« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

子役

天気はそこそこ。

でも、気温が随分と変わってきた。

朝晩は半袖ではもう寒い!

日中、日が照っていればまだ大丈夫だけれど。

ということで、今日、衣替えをすることにしたのである。

朝ドラ、結局、また観ております・・・(泣)

だって、ストーリーが僕好みなんだもん!(笑)

主人公の幼少期から始まっている。

子役の子、なんかすごいんだけれど。

演技もいいし、表情もいい。

特に可愛らしいのが、うるさい、黙りなさい、と親に言われた時にする表情。

両手の親指と人差し指で、上下の唇を挟むのだけれど、それが可愛らしい!

一番驚いているのが、彼女の喋る京弁。

全く違和感がない。

僕は京都出身ではないから、細かいところはわからないけれど、少なくとも、関西弁というくくりで言えば、全く問題ない。

関西出身なのか?と思って調べてみると、なんとまぁ、埼玉。

埼玉県人でここまで京弁を喋られるとは、驚きである。

かなり練習したんだろうな、と思うし、まだ若いから吸収力があるのだろう。

ということで、子役の印象がとても良いので、今回は、出だしからとても気持ちよく観ることができている。

僕が観始めてからの朝ドラの子役について。

ごちそうさん
これは脚本・演出の問題なんだろうけれど、食べ物に対してあまりにも「卑し」かったので、あまりいい印象を持っていない。

花子とアン
思い出せない・・・(苦笑) ということは、そんなに問題はなかったんだろうな。
結婚後の子どもの子役もそんなに悪くはなかったと思う。

マッサン
彼自身の子役はなし。
結婚後の子どもの子役は、よかったと思う。

まれ
これも脚本・演出の問題だけれど、夢が嫌い、地道にコツコツ、ということばかりで、あまりいい印象ではなかった。
結婚後の双子の子役。オーディションをしたと思うのだけれど、どうしてこういう子たちを選んだのかよくわからなかった。

ということで、全5作品の中では、今回の子役の子が一番いいし、輝いて見えるのである。

さて、ストーリーはどうなっていくのだろう?

| | コメント (0)

2015年9月29日 (火)

さつまいも

今日もいい秋日和。

このくらいの気候が心地良い。

食欲の秋が始まりつつあるね。

新米も出始めたし。

あと、さいつまいもが手頃な値段で手に入り始めた。

さつまいもは、準完全栄養食品と言われているそうで、この秋、積極的に食べたいね。

特に凝った調理をしなくても、オーブントースターで焼くだけでもよし!

まるごと焼くと時間が掛るので、輪切りにして焼けば、10分ちょっとで出来上がり。

何も付けなくても、そのままで美味しい。

可能であれば、皮を綺麗に洗って、そのまま食べるとなおよし。

さつまいもにも「個性」があって、味や甘さがどれも違う。
その違いも面白い。

NZでは、時々大学芋にして食べていたなぁ・・・

また作ってみよう。

さつまいもは本当にいいようなので、「さつまいも 準完全栄養食品」で検索して、どういう効果があるか調べてみると良いでしょう!

三時のおやつには、お店で売られている加工されたお菓子ではなく、さつまいもなんていかが?

健康的だし、甘さもあり、栄養もあるから言うことなし!!

| | コメント (0)

2015年9月28日 (月)

1ヶ月経過

今日は暑さが戻ってきた。

久しぶりに室温が30度を超えたのである。

昨日は中秋の名月、今日はスーパームーンの満月。

満月パワーを得たいものだ!

さて、あのパソコントラブルから1ヶ月経過。

その時、ついでにWindows10にアップグレード。

Windows10にアップグレード後、1ヶ月以内であれば、以前のバージョンに戻せる。

若干不安定なので、戻そうか?と思ったこともあったけれど、いずれWindows10にしないといけないわけだし、そのうち安定するだろう、ということで、そのままにした。

気になったのが、以前のバージョンの「Windows.old」というフォルダがいつなくなるのか?というもの。

1ヶ月経過しても消えていなかった。

本当に消えるの?なんて思っていたら、1ヶ月と数日でいつのまにか消えてしまっていた。

消えたのに気付いた前日はまだあった。

その日の夜にふと見ると、なくなっていた。

いつ消えたのだろう??(笑)

1ヶ月ちょうどで消えるのではなく、1ヶ月と数日後に消えるようだ。

僕の環境の場合、「Windows.old」は 23GBあった。

消えた後のCドライブの空き容量を見てみると、20GBほど増えていた。

あれ?計算が合わない。

差分の3GB、これはどこにいった?!?!(笑)

「$Windows.~WS」はまだ残っている。6GB弱。

前述のWindows10の何が不安定か?

explorer(ファイル・システム、ファイル管理関連).exeがどうも不安定。

コピーをしていると、異様に重くなるし。

ファイル管理のエクスプローラーも重くなる時がある。

これは、色んな拡張機能を入れているから、ということもあるだろうけれど、Windows8.1の時はそんなに重く感じなかったから、相性なのかなぁ、と。

あと、Firefoxがよく固まる。

これはFirefoxに色んなアドオンを入れているから、ということもあるだろうけれど、Windows10との相性もあるような気がする。

Windows8.1の時は、ああいう固まり方はほとんど経験していなかったからねぇ。

メールソフトThunderbird。

スリープから復帰すると、動きがおかしい。

どちらもMozillaだ。(苦笑)

使っていて気になった点はこういう感じかな。

インストール済みのソフトが動かない、というのはあまり経験していない。
全てのソフトを起動したわけではないのでわからないけれど、互換性に関してはあまり気にならないかな。

少しずつ改善されて、早く安定してほしいものだ。

| | コメント (0)

2015年9月27日 (日)

わさびなし

今日はとってもいい秋の日和だった!

心地よい暑さだったし。

外に出た時、お、空が綺麗、と思った。

が、よーく見てみると、ちょっと濁っている。

撮るまでもないか、と思ったけれど、ちょうど信号待ちになったので、パッと撮ってみた。

写真の下には橋の柵(欄干って言うんだっけ?)があったので、強引に外した。

とかる回転寿司店の持ち帰り寿司の話。

とある回転寿司の持ち帰りの寿司は、わさび抜きではなく、わさびなしで提供しているとのこと。

それを5月から開始。

なんでそんなことし始めたのだろう?と考えてみた。

・わさび抜きを注文したのに、わさびが入っていた、というクレームがあり、それを防ぐため

・逆に、わさびが少ない!というクレームがあったから

コスト削減、握る人の手間を減らす、ということではないと思う。
手間に関しては、大したことないと思う。
ちょっと塗るだけだしね。
コスト削減に関しては後述。

なんであれ、その店では、持ち帰りの寿司に関しては、わさびなしで提供している。

その代わり、袋入りのわさびを入れておくので、自分でつけてね、ということらしい。

なんか面倒くさい...

