« 神戸のパンを姫路で食す | トップページ | いよいよ佳境 »

2015年9月 6日 (日)

ひんやり

今日は雨が降ったり止んだり。

しかもひんやりとしていた。

外にいると、半袖ではちょっと寒さを感じるくらい。

この気候の変わり様は驚き。

昨日、豆乳メーカーでの豆乳の作り方を考えなおした。

大豆をふやかしたらどうだろう?と。

いや、以前、市販の煮豆を使ってやったことがある。

薄くて飲めたものではなかった。(苦笑)

でも、ネットで調べてみると、僕と同じ豆乳メーカーでなくても、一晩水に浸しておいてから作るといい、と書かれていた。

そうか、だったら一度やってみよう。

ということで、いつもどおりの量の乾燥大豆を一晩水に浸しておいた。

朝見てみると、結構ふやけていて、容量が増えていた。

僕の豆乳メーカーのマニュアルを改めて見てみると、水に浸しておくと、倍の量になる、と書かれいてた。

確かに、倍以上の量になっている。

これは楽しみ。

豆乳の作成モードは、いつもの乾燥大豆ボタンではなく、湿大豆ボタン。

出来上がって、こした液体を見てみると、なんかいつもと違う。

市販の豆乳ほどの色ではないけれど、いつもとは違って、「スカスカ」感がない。

飲んでみると、濃度はそれほどでもなかったけれど、いつもとは違う食感。

しっとり感、繊細感がある。

乾燥大豆の時は、なんて言えばいいのか、水に粉を溶かしたような感じだったんだよね。

でも、これは液体と一体化しているような感じ。

これが正しい作り方なんだ、と納得した次第。

以前、煮豆でやった時、どうしてまずかったのかもわかった。

分量が全く違っていた。

乾燥大豆の時と同じ、カップ1杯分しか入れなかったからだ。

煮豆の場合は、ふやかした大豆と同じで、カップ2~3杯でいいかも。

この豆乳で、普段やっている飲み方を試してみよう。

よかったよかった。

そうそう、あん食パン、今日見てみたら、売れ残りは40%割引だった。

普通の食パンと抹茶入りあん食パンが残っていた。

すぐに全部食べないんだったら、冷凍しておけば賞味期限なんてあまり関係ないので、売れ残りでもいいかもね。

但し、ほしいものが残っているかどうかはわからないけれど。

|

« 神戸のパンを姫路で食す | トップページ | いよいよ佳境 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神戸のパンを姫路で食す | トップページ | いよいよ佳境 »