« 本当に日本人って・・・ | トップページ | 一石三鳥を狙って »

2015年10月22日 (木)

一石二鳥を狙って

天気予報の嘘つき!!(泣)

これについては後述。

今日は、一石二鳥を狙った撮影をしてきた。

それは・・・

今日の未明にかけて、オリオン座流星群がピークを迎えるとか。

そうか、だったら、あれと一緒に撮影出来たらいいのでは?ということで、そこに出掛けることに。

出発は夜中。

徹夜は辛いので、早めに布団に入ったけれど、早すぎて寝付けず。(苦笑)

ゴロゴロしていたら、いつの間にか寝ていたようで、2時間位は寝られた。

ちょっとボーッとした頭で出掛ける。

一般の人にとっては、まだ活動時間。

でも、僕は寝起き。

変な感じ。(笑)

信号にもそんなにつかまることなく、現場には2時間弱で到着。
ほとんど停止することなかったなぁ。

あと、南下するトラックはそれなりにあったけれど、僕と同じ方向の北上ではあまりトラックはなかった。
以前はちょこちょこ見たのにね。

途中でタヌキを見た。

どうもそのタヌキ、僕の車のヘッドライトに面食らったのか、パニクっていて、その場でクルクル回っていた。(笑)

現場に到着。

空を見上げる。

星が一杯見えていて綺麗!

やはりここの星空はいいねぇ。

で、現場には、先着の方が3名。

空いている場所を確認し、そこでセットアップ。

さて、それはどこか?

わかります?

って、誰もわからないよね。(笑)

ここは、天空の城竹田城を撮影できる一つのポイント、藤和峠。

以前から来たい場所だった。
去年と一昨年は立雲峡を優先した。

この角度であれば、オリオン座流星群を撮影できるのでは?と思った。
いい機会だから、藤和峠にしたのである。

実際にそれは当たり!

右上にオリオン座が見える。
左下に竹田城址。

今回のオリオン座流星群は、別にオリオン座の方角でなくてもいいらしい。

天体を全体的に見渡していれば、どこかで見られるとか?

今回は、月もないので、絶好の撮影条件。

が、4時頃から雲が出始めた。(泣)

オリオン座は、右上に上がった。
写真左側、明るく光っているのが金星、その下が木星。
木星ってこんなに明るくなるんだ。
(現場では、火星かと思っていた。)

画面真ん中ちょい右上がシリウス。
真ん中のちょい真上がプロキオン。

星空が撮影出来なくなってしまった・・・

今回は2台体制。

1台は、自分がシャッターを切るもの。
もう1台は、いつものように放ったらかしのタイムラプス撮影。

動きがそんなにないので、自分がシャッターを切る方