いちいちネタを持ち上げて塗るのはとても面倒。

だから、ネタの上にわさびをのっけることになる。

見た目は、うーん・・・(苦笑)

お店が間違えるのはよくないとは思うけれど、そういうクレームが増えたため、いや、強烈なクレームがあったため、そうせざるを得なかったのだろう。

一部のこういう人達のために、多勢が不便になってしまった。

これが、今の世の中の仕組み、ということだよね。特に日本では。

本当に面倒な世の中になったものだ。

お店にとっては、クレームを減らすための対策なんだろうけれど、その代わり、余計な支出、つまり、わさび代が掛かるようになる。
コスト削減どころか、コスト増。

お店にとっては気の毒に思う。

注文を間違えるのは店側の責任だから、それ相応の対応をするべきでしょう。

でも、後者のわさびが少ない!というクレーム(があったのなら)に関しては、家にあるわさびを付け足せばいいじゃない、と思うのである。

たったそれだけのことだ。

もう少し柔軟な世の中になればいいのに、と思うのだけれど。

余談だけれど、わさびで思い出した。

NZで出てくる、巻き寿司店のわさび、全然辛くないんだよね。

どれだけ入れても、辛くない。

日本のものは、少し入れるだけでも、鼻にツーン、とくる。

NZで、わさび大好き!と言っていて、多量につけている人に、日本のわさびを体験させてあげたいね。

ビックリすると思う。(笑)

| | コメント (0)

2015年9月26日 (土)

終わった終わった

今日はちょっとムシッとしているな。

天気はそこそこだった。

2015年上期のドラマ視聴、これで終了。

朝ドラを観終わって思ったこと。

このドラマ、一体何が言いたかったのだろう?

世界一のパティシエを目指す!ということで、どういう展開になるのか楽しみに観始めたけれど、結局、そういうものはほとんど関係ない。

というか、それはドラマの中でのメインテーマではなく、一つの要素。

その世界一への過程がどういう風になるのか楽しみにしていたのに、全くそういうのがなかった。

じゃぁ、このドラマのテーマは一体何?と好意的に考えると、「家族」なんだろうな。

主人公の家族を含めた、能登や横浜の様々な家族。

そういう人たち下で起こる様々な問題を取り上げて、展開していったという。

だったら、最初から「家族」がテーマです、という風にしてくれていればよかったのに、と思う。

あと、変にコメディー的なことを盛り込もうとするから余計に観ていてしんどかった。

更に、視聴者を泣かせようということで、やたらと出演者がなくシーンが多かった。
こういうのもちょっとな、と思う。

僕にとっては、今期観たドラマ、ここ数年観ていた朝ドラの中では、う~ん・・・、というものだった。

そういう評価ではあるけれど、一人光っていた女優さんがいたな。

一子役の清水富美加という女の子。

後半にまた一杯出始めて、観ていてなんか以前より綺麗になったなぁ、と思った。いい味も出ていたし。

彼女の今後を期待したいと思う。

とりあえず、全て終わったスッキリ!(笑)

| | コメント (0)

2015年9月25日 (金)

若々しい

今日は曇り空。

ふと川のほうを見ると、発泡スチロールの上に乗っかったサギが。

撮影、と思ってカメラを起動させるも、エラー!

こういう時に限って何度もエラー。

とりあえずこれが撮影出来た。

移動した時、別のアングルになったので、また撮ろうと思ったら、またエラー!

こういう時に限って・・・

対処している内に、サギはいなくなってしまった...

最近、調子良かったのに。

さて、ミュージックステーションの夜の部を観た。

一番驚いたのが、福山雅治の若々しい姿!

それなりの年齢なのに、老けていないし、肌ツヤも良い、ほっそりしている。

なんともかっこ良くて若々しいのだろう、と、男の僕でも惚れ惚れしてしまった。(笑)

今でも女性に根強い人気があるっていうのがよくわかった。

どうすればああいう姿を保てるのか聞いてみたいね。

| | コメント (0)

2015年9月24日 (木)

HDリマスター

連休が終わったと同時に雨。

連休中は、比較的行楽日和だったのでよかったねぇ。

姫路城の来場者数がすごかったみたい。

8時半の時点で、2,000人以上の待ち行列とか。

入場までに何時間も待たないといけない、また、整理券が配られたようなので、入場までの間、書写山の方に観光に行った人もいたとか。

いやいや、書写山まで観光して戻ってこられるだけの待ち時間って何?!(笑)

ネットで見た噂。

来年の1月に、昔からあるビルが閉じることになっている。

その跡地に、会員制の輸入物を扱っているスーパーマーケットが出来るとか?

本当かね?

ああいうのって、郊外に作って、車で乗り込んで、っていうのが買い物の仕方だと思っているのだけれど、そういうものを街中に作ったら大混雑するであろう場所に作るかね?

ちょっと信じられない。

裏ワザはあるようだけれど、基本は会員しか入られないので、出来たとしても、僕はあまり関係ないかな。(笑)

昨日のミュージックステーション。

さすがに10時間をリアルタイムで観られないので、いつものように録画。

が、このレコーダー、5時間以上の長時間録画に対応していない。

仕方ないので、午後の部と夜の部に分けて録画した。

僕の目的は、ZARDのHDリマスター映像。

どういう感じでリマスターされるのだろう?

目玉企画のようなので、夜の部かな、と思ったけれど、念のため、上記の通り、午後の部も録画しておいた。

なんとまぁ、驚いたことに、ZARDは午後の部の方に出てきた。

てっきり夜の部だと思っていたのだけれど、録画しておいてよかった。

感想。

うーん、その程度のものかぁ、というもの。

技術的には凄いと思うし、あそこまでフルHDに対応したっていうのはあっぱれだとは思うけれど、やはり情報量の少ない映像を、あそこまで引き伸ばすのは無理があるなぁ、と思った。

引いた映像は、ディテールが潰れている。

その潰れている画像を引き伸ばしても、それ以上にはならない。

無から有を生み出せないからね。(笑)

だから、かなり違和感のある映像だった。

これが、その程度のものかぁ、と思ったことの主な理由。

でも、顔アップのものに関しては、うん、これは綺麗!というものだった。

引きの映像とは違って、ある程度の情報が残っているので、少々無理に引き伸ばしてもなんとかなるんだよね。

顔アップは観ていて凄いなぁ、と思った。

写真も映像も、画素数の少ないものを引き延ばすって難しいよね。

夜の部はまだ観ていないのだけれど、午後の部の感想。

超早送りをしながら、お、と思ったアーティストだけを観てみた。

90年台に活躍したアーティストが色々と出ていた。

が、ほとんどが残念に思った。

「どんなときも」は好きな曲。

それを歌っている彼の歌声。

最近の曲ではどうかわからないけれど、若い頃に歌っていた曲だからか、声が出ていない。
(彼、映画「○の惑星」に「そのまま」出られるのでは?というビジュアルだった。(笑) ヒゲ剃ればいいのに。)

某ダンスグループに関しては、声質は往年の頃と同じような感じだったけれど、歌唱に安定感がなかったし、声が出ていなかった。

残念。

こういうのを観ると、オペラ歌手ってすごいんだなぁ、と思う。

ある程度の年令になっても、そこそこ歌声を保っているからね。

日々のトレーニングが大事だ、ということでしょう。

ほとんどが残念、と思ったけれど、すごい人がいた!

それは、徳永英明。

キーはそのままだし、声もいいし、歌唱も安定している。

年齢を考えると、劣化していてもいいのに、それを感じさせられない。

きっと彼は、日々きちんとトレーニングをしているんだろうな。

その積み重ねがあの歌声になっているのでは?

とにかく、彼の歌声にはとても感心させられた。

モー娘。は、今のメンバーを見ても、さっぱりわからなかった。(笑)

さて、夜の部はどういう感じなのだろう?

| | コメント (0)

2015年9月23日 (水)

お好み焼きはお好みで

今日は暑かった!

