の前に毎日玄米食べている人間がいるっていうのに。(笑)

このテレビの影響の大きさを利用して、乳製品の真実を訴えて欲しいんだけれどねぇ。

でも、スポンサーの関係でそれは絶対にできない。残念である。

先の小学校の牛乳の別の記事の中に、牛乳屋さんのことが出ていた。
牛乳の納入がなくなったので、収入が減ったという内容。

これから、乳製品に関する業界はかなり厳しい状況になると思う。
牛乳の弊害について書かれている本はもう一杯出ているし、ネットでちょっと検索すれば一杯出てくる。
余計なお節介だけれど、その業界の人達は、出来るだけ早いうちに、違うことを始めたほうがいいと思う。

閑話休題。

そのテレビの影響の大きさに関して、少し前にちょっとびっくりしたことがある。

晩飯が並んでいるところに、一本のお酢が立っていた。

なんだろう?と思ったら、親曰く、ある番組で、お酢を毎日摂るといい、だから、そのお酢を何かにかけて食べろ、と。

え???なんだけれど。(苦笑)

お酢を掛けて食べられる料理が並んでいたのであればいいけれど、どう考えてもお酢を掛けられる料理はそこにはなかった。
厳密に言えば、既にキュウリとタコの酢の物は出ていた。それで十分。

酢の物以外でお酢を使うなんて、なんか、先のご飯と牛乳の組み合わせのような感じだ。(笑)

余談だけれど、去年、飲める黒酢を1ヶ月位飲んでいたことがある。

正直、体に良かったのかどうかわからなかった。

別に調子の悪いところはなかったしね。

話を戻して、体にいいと言うのであれば、何でもそうだけれど継続することが大事。

また、食品一品だけで体はどうこうなるものではない。

全体のバランス(三大栄養素)がとても大事なのである。

そういう意味では、伝統的な日本の和食は理想的だと思う。

|

« 八丁味噌 | トップページ | 変わった »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八丁味噌 | トップページ | 変わった »