« 金の箱、黒の箱 | トップページ | スッキリ »

2014年12月27日 (土)

ようやく

日が暮れるのがちょっと長くなったね。
17時過ぎてもしばらくは明るい。

昨日の夜は、ちょっと揺れてビックリだった。

お、サギだ、と思って撮影しようと思った。

彼らって、カメラを構えると逃げてしまうから、ある程度準備した状態で、あとはピントを合わせてシャッターを切る、という風にしている。

が・・・

カメラを構えた瞬間、飛び立とうとした。

これはこれでいい瞬間なのでいいんだけれどね。(笑)

しかし、結構距離があるのに、彼らはちゃんと見ているねぇ。

さて、ようやく手に入れた!

大黒屋丹治の大黒餅!!

裏を見てみると、小豆、もち米、砂糖、ととてもシンプル。

中を出してみると。

本当に縁起が良さそう。

ステーキナイフで二つに割ろうと思ったら、表面の餅がかなり粘っこくて切ることが出来ず。

仕方ないので、手で半分にちぎった。

まぁ、餅なんで、そんなに珍しい中身ではないよね。(笑)

厚みはそれほどない。薄い。

でも、前述のとおり、餅皮はかなりの粘り気があり、いいね。

ただ、出来立てだったら、もっと餅皮はフワフワしているらしい。
もしくは、材料費を削って、もち米を減らして、以前に比べて餅皮が薄くなった?

なんであれ、僕は以前を知らないから、これで十分。

気になっていた和菓子だっただけに、これで心置きなく年末を迎えられる!(笑)

|

« 金の箱、黒の箱 | トップページ | スッキリ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金の箱、黒の箱 | トップページ | スッキリ »