でも、いい暑さなので気にならない。

まだ本格的ではないけれど、遠くの方から、太鼓を叩く音が聞こえてくる。

そろそろ秋祭りの時期なんだなぁ、と思わされる。

おからを消費するために、おからパンを作ったり、おからふりかけを作ったりする。

でも、ずーっとそれだと飽きるので、最近はおからのみ焼きを作っている。

おからを入れることによって、小麦粉の量は減らせる。
小麦粉はつなぎのような感じで使うのである。

少し前に思いついてやっていること。

それは、ジャガイモのすりおろしを入れること。

理想は、山芋だけれど、ジャガイモは常に家にあるようなものだから使いやすい。

山芋ほどふっくらはしないかもしれないけれど、そこそこふっくらとなる。

安上がりだし、これはこれでお勧め。

で、数日前、ふと思いついたことがある。

お好み焼きに、グリーンカレーを入れて作ったらどうだろう?

なんか変わったお好み焼きになりそう。

お好み焼きは、お好みのものを入れるということで、お好み焼きという名前。
だから、こうやって思いついたものをいれてみるのもいい!(笑)

以前使った、タイ直輸入のグリーンカレー缶を使いたかったのだけれど、売っていなかった。

仕方ないので、普通のスーパーマーケットで、いなばのチキングリーンカレーを買ってきた。

これを、水の代わりに入れるのである。入っている具も一緒に。

この缶詰は、量自体が少ないので、1枚分。

出汁の素も入れず、卵も入れず。

さてどうなんだろう?と思って、ソースも何もつけないで一口。

お、これはありかも!という味だった。

ほのかにグリーンカレーの味がし、一番いいと思ったのが、ピリッとした辛さ。

ソースに辛味のあるものがあるけれど、それとはまた違っている。
生地自体に辛味があるからね。

ソースを付けて食べてみたけれど、その場合はソースの味が強くなる。

よって、何もつけないでそのまま食べてしまっても良いのではないかと思う。

卵を入れたら、また違う味になるかな?

グリーンカレーがOKなら、トムヤンクンでもいける??

今度やってみようと思う。

このグリーンカレーのお好み焼き「グリーンカレのみ焼き」はちょっとお勧め。

お試しあれ!

| | コメント (0)

2015年9月22日 (火)

2回以上観たくなる映画

今日は夏に戻ったような暑さだった。

でも、蒸し暑いとかではなく、心地良い暑さだった。

ふと見てみると。

この紫色のブツブツはなんだろう?

その隣には、コスモス。

違う色もあった。

秋なんだねぇ・・・

昨日、カラスの親指という映画をGYAOで観た。

観たい!という思いで観たわけではなく、視聴回数が多かった、また、評価も高かったし、もうすぐ終わるのでとりあえず観てみようかな、と思って。

正直、期待していなかった。

だから、じーっと観入るのではなく、ながら観。

動きがそんなにある映画ではなさそうだったので、作業をしながら、セリフを聞くだけ、という感じ。

終盤頃に、自分の作業もほぼ終わり、きちんと観始めた。

ネタバレになるからあまり詳細には書かないけれど、これはもっと真剣に観ておくべき映画だった!と思った。

劇中、色んな伏線があって、それが最後にきちんと回収されている。

え?そういうことだったの?って。

そして、しみじみとする映画だった。

もし、これを観た人は、ここを読んで、改めて観てみるといいでしょう。

あのシーンはこういうことだったのか、と思うだろうし、2回目だと、全く違う観方が出来ると思う。

実際、僕は、飛ばし飛ばしだったけれど、その伏線を回収するために観返したくらい。(笑)

ある演者は大根だけれど、それはそれで「味」とみなせばいいかな?

もう数日で終わってしまうので、興味のある人はすぐに観てみましょう!

2時間40分という長編ではあるけれど、意外と長さを感じない。

そして、僕と同じ気持ちになってください!(笑)

そうそう、今、イギリスでRugby World Cupが開催されているんだよね。

前回はNZ。つい最近開催されたと思うくらい。

日本、歴史的大金星。

あの南アフリカに僅差で勝ってしまった。

いやはやすごすぎ!

てっきり外国人選手ばかりかと思ったら、そうでもなかったようで。

僕はリアルタイムでは観ていなかったので、YouTubeでハイライトの動画を観た。

トライに関しては、物足りないなぁ、という感じ。

All Blacksだと、あっという間に突破してしまいそうなシーンでも、日本の場合はもたついている。

トライはそうだけれど、キッカーはすごいと思った。

彼は本物だ!なんて思っていたら、ネットの記事で、彼のキック力を分析するものがあった。

サッカーで言えば、彼のキック力は世界トップクラスだって。

次の試合は明日。

日本のことだから、あっけなく負けてしまう?!
いつものパターンだ。(笑)

でも、彼にたくさんキックさせれば、悲願の準々決勝進出もあるかもね。

| | コメント (2)

2015年9月21日 (月)

最終回全て良し

朝はそこそこいい天気だったけれど、午後からは曇り。

気温はちょっと高めだったかな。

日の暮れるのが早くなったねぇ。

さて、僕が観ていたドラマ、1つを除いて全て終了。

・まれ(毎日)
・花咲舞(水)
・リスクの神様(水)
・探偵の探偵(木)
・民王(金)
・ナポレオンの村(日)

まれと花咲舞以外は全て視聴率はよろしくなかったようだったけれど、一言で言えば、どのドラマも、最終回は全て良し、だった。

花咲舞とリスクの神様、また話題がダブった。

同じ回ではないけれど、最後の方は、トップの解任劇。
申し合わせたように同じような感じで、面白かった。
こんなの過去になかったのでは?

花咲舞は、半沢直樹のように重苦しくなく、気軽に観られ、安定感があるので、間違いなく続編があるだろうね。

 

リスクの神様は、個人的にはとても面白かったと思っているけれど、最終回はなんか詰め過ぎで展開が早すぎた。

2回に分けてもいいくらいの内容の「重さ」。別のエピソードを削ってでも、出来なかったのかな?

主人公は、ずーーーーーーっと30年前の事件のことを探っていた。

それがあっけない種明かし。

なんか拍子抜け。

もし、2回位に分けていたら、この辺をもっと重く、面白く展開できたのではないだろうか?

このドラマには、「重鎮」的な俳優が一杯出ていて、「重厚感」があった。
その人達が揃っているシーンは、圧巻だった。

 

探偵の探偵は、結果的には面白かった。
前半は過去のことを振り返るシーンが多かったので、お腹いっぱいだったけれど。

最終回の前半30分はなかなかのもの。

ただ、死神役の人は、国営放送の朝ドラにも出ていて、真逆の役なので、同じ時期にそういうのはどうなんだろう?と思う。演技力があるっていうのはわかるけれど。

このドラマ、違う観点で続編が出来たら面白いかもね。

一番「キュン」と来たシーンは、北川景子が死神の声真似をしたところ。

ものすごく真剣なシーンで、それまでドスの利いた声で話をしていたところ、死神の声真似で可愛らしくなり、そのギャップが良かった。

「悔しい?自分のバカさ加減が?」

是非、このシーンだけでも観てほしい!(笑)

似ているとは思っていたけれど、あの二人が兄弟だったとは!(笑)
後付けの設定??

 

民王は、王道的な終わり方。とても気持ちの良い終わり方。

裏切り者だ、と思われた彼は、そうではなかった。

ありがちなパターンだけれど、それはそれでよし。

気になったのが、西田敏行の喋り方。

彼って入れ歯?

滑舌が悪かったのが残念。

民王は、コメディー的要素もあったけれど、例の朝の連ドラとは違い、すごく自然な感じだったのが良かった。
カメラワークを含めたテンポも良かったしね。

それに引き換え、朝の連ドラの方は、完全にずれている...

