« 頭から離れない | トップページ | 春なんだねぇ »

2015年2月26日 (木)

欲求不満解消

今日は一日雨。

気温も冬に逆戻り。

今日は撮影に関して、欲求不満解消をした。

何度も紹介している、大黒屋丹治のお菓子がまた手に入った。

ちぃずけーき饅頭というもの。

「ちぃずけーき」とひらがなにしているところが、和を意識しているのがよく分かる。

せっかくだから、これを使って、お菓子撮影の欲求不満を解消してみた。

一眼レフとフラッシュを使って。

それが外側。直径6cmほど。結構大きい。

半分に割ってみて。

上記のような写真が、一般的な商品撮影。
通販やメニューなんかで使われるようなもの。
但し、決して綺麗な形ではないので、これをそのまま使えないけれど。(笑)

皿は、真っ白な和食器がよかったのだけれど、そういうのがなかったので、家にあるもので一番マシなものを選択。

ここから、そういう一般的な商品撮影からずれていく。

半分を手前に置くと、見え方も変わる。

向きを変えてみる。

上記はフラッシュ無しで、部屋の中の差し込む光だけで撮影。

下は、フラッシュ使用。

ほんのちょっとのことだけれど、見え方が変わる。

こうやって、色んなパターンで撮影して欲求不満を解消していたのである。(笑)

ドンドンと角度を変えていく。

こういう撮り方だと、なんて言うか、より身近に感じる?!

最後は、僕が一番好きな撮り方。

こういう撮影の仕方は、商品撮影としては相応しくない。

イメージカット的にはいいんだけれどね。

でも、この方がより美味しそうに見えるというか、お!と思わせる見せ方だと思う。

これが、大黒屋丹治での写真。

比較してみてください。

さて、この饅頭の原材料。

真ん中の塊が重要なのだけれど、クリームチーズの味がしっかりとしていて、濃厚。

しつこくないし、気持ち悪くなるような濃厚さではない。

病み付きになると思う。

和と洋がいい形でバランスとれていると思う。

この間紹介した、ベルギーのミルクチョコレートも撮影。

仕事の商品撮影だったら、こんなに汚れているものは出せない!(笑)

寄れるだけ寄ってみた。

こういうピントの合わせ方、ボカせ方は商品撮影としては絶対に相応しくない。

マクロレンズを使うと寄れるからいいねぇ。

あぁ、100mmのマクロレンズがほしい!

せっかくだから、遊んでみた。

フラッシュを色々と変更していて、お、という状態になったもの。

真っ白に飛ばしてみた。

これはこれで雰囲気がある。

横顔ガンダム。凛々しい。

背景には、シャア専用ザクを。

それがないバージョン。

ほんのちょっとした違いだけれど、背景に何かがあるかないかでも見え方が変わる。

同じ写真を明るさ調整し、残っている色を出してみた。

リアリティー感が出ていると思う。

同じ写真なのに見え方がまるで違う。

こうやって自分の好き勝手に撮影しているのが一番面白い。

でも、こういうのは仕事にならないんだよねぇ...(苦笑)

出来れば、綺麗なケーキとかを撮影してみたい!

|

« 頭から離れない | トップページ | 春なんだねぇ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頭から離れない | トップページ | 春なんだねぇ »