« 変わった | トップページ | うまい »

2014年12月 5日 (金)

やはり違う

いい天気だったけれど、風がきつかった。

どの方向、東西南北、に向かっていっても、常に向かい風だった。なんで??(笑)

夜になってすんごい冷え込み!

姫路のフェスタ北側の小路にこういうのがある。

のれん街。

色んなお店があるし、この狭い感じがいい。

ここはビルとビルの間なので、吹きっさらしではないけれど、冬は寒いだろうね。

少し前、揚げ物、厳密に言えば、たっぷりの油を使うのではなく、焼く様に揚げる、をした。

食べ終わって、しばらくすると、ムカムカと気持ち悪くなった。

揚げ物のようにいっぱい油を使っていないけれど、やはりこの油を使うとそうなるんだよねぇ。

使った油は、キャノーラ油。

外食して、揚げ物を食べた時も同じように気持ち悪くなる時がある。
例え、その揚がったものが綺麗な色をしていても。

外食の場合は、何の油が使われているかわからない。

コストのことを考えると、よくてキャノーラ油、それ以外だと、サラダ油とかコーン油とかサンフラワー油とか?

外食は仕方ないにしても、家で食べるときに気持ち悪くなるのは嫌なので、別の油にしてもらった。

焼き物のような少量の油使用の時は、オリーブ油を使っている。

でも、揚げ物の場合、オリーブ油だと風味が変わるよね。
あと、コストパフォーマンスも悪くなる。

キャノーラ油ほどコストパフォーマンスは良くないけれど、オリーブ油よりコストパフォーマンスがいい油にしてもらった。

それは、米油。

NZでは、僕は米油、英語ではRice Bran Oilと言う、を使っていた。

その経験から、焼き物、揚げ物に関しては、オリーブ油のようないい油を使わないのであればその方がいいというのがわかっていた。

今日、久しぶりに揚げない鶏の唐揚げをその米油で作った。

やはり違う。

まず、揚がり具合が違っていた。

同じ時間、いや、今日のほうが長めだったと思う。それなのに、キャノーラ油の時の方がすぐに色がついてしまっていた。
米油の方は、綺麗な揚がり色。

そして、食べ終わっても、米油の方は全く気持ち悪くならなかった。

日本では初めて米油を摂取したけれど、やはり油によって体の反応が違うなぁ、やはり米油の方が体にやさしいんだなぁ、と思った次第。

ということで、お上品な焼き物にはオリーブ油を、焼き物や揚げ物にたっぷりと油を使いたい場合は、米油を使ってみてください。

明らかに違いがわかると思います。

|

« 変わった | トップページ | うまい »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 変わった | トップページ | うまい »