 

ナポレオンの村は、最後の2回は完全オリジナル。

(アテに出来ない)国との戦い、役人(人の役に立つ仕事をする人)への訴え。

「理想」と主人公の「思い」が一杯詰まった、とてもいい最終回だった。

自分たちで道路を作る、というのは無理のある設定だったけれど、その気持ちを表現するにはああなるのはしかたがないか。

お別れのシーンは、わざとらしさがあったけれど、ドラマだからあれはあれでいいのかな。(笑)

市長の「犯罪以外のことであれば全て責任を持つ。」というセリフ、原作の方では、直属の上長の言葉だった。

トップがこういうことを言ってくれるって、本当にいいよね。

仲間だと思っていた人が「暴走」し、主人公の思いとは違う方向に事が動き出しても、やけにならなかったし、最後にはその人を「許す」という主人公の懐の広さに感服した次第。

こんな役人が本当にいたらいいのにねぇ。(笑)

移住してきた少女役の女の子がいい味出していた。

特番が結構入ったので、全7話ということで短かったのが残念。

 

さて、最後に、朝の連ドラ。

今週で最終週。

この2週間ほどで急に、世界一のパティシエっていう話に転がっていった。

まさか今週で、コンクールで優勝して、それで世界一、チャンチャンっていう流れじゃないだろうね?

そういうのを求めてこのドラマを観始めたんじゃないんだよねぇ。

なんであれ、早く終わってくれ!っていう感じかな。(苦笑)

| | コメント (0)

2015年9月20日 (日)

ひなたぼっこ?

今日もいい秋晴れの日だった。

魚もひなたぼっこ?

遠目から。

手前の方。

こっちはまぁ、普通?

とりあえず、拡大してみた。

魚の表情まで読み取れるくらいの場所にいる。

おお、と思ったのが、上の方。

こんなに密集して!(笑)

拡大してわかった。

種類が違う。

こっちはナマズ?

なんであれ、どちらの魚も気持ちよさそう。

とある場所では、彼岸花。

綺麗な色だった。

明日は祭日。

敬老の日なのか、秋分の日なのかわからん!(笑)

| | コメント (0)

2015年9月19日 (土)

クレーマー?

5連休の初日はいい天気だった。

そんな日なのに、なんか悲しい気持ちになってしまう出来事が。

あるお店で並んで待っていた。

突然僕に、「並んでんの?」と聞いてきた男の人が。

僕の心の中では、へ?何この人、知らない人なのにタメ口??というもの。

返事は、「ええ、並んでいますよ。」と僕は丁寧語で返す。(笑)

敬語を使えとは言わないけれど、せめて丁寧語で聞くべきじゃない?

その人の「目」を見て思った。

なんか感じがよくない。印象が良くない。雰囲気が良くない。

一過性の出会いだし、今後この人と関わるわけではないから別にいいのだけれど。

しばらくして、その人とは別れた。

更にしばらくしてから、罵声が聞こえてきた。

なんだ?と思って、そっちの方を振り向くと、さっきの人が何やらお店の人に文句を言っている。

「なんか俺に文句あるんか!(怒)」とかなんとか。

状況がさっぱり見えないのよ。

だって、別にその人が怒り出すようなことが起こっていたとは思えない。

お店の人たちも、目がテン。

もちろん、他のお客も目がテン。

難癖つけられたお店の人が、その人に向かって、「いいえ、お客様に申し上げたのではなく、そのスタッフに言ったのです。」とか言っている。

どうも、その人の近くにいたスタッフに、別のスタッフが何やら注意をしたらしい。

たまたまそのスタッフの前にいたその人と、注意したスタッフの目が合ったのか、その人は自分に何か言ったと思ったらしい。

何を言ったかわからないけれど、普通に考えたら、お店の人が客に向かって注意することなんて余程なことがないとないだろう。
ましてや、大人しくしていれば。

お店の人は謝ってはいたけれど、怒りが収まらないその人は、更に声を荒げて色々と言っていた。

終いには、返金しろ、と。

言いがかりとはいえ、そういう状況になってしまったら、お店の人も従うしかないだろう。

そのやり取りは見ていなかったけれど、返金されて出て行ったのか、静かになった。

ああいうのをクレーマーって言うんだよね。

あそこまで質の悪いクレーマーは初めて見たわ。

もしかして、たかり屋だったのか?
お店の方は、いくら返金したのだろう?上乗せした?

なんであれ、僕が最初に抱いた印象がそのまま表面化したような出来事で、驚いた次第。

不思議に思うのが、ああいうことをする人って、仕事ではどういう対応をしているのだろう?

基本的に仕事をしていたら、客ではなかったとしても、「相手」はいるわけだからねぇ。

きっと彼と関わっている人たちは、大人しく彼の「いいなり」になっているんだろうな。
そうしないと仕事が進まないだろうからね。

自分自身がどういう立場であれ、何事も、双方気持良くあることが大事だと思う。

客だから偉そうにしていい、というものではない。

それを痛感させられる出来事だった。

話は変わって、最近のお店の方では、ハロウィーンの飾り付け、販売物が増えている。

とあるショッピングストリート。

ここまでやるとは。(笑)

まだ1ヶ月以上も先なんだけれどね。

今の日本は、このハロウィーンを定着させようと一生懸命。

ただの販売上のことなんだけれど、だから余計に、日本でのこのハロウィーンには違和感がある。

| | コメント (0)

2015年9月18日 (金)

話題になったら

いい秋晴れの日だった。

まだ暖かいけれど、そろそろ衣替えかなぁ。

この間、Cookpadで、お好み焼きソースが話題のレシピに掲載された、と書いた。

その後のアクセス数を見てビックリ。

こんなにアクセスされるものなんだね。

その翌日も同じくらいで、1,419回。

普段は100以下なんだけれど、掲載されることの凄さを思い知らされた。

明日から5連休の人も多いのでしょう。

天気はそんなに悪くはなさそうなので、どこかに出掛けますか?

いい連休となりますように!

| | コメント (0)

2015年9月17日 (木)

ほしい時に限って

今日はお昼頃まで雨。

太陽が出ていないと、長袖でもいいかも、という気候。

半袖で寒いわけではないけれど、そろそろ衣替えかなぁ。

あるものが欲しくて、何軒かお店をはしご。

以前、それを見かけたような気がしたけれど、ほしい時に限ってどこにもない!

仕方がないので、ネットで注文することにした。

結果的にはそちらの方が安く上がるのでいい。

今日注文して、明日には到着するようだ。

実店舗を持つ某通販は早い!

本当にとてもいい世の中になった!

関係ないけれど、とあるスーパーマーケットの惣菜売り場を通りかかった時のこと。

弁当が売られていて、何気にそれを見た。

ラベルが目に入り、そこにはちょっと大きめの文字で、「187(だったと思う)」と書かれていた。

僕はその弁当の重さかと思った。

いや、弁当に重さ表示なんてしないだろう、と思って、近寄って見てみると、なんとまぁ、それは弁当の値段だった。

改めて弁当の中身を見てみると、決して貧弱ではないし、量もそれなり。

これで187円なんて、驚き!

