« ケーキ | トップページ | スパイス シナモン編 »

2015年3月20日 (金)

スパイスの話 紅茶編

そんなにいい天気ではなかったけれど、時々晴れ間が見えていた。

残念ながら、今年の梅撮影は断念。

その代わり、桜のほうを一杯撮りたいな。

さて、スパイスの話。

ある時、美味しい紅茶を飲みたいな、と思った。

普段は、生姜入り黒糖紅茶を飲んでいる。

でも、それだけだと飽きてしまうので、なんかいい飲み方はないかな、と。

まず思いついたのが、ミルクティー。

濃厚なのを飲みたい!

普段は牛乳は飲まないので、こういう時困るんだよね。(笑)

そのミルクティーのことを調べていると、行き当たったものがある。

それは、スパイスを入れたミルクティー。

シナモン、カルダモン、クローブをベースにしたミルクティー。

その名は、マサラチャイ。

ウコンから始まって、シナモンを購入。クローブもあるし。

なんだ、ベースとなるものは揃っているじゃない!

最初はとりあえず、ということで作ってみた。

これがとても奥深い!

まず、牛乳によって味が変わる。

低脂肪は論外。

そうなると、濃厚な4%以上のものがほしくなる。

最初は、目についたものを購入。

その時はあまり気にしなかったけれど、それは乳飲料だった。

そういうこともあってか、飲んだ後、なんかお腹の調子が・・・

僕の場合は、ちゃんとした牛乳、つまり、生乳でないといけないというのがわかった。
実際、生乳の場合は、お腹の調子がどうの、というのはない。

値段は高めだったけれど、4.4の生乳を見つけてそれでやった。300円ちょっと。

うん、美味しい!

牛乳と紅茶の比率を色々と変えてみた。

いくら濃厚なのがいいとは言っても、牛乳が多ければいい、というわけではないようだ。

次に、ネットでは評判の、低温殺菌のものを使ってみた。

確かに美味しいのだけれど、僕的にはあっさりしすぎて物足りない。

何度か、4.4のもの、低温殺菌のもの、と交代交代で作ってみたけれど、僕としては、4.4の方がいいという結論に達した。
(マサラチャイを作り始めたのは、約1ヶ月前。)

紅茶の葉っぱは、アッサム、ティンブラ、ウヴァと変えてみたけれど、正直、紅茶そのものでの味の違いはわからなかった。
並べて味比べをすればわかるのかもしれないけれど、1日1杯で、次の日にその味を覚えているか、というとそれは無理なので。

次に、牛乳選びだけではなく、そこにどういうスパイスを入れるのか?というもの大事。

シナモン、カルダモン、クローブをベースに、生しょうがを一緒に煮込んでみたり、コショウを入れてみたり、と色々とやった。

ほんのちょっとだけれど、違いが出てくる。特に生しょうがの時は。

なんだかんだと、シナモンが一番大事かな。僕はシナモンを多めにしている。

ここまで作ってしまうと、粉末のシナモンやカルダモンだと物足りなくなってしまう。

実際のブツを煮だして作ると、美味しいんだろうね。
粉末だと、きちんと溶けきらないから。

さすがにブツそのものを買ってまで、とは思っていない。今のところ。
でも、もしかしたら・・・(苦笑)

健康のために牛乳を買うのではなく、マサラチャイのために牛乳を買っているって、なんか面白いと思う。(笑)

写真だと味まで伝わらないのが残念である。

問題は、この牛乳。

賞味期限があるから、結局毎日作ることになってしまうのである。

牛乳が長持ちすればいいんだけれどねぇ。

そうしたら、気が向いた時に作って嗜好品として楽しめるのに。

それだけが残念である。

そういう問題点はあるけれど、今はまた違った展開になっているところ。

これは後日。

|

« ケーキ | トップページ | スパイス シナモン編 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケーキ | トップページ | スパイス シナモン編 »