« 雲 | トップページ | ほしい時に限って »

2015年9月16日 (水)

なんでそんな場所で

今日はお昼頃から雨。

これが秋雨っていうやつか。

9月に入ってから、太陽を見る機会がめっきり減ったねぇ。

車で移動していた。

そこの道は、歩道を舗装中。

よって、片道交互通行になっている。

それにしても、僕の進路方向はやたらと車が詰まっている。

その少し先に信号があるから、それも影響しているとは思うけれど。

僕のいるところから交互通行の場所まで結構距離がある。

よって、はっきりしたことは言えないけれど、なんか動きがおかしい。

片道のところでも詰まってしまっている。

そこを通りかかっている通行人が、やたらとそこを振り返っていた。

なんかあった?

もしかして、事故?

約束の時間が近づいてきていて、このまま流れに身を任せるか、引き返すか、の判断が必要になった。

その通行人は何度も何度も振り返っていたので、怪しいと思っていた時、人がゾロゾロと道路に出てきた。

やはり事故?

そんなところで事故ったら、しばらく通行できないじゃない!

これはまずい、と思って、僕はそこから引き返し、別の道で行くことに。

僕以外にそういう行動をする人がいなかったので、事故ではなかったかもしれないけれど、なんであれ、動かないのは困る。

なんでそんな場所で事故っているの?
前が詰まってしまって、それを見ていなかった人が追突、こういう感じなんだろうな。

約束の時間をほんの数分遅れてしまったけれど、あのままあの流れに乗っていたら、もっと遅れていただろう。

とっさの判断はとても大事だ、と思った次第。

話は変わって、何度も書いていることだけれど、日本の信号システム、どうにかしてほしい!

車通りがほとんどない場所でも、きっかり待たされる。

あれほど無駄な時間はないと思う。

NZであれば、車通りが少なければ、時間を切り上げて信号は変わってくる。

日本の場合は、メインの通りの流れを優先するために、「計算」された信号システムになっている、というのを大昔に何かの記事で読んだことあるけれど、何キロもひたすら走り続けられるわけではないんだから、NZのように、車通りの少ないところは切り上げる、という風にすればいいのに、と思う。

どうせすぐに信号で捕まるんだし。(笑)

僕が思うに、信号が返って渋滞を増やしていると思う。

AKLで停電があった時のこと。

当然、信号も使えない。

その時は、あるルールに則って、ドライバーの判断で交差点を横切る。

その様子をビデオで撮っていた人がいて、信号がない時のほうが、スムースに車が流れていた、という報告をしていた記事を見たことがある。

で、信号が復活すると、そこは渋滞になってしまう。

安全という観点では、信号は必要だけれど、無用な待ち時間をなくす仕組みも必要だと思う。

日本もそうなればいいのに、と車を運転しているといつも思うのである。

|

« 雲 | トップページ | ほしい時に限って »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雲 | トップページ | ほしい時に限って »