ハンバーグ弁当、唐揚げ弁当、他にもいくつかあったと思う。

量だけのことを考えると、2つ買っても、400円ほど。

その弁当がいいかどうかは置いておいて、ファーストフードや某牛丼店で食べるより安い。

こんなのでどれほどの利益が出るの?って思う。

あの量と内容であれば、250円でも買うと思うけれど。

必要以上に安くしていない?(笑)

いやはや、すごい世の中だ。

| | コメント (0)

2015年9月16日 (水)

なんでそんな場所で

今日はお昼頃から雨。

これが秋雨っていうやつか。

9月に入ってから、太陽を見る機会がめっきり減ったねぇ。

車で移動していた。

そこの道は、歩道を舗装中。

よって、片道交互通行になっている。

それにしても、僕の進路方向はやたらと車が詰まっている。

その少し先に信号があるから、それも影響しているとは思うけれど。

僕のいるところから交互通行の場所まで結構距離がある。

よって、はっきりしたことは言えないけれど、なんか動きがおかしい。

片道のところでも詰まってしまっている。

そこを通りかかっている通行人が、やたらとそこを振り返っていた。

なんかあった?

もしかして、事故?

約束の時間が近づいてきていて、このまま流れに身を任せるか、引き返すか、の判断が必要になった。

その通行人は何度も何度も振り返っていたので、怪しいと思っていた時、人がゾロゾロと道路に出てきた。

やはり事故?

そんなところで事故ったら、しばらく通行できないじゃない!

これはまずい、と思って、僕はそこから引き返し、別の道で行くことに。

僕以外にそういう行動をする人がいなかったので、事故ではなかったかもしれないけれど、なんであれ、動かないのは困る。

なんでそんな場所で事故っているの?
前が詰まってしまって、それを見ていなかった人が追突、こういう感じなんだろうな。

約束の時間をほんの数分遅れてしまったけれど、あのままあの流れに乗っていたら、もっと遅れていただろう。

とっさの判断はとても大事だ、と思った次第。

話は変わって、何度も書いていることだけれど、日本の信号システム、どうにかしてほしい!

車通りがほとんどない場所でも、きっかり待たされる。

あれほど無駄な時間はないと思う。

NZであれば、車通りが少なければ、時間を切り上げて信号は変わってくる。

日本の場合は、メインの通りの流れを優先するために、「計算」された信号システムになっている、というのを大昔に何かの記事で読んだことあるけれど、何キロもひたすら走り続けられるわけではないんだから、NZのように、車通りの少ないところは切り上げる、という風にすればいいのに、と思う。

どうせすぐに信号で捕まるんだし。(笑)

僕が思うに、信号が返って渋滞を増やしていると思う。

AKLで停電があった時のこと。

当然、信号も使えない。

その時は、あるルールに則って、ドライバーの判断で交差点を横切る。

その様子をビデオで撮っていた人がいて、信号がない時のほうが、スムースに車が流れていた、という報告をしていた記事を見たことがある。

で、信号が復活すると、そこは渋滞になってしまう。

安全という観点では、信号は必要だけれど、無用な待ち時間をなくす仕組みも必要だと思う。

日本もそうなればいいのに、と車を運転しているといつも思うのである。

| | コメント (0)

2015年9月15日 (火)

いい秋晴れの日だった。

部屋の気温が高くても、窓をしばらく開けていると、すぐに涼しくなる。

いい季節だ。

僕の知っている人が所属している写真グループの写真展があったので行ってきた。

その隣でも、別のグループが写真展をやっていた。

そちらの方で、お、と思う写真が一枚。

姫路城グランドオープンの時の、ブルーインパルスの写真。

「ありきたりな」写真は一杯見てきたけれど、その写真は今まで見てきたものとは一味違っていた。

「ありきたりな」写真は、姫路城全体と、ブルーインパルスが吐き出した噴煙が一緒に写ったもの。

その写真は、天守閣の最上階部分と、ちょうど反転しているブルーインパルス。

とてもいいアングルで捉えられていた。

これは見た瞬間、凄い!と思った。

絶対のそこに来る、というのがわかっていないと撮影できないからね。

その撮影は、ある意味、「賭け」だったのでは?なんて思った。

いい写真を見られてよかった。

姫路城のグランドオープンから約半年。

随分昔のような気がする。

せっかくなので、姫路城。

ポッカリ浮かんだ雲が良かった。

ふと太陽方面を見ると、地○雲?と思うようなものが。

太陽のちょうど下にある。左上から右下の縦長の雲。

これを撮影したかっただけなんだけれど、家に帰って見てみると、なんと、暈もあったようだ。

| | コメント (0)

2015年9月14日 (月)

今更ながら、コロコロ

すっかり秋、と言ってもいいかな。

日中は暖かい、気持ち暑いけれど、夜になると冷える。

風が吹き込んで気持ち良いけれど、寒いなぁ、と感じるのである。

少し前、いや、随分前、粉ものをこぼしてしまった。

夜だったので、掃除機を掛けるのはよくないなぁ、と思った。

さて、どうしよう、と思った時、あ、コロコロがあるわ、と思って、それを使って粉もの回収完了!

ついでに、付近をコロコロしてみた。

ビックリ。

え?こんなにゴミってあるの?って思うくらい。

別の日に、じゃぁ、掃除機を掛けた後はどうなのだろう?と思って、コロコロしてみた。

更にビックリ。

掃除機を掛けた後でも、こんなに...

掃除機の意味ってあるの?なんて思うくらい。(笑)

コロコロって凄いんだなぁ、とこの時思った。

それ以降、掃除機を掛けた後でも、コロコロをするようにしている。

絨毯でのコロコロの威力はずば抜けていると思う。

お子さんのいる家庭だと、より威力を発揮するのではないだろうか?

今のご時世、百均でも売っているので、騙されたと思って、コロコロを使ってみてくださいな。

その威力に、僕のように驚くことでしょう!

今更ながら、コロコロの凄さを知ったのである。

| | コメント (0)

2015年9月13日 (日)

話題の

いい秋晴れの一日だった。

早くも、と言っていいのか、稲刈りをしている人たちがいた。

場所によってはまだまだ青いんだけれど、そこは十分成長したのだろうか?

それとも、天気のいい内に、ということなのかな?

ということで、実りの秋に突入ですな。

昨日、僕が出しているレシピが「話題のレシピ」に掲載された。

上段の左から2番目。

僕がNZでフラットを始めてすぐの時に、フラットメイトから教えてもらったもの。

海外生活をすると困るのが、ソース類。

日本のソースを買うと、結構いい値段。

現地の材料で作る、お好み焼きのソースの作り方。

僕のオリジナルではないけれど、海外生活者にお役に立っているようで嬉しい。

| | コメント (0)

2015年9月12日 (土)

NZを代表する映画

今日は曇り空。

もう暑くならないのかな?

過ごしやすいこういう気候がずーっと続けばいいのに。

その気候というか、季節感を感じられる映画が、GYAOで公開されている。

リトル・フォレスト 四季

これは、「リトル・フォレスト夏・秋」「リトル・フォレスト冬・春」を半分に圧縮したバージョン。

僕はオリジナルの方を観たから、こっちの方は観ていないけれど、短くなっている分、色々と端折られているのだろう。

でも、初めての人にはいいのかな?短いから。

これ、すごくいい。大好きな映画になった。

季節感を感じられるし、普通の料理番組ではない、身土不二的な料理番組と言っていい。

観ていると、作って食べたくなる!
お腹の空いている時に観てはいけない!!(笑)

この映画では今風ではあるけれど、昔の人はこうやって生活していたんだな、自然と共存していたんだな、というのがよくわかる。

期間限定公開なので、時間のある人は是非、観てほしい!

そして、オリジナルの方も観てほしい。

もう一本紹介。

NZを代表する映画といえば、今となっては、「ロード・オブ・ザ・リングス」。

他には、「クジラの島の少女(Whale Rider)」「世界最速のインディアン(The World's Fastest Indian」とか。

後者は、実話に基づいて作られていて、とてもいい映画!

他には、NZの映画とは言えないけれど、撮影地として使われたということで、ナルニヤとか、トム・クルーズの「The Last Samurai」なんかがある。

こういう映画群が出てくる前、つまり、2000年以前のNZを代表する映画といえば、「ピアノ・レッスン(The Piano)」。

観よう観ようと思いながら、ずーっと観る機会がなかった。

聞いていた話では、ドロドロしているというか、暗い映画というもの。

そんなんだったら、何が何でも観よう!という気にはなれない。(苦笑)

でも、嬉しいことに、同じくGYAOで、現在公開中!

ピアノ・レッスン

念願叶って、ようやく観られたのである。

うん、聞いていた通りのドロドロさだった。(笑)

そんな中、子役がとてもかわいらしく、それが唯一の救いだったかな。(笑)

時代背景は、1800年中頃。つまり、移民時代。

その頃の生活の様子が少しわかる。

今の時代は、道路は舗装されているから、歩きやすいけれど、その頃にはそんなものはない。

映画の中では、人の歩くところはドロドロだったけれど、昔の人はそんなところを歩いて大変だったんだなぁ、と思った。

いい服来ていても、すぐに汚れてしまう。

あと、大して娯楽もないから、やることもそんなになかったんだろうなぁ。

だから、ああいう展開になる?(笑)

どういう展開かは、観てのお楽しみに。

NZの移民時代、ドロドロした人間関係を観たい人は、是非!

映画の中で出てくるビーチは、Auckland西側にあるKarekare Beach。

2度ほど行ったことあるかな。
ちょっと不便な場所なので、気軽に行こうという気にはなれない場所だ。

関係ないけれど、このGYAO、倍速で観られればいいんだけれど...

| | コメント (0)

2015年9月11日 (金)

ほぼ元通り

今日はとてもいい秋晴れだった。

日の暮れるのが早くなり、夏は終わったんだなぁ、と思わされる今日この頃。

夜は窓を開けて寝られなくなったし。

過ごす、という点では、早く夏が終わってくれてよかった。

右手の爪、ようやく、ほぼ元通り。

親指と薬指はもうちょっとだけれど、人差し指と中指はほぼ元通り。

去年もそうだったけれど、元に戻るのに、約10ヶ月かかる。

あの爪の状態だと、指先を使っての作業ができないので困るのである。

意外と爪に頼って作業している、というのがよくわかる。

今年は、あのひどいしもやけにならないように、今からあることをしているところ。

それをいつまで続けられるかわからないけれど、できるだけ頑張って続けたいと思っている。

| | コメント (0)

2015年9月10日 (木)

秋の空?

こっち方面は、台風の影響はほとんどなかったけれど、東の方は大変だったみたいね。

台風一過というほどではないけれど、日中はとてもいい天気で、空の色も綺麗だった。

秋の空?

それとも、残暑の空?

雲がとても綺麗だった。

この立派な入道雲!

久しぶりに輝く太陽、降り注ぐと言うに相応しい太陽光だった。

日照時間の短い北欧では、ウツの人が多いそうだけれど、太陽光を浴びていないとそうなるのもよくわかるこの1,2週間だった。

ああいう天気だと、気分も沈みがちになる。

過剰に日焼けのことを気にするのは問題だけれど、適度に太陽光に当たると、心身ともに健康になれる!

1日最低でも30分は浴びよう!

| | コメント (2)

2015年9月 9日 (水)

使い途はないものか

台風の影響はほとんどなし。

途中で低気圧に変わったみたいだ。

雨も思ったほど降らなかった。

昨日、使えなくなったフラッシュ、原始的なやり方、叩く、をやっても復活しない。

分解でもしてみようかな...

なんて思うけれど、そういう技術はないし。

他に使い途はないのだろうか?

古いフラッシュ、あれは通常の僕の撮影スタイルでは、メインとして使えない。

使っているツールが使えないんだよね。

やはりもう一台新しいのを買った方が良さそう。

しばらく様子見。

どうでもいい話。

この間、とあるSoftbankのお店で、ロボットPepperを見かけた。

近くに寄りたかったけれど、子どもが群がっていたので、無理!(笑)

ああいうのには子どもが反応するよね。

ネットのニュースでは、酔っ払ったおっさんが、店員の態度が気に入らない、ということで、Pepperを蹴ったそうだ。

八つ当たりにされたPepperは気の毒ね。

| | コメント (0)

2015年9月 8日 (火)

チーン

今日は曇り空。所により雨。

今年の台風はペアで動いているのね。

今回のは、17号と18号。

ドラゴンボールやん!(笑)

手持ちのフラッシュがお亡くなりになった・・・

僕の持ち物がこんなに壊れるなんて!

この1ヶ月で3個。復活したものも含めて。

本来、僕はそういうのを壊さない人間なのに...

逆にこれが僕の身代わりで、これから流れがいい方向に向かう、という兆しであればいいのだけれど。

でも、今回のは寿命かな。

それなりの年数を使ったし。

撮影していて、急に光らなくなった。

電池切れではない。

接触不良かな?と思って、色々とやったけれどダメ。

幸いなことに、この日の朝、予備を持って行っておこうと思って、もう1台持って行っていた。

それがあって助かった!
(最悪、なくてもなんとかなる撮影だったけれど。)

今日の朝の直感は冴えていたな。(笑)

撮影が終わって、色々とやってみたけれど、ダメ。

チーン・・・

今の手持ちのフラッシュはこういう感じ。

最新-持っていない
一世代前-1台あり
ニ世代前-1台あり、今回壊れたもの
三世代前-2台あり

最近、一世代前のものはあまり使用していなかった。
二世代前のものをどういう訳か、多用していた。

そっちの方が扱いやすいし、ちょっとだけ軽かったんだよね。

これ、修理に出すと、間違いなく、新しく買った方がお得感があるだろう。

ただ、最新のもの買うのはちょっとためらう。

一世代前のものはまだまだ使えるからね。

三世代前の2台のうち1台は、新品同様。
ほとんど使わないで、新しいの(その当時の最新で、今回壊れたもの)を買った。

三世代前のものはチャージが遅いけれど、当面、これを予備機にしようと思う。

ネットを見ていると、最近は、お隣りの国が作る互換のフラッシュもある。

1万円前後で売られていて、買ってすぐ壊れるかどうかは運次第のようだけれど、最悪そういうのでもいいかな、と思っている。

怖いもの見たさ?!(笑)

今のご時世、選択肢があるっていうのは有り難い。

| | コメント (0)

2015年9月 7日 (月)

いよいよ佳境

今日は曇り空。

すっかり気温も落ちていまい、肌寒さを感じるくらい。

もういらないかな、と思って、扇風機を綺麗にしてしまおうと思っている。

そういえば、子猫はどうなったのだろう?

あれから鳴き声が聞こえない。

居場所を自分たちで変えたのだろうか?

今期は結構な数のドラマを観ている。

・まれ(月~土)
・花咲舞(水)
・リスクの神様(水)
・探偵の探偵(木)
・民王(金)
・ナポレオンの村(日)

こんなに観るつもりはなかったのに、気になって録画していたら、どれも面白くて観続けている。但し、上記の中の1つにはイヤイヤ(?)観続けている。(苦笑)

花咲舞と民王は、今とても注目されている、池井戸潤の作品。

毛色は違っている。

花咲舞は、正義感で銀行の様々な問題を解決。

民王は、コメディー的な要素もあるけれど、父親(総理大臣)と息子(大学生)の身体が入れ替わるという、ちょっぴりSF的な作品。

なんで民王は夜中なの?と思う。
ゴールデンで放送されてもいいレベル、面白さ。

リスクの神様と探偵の探偵はシリアス系。

リスクの神様は硬派な俳優陣がいい。

探偵の探偵の主人公、北川景子は、ああいう凛々しい役がピッタリだと思う。
Heroよりもこっちの方が合っていると思う。

ナポレオンの村は、この間書いたとおりで、観ていて気持ちの良くなるドラマ。
あと、ゼロ日交際で結婚して話題になった、あの俳優も出ている。
彼は協力的な登場人物として描かれてはいるけれど、実は「腹黒い」のか?!

花咲舞とリスクの神様は、同じ曜日の同じ時間帯。

面白い現象があった。

ある時、どちらも同じテーマ「情報漏洩」の時があった。
お互い申し合わせていたの?と思うような、出来過ぎたくらいの同じテーマだった。

この間のリスクの神様は、今ちょっと「旬」な、粉飾決済がテーマだった。

探偵の探偵とリスクの神様は、過去の出来事がキーワードなのだけれど、毎回毎回それを思い出すシーンがあり、そのしつこさはちょっとな、と思った。
きっと、途中から観始めた人たちにもわかるように、という配慮なんだろうけれど。

この中での問題は、まれ。

花子とアンに出ていた女優が主人公ということで、また、世界一のパティシエを目指すということで興味を持って、観始めた。

随分前に書いたBlogでは、マッサンで観るのを止めようとは書いたけれど、こういう理由で観続けている次第。(笑)

マッサンや天皇の料理番のようなストーリー展開までは望んでいなかったけれど、観ている感じでは、世界一とは程遠いストーリー展開。

残り3週間ほどで強引に世界一に持っていくのだろうか?

あと、観ていてなんか居心地が悪い時がある。

シリアスなシーンなのに、コメディー的な雰囲気を出そうとしてか、誰かが茶化すようなのがよくある。

シリアルならシリアスのままでいいのに、なんでそういうことするのか、その脚本/演出に疑問。

一番イライラッとしたのが、ものまね芸人がちょっとの間出ていて、シリアスなシーンなのに、ものまねをしていたこと。
そんなの全く必要ないのに、と思ったのは僕だけではないはず。
もちろん、その芸人に罪はない。だって、指示通りにやっているだけだから。

ごちそうさんからマッサンまではとてもいい感じだっただけに(全てがいいとは思わなかったけれど)、今回のはとても残念な展開だと思う。

ここまで観続けたから、最終階まで観届けるけれど、もう次の朝ドラは観ないぞ!(笑)

現時点での僕にとっての面白さ順。

・花咲舞(水)
・民王(金)
・探偵の探偵(木)
・ナポレオンの村(日)
・リスクの神様(水)
・まれ(月~土)

とりあえず並べるとこういう感じだけれど、花咲舞と民王は同じくらい。

探偵の探偵からリスクの神様までも同じくらい。

まれだけ別格。(笑)

ちなみに、この中で視聴率がいいのは、まれがダントツ。
次に花咲舞。
他のものもいいドラマなのに、あまり視聴率は良くないようだ。

どれも佳境に入ってきて、どういう風に終わるのか楽しみである。

特に、探偵の探偵とリスクの神様の終わり方には注目したい!

| | コメント (0)

2015年9月 6日 (日)

ひんやり

今日は雨が降ったり止んだり。

しかもひんやりとしていた。

外にいると、半袖ではちょっと寒さを感じるくらい。

この気候の変わり様は驚き。

昨日、豆乳メーカーでの豆乳の作り方を考えなおした。

大豆をふやかしたらどうだろう?と。

いや、以前、市販の煮豆を使ってやったことがある。

薄くて飲めたものではなかった。(苦笑)

でも、ネットで調べてみると、僕と同じ豆乳メーカーでなくても、一晩水に浸しておいてから作るといい、と書かれていた。

そうか、だったら一度やってみよう。

ということで、いつもどおりの量の乾燥大豆を一晩水に浸しておいた。

朝見てみると、結構ふやけていて、容量が増えていた。

僕の豆乳メーカーのマニュアルを改めて見てみると、水に浸しておくと、倍の量になる、と書かれいてた。

確かに、倍以上の量になっている。

これは楽しみ。

豆乳の作成モードは、いつもの乾燥大豆ボタンではなく、湿大豆ボタン。

出来上がって、こした液体を見てみると、なんかいつもと違う。

市販の豆乳ほどの色ではないけれど、いつもとは違って、「スカスカ」感がない。

飲んでみると、濃度はそれほどでもなかったけれど、いつもとは違う食感。

しっとり感、繊細感がある。

乾燥大豆の時は、なんて言えばいいのか、水に粉を溶かしたような感じだったんだよね。

でも、これは液体と一体化しているような感じ。

これが正しい作り方なんだ、と納得した次第。

以前、煮豆でやった時、どうしてまずかったのかもわかった。

分量が全く違っていた。

乾燥大豆の時と同じ、カップ1杯分しか入れなかったからだ。

煮豆の場合は、ふやかした大豆と同じで、カップ2~3杯でいいかも。

この豆乳で、普段やっている飲み方を試してみよう。

よかったよかった。

そうそう、あん食パン、今日見てみたら、売れ残りは40%割引だった。

普通の食パンと抹茶入りあん食パンが残っていた。

すぐに全部食べないんだったら、冷凍しておけば賞味期限なんてあまり関係ないので、売れ残りでもいいかもね。

但し、ほしいものが残っているかどうかはわからないけれど。

| | コメント (0)

2015年9月 5日 (土)

神戸のパンを姫路で食す

お昼過ぎくらいまでは太陽が出ていたけれど、それからは曇り。

明日はまた雨が降るようだ。

少し前に気付いた。

ボンマルシェという、姫路のローカルスーパーマーケットに、週1回だけ販売される食パンがあるというのを。

毎週金曜日の午後に販売される。

その食パンは、わざわざ神戸から届けられる。

神戸のパンを姫路で食べられるのである!
わざわざ神戸まで行かなくていい。

そのパンの外側にある写真を見てみると、お、僕が最近食べたいなぁ、と思っていたもののようだ。

ただ、値段が値段だっただけに、買うのはためらっていた。

でも、昨日、思い切って買ってみた。

13時前に到着した時には、まだ一杯あった。

それがこれ。

なんでも、神戸では有名なトミーズというお店のあん食パン。

あんというのは、あんこ。

あんこが食パンの中に入っているのである。

値段は、なんと、650円(税込み)!

ためらっていた、というのはわかってもらえるでしょう。(苦笑)

これの重量を聞くと更に驚くと思う。

880g!

なんともド級の重さの食パンである。

さすがにこれを一気には食べられないので(糖分を考えると恐ろしい・・・)、四等分にして、少しずつ食べることに。

四等分にしても、1つあたり約5cm幅。一食分としては十分だと思う。

ここしばらく市販の食パンなんて買っていなかった。

今となっては、パンを作る時は、全て手作り。

お店で売られているような「美味しさ」はないけれど、自分なりに色々と工夫して作っている。

切り分けしていて、失敗した!と思った。

理由は、これ、食パンで、デニッシュパンではなかった!

上記の写真を見ると、デニッシュぽく見えたから。

デニッシュならこの値段であれば妥当かな、と思って買ったのである。

まぁ、それは自分の勘違いなので仕方がない。

せっかくなので、買ってすぐに焼いてみた。

ちなみに、買った時、袋の中にはうっすらと水滴がついていた。

あんこは、生地の中に練りこまれている。

この1枚だけでもズッシリとしている。

食べてみる。

美味しい!
さすが市販の食パンだ。(笑)

本当に久しぶりに家で市販の白パンを食べるな。
(カフェのモーニングでは何度か食べている。)

あんこ好きにはたまらないのではないだろうか?

名古屋の小倉あんトーストを思い出した。

で、お店の人には申し訳ないけれど、これだと、あんこを食パンの上に乗っけてもそれはそれでいいような気がする。

そうすれば、もう少し安くあんこ食パンを家で食べられる。

この650円(税込み)という値段は、「技術料」かな、と思う。

さすがに家でこういう食パンは作れないからねぇ。

できたら、これをデニッシュ生地で食べてみたいものだ。

他には、これに抹茶が入ったものや、ミルクバターたっぷりのハイミルク食というのもある。

ここを見ると、デニッシュ食パンもある。

お店にあったっけ?

今度確認してみよう。

| | コメント (0)

2015年9月 4日 (金)

濃さが違う

今日は久しぶりに太陽を見た!という感じの日だった。

気温もそんなに高くならず、部屋の中に風が吹き込むという、とても過ごしやすい夏日だった。

最近ハマっているのが、豆乳グラタン。それは以前書いた。

少し前に、豆乳メーカーで豆乳を作ったので、それで作ってみた。

出来上がったのを見て、うーん、薄い?と思ったら、案の定、薄めの味だった。

やはり市販の豆乳と、家で作る豆乳メーカーの豆乳では濃度が違うんだよね。

濃ければ、本当に美味しい豆乳グラタンになる。

この豆乳メーカーを買った頃、水の量を減らしたり、大豆の量を増やしたりと色々とやったけれど、どうやっても濃厚な豆乳はできなかった。

普通に飲む分にはいいんだけれどね。

コストパフォーマンスを考えると、豆乳メーカーで作るのが一番なんだけれど、市販のものも時々買って、適材適所的に使うしかないんだなぁ、と改めて思ったのである。

| | コメント (0)

2015年9月 3日 (木)

原作を読む その2

雨は降ったり止んだり。

こんな夏って珍しいね。

でも、夜は過ごしやすいし、寝やすくなって嬉しい。

今期、結構な数のドラマを観ている。

視聴率はイマイチのものが多いようだけれど、どのドラマも内容的にはなかなかいいと思う。

その内の一つ、「ナポレオンの村」は気分の良くなるドラマ!

ありがちだけれど、最後にはよかったね、という感じで終わる。

このドラマ、実話にインスパイアされて作られたのだそう。

その元になったも本が、「ローマ法王に米を食べさせた男/高野誠鮮(講談社)」。

これは小説ではなく、実話に基づいて、その人の言葉で何をやったか、が綴られている。

大げさではなく、ドラマで描かれているようなことが本当に実現している。

ドラマでは違う形になっているけれど、そのままドラマにしてもいいくらいの内容だった。(笑)

一公務員が寂れてしまった集落をそこまで盛り上げられるなんてすごいことだ、と思って、興味を持ってこの原作を読んだ。

ただ、一つだけ。

この人、根っからの公務員ではなかった。

しばらくの間、放送業界で、放送作家として活動されていたとのこと。

なーんだ、道理で、と思ったのである。

こう言うと申し訳ないけれど、根っからの公務員だったら、ここまでの発想、行動力はないと思う。

なんであれ、落ちぶれた集落をそこまで盛り上げたのだから、あっぱれだと思う。

世の中にはすごい人が一杯いるね。

| | コメント (0)

2015年9月 2日 (水)

NZの国旗

日中は薄曇り。

午後過ぎてから曇り。

気持ちのいい晴れの空は見えなかったけれど、気候的にはこのくらいがいいなぁ。

このくらいの気候が日本の夏だったらいいのに。

空を見上げると・・・

暈!

この間は、この暈を撮影しようとして、デジカメの異常に気付いた。

さて、今日は撮影できるか?!

と、思いながら、電源を入れる。

が、ズームが動く機械音が聞こえない!

あぁ、またか・・・

と思ったけれど、よく見てみると、撮影モードではなく、写真閲覧モードになっていた。

それを撮影モードにし、もう一度電源を入れると。

無事、こうやって撮影出来た!

よかった。(笑)

別の場所で。

上のも下のも、灰色の濃い雲が印象的。

さて、NZではとうとう国旗が変わるらしい。

以前、そういうニュースを読んでいたけれど、本当に変わるんだ。

現時点では、候補が4つまで絞りこまれたとのこと。

これが、現在のもの。

右の南十字星に、もうひとつ星があるのが、AUの国旗。

これが最終候補とのこと。

どれもNZらしいものだと思う。

シンボル、色使い。

2番目と4番目はデザインが同じで、色が違う。

1番目と3番目は、国旗としては物足りないかな。
何かのイメージフラッグとしてはいいとは思うけれど。

よって、僕的には2番目と4番目。

色使い、目立ち方を考えると、2番目!
赤が入るといい感じ。

でも、NZの人って、黒が好きだし、黒がシンボルカラーだと思っているから、4番目が選ばれるのかもね。

先進国がこうやって、民主的に国旗を決めるなんて、珍しいのでは?

僕たちは歴史的瞬間を見ている、ということだと思う。

残念なのは、僕がそのNZにいないこと・・・

なんであれ、どういう結果になるのか楽しみにしております!

| | コメント (0)

2015年9月 1日 (火)

やっぱりダメ?

変な天気。

雨が降ったり止んだり。風が強くなったり。

なんかNZの天気を思い出した。

気温はそれほど高くはないけれど、ムシッとしている。

デジカメ、やっぱりダメかもしれない。

起動したら、またエラー。

でも、頑張って(笑)、何度かガンガンと打ち付けて電源を入れると、とりあえず動き出す。

一度動くと、それなりに安定して起動。

接触不良なのは間違いない。

念のため、以前使っていたものをスタンバイ。

いつまでこのごまかしで動かすことが出来るのだろう?

やはり新しいものを買うべきなのだろうか?

同じメーカーで、ほぼ同じスペックのものは、2万円前後で購入可能。

でも、重くなっているんだよね。液晶部分が可動式になったから。
今スタンバイしているものと同じくらいの重さなんだけれど。

この際だから、思い切って今まで使ったことないメーカーを使ってみる?

今まで使ったことのあるメーカーは、一番最初がカシオ。200万画素のものだった。
その後は、デジ一眼はCanon、コンデジはPanasonic。

そんなに浮気していないので、使ったことのないメーカーの選択肢は結構あるね。(笑)

とりあえず、僕のコンデジに求める条件。

・マニュアルモード(F値とシャッタースピードを個別に設定)があること
・広角24mmから
・望遠は、最低200mm。出来れば今と同じように400mm以上
・1,000万画素以上

こういう感じか。

最初の2つは絶対かな。

3つ目は、値段と釣り合えば、また、その他の機能がものすごくよくなるのであれば、100mmちょっとでもOK。

4つ目は、今のご時世のコンデジであれば、そうなっている。

ただ、2万円ちょっと出すのであれば、もう少し追加して、ずーっと前から欲しかった、Canonのミラーレスを買いたいなぁ、なんて思うし。
最新のものはいらない。一つ前の型落ち。

出来れば、今のコンデジをそのまま使いたいけれど、それでも、こういうことを考えている時が一番楽しいのかもしれない。(笑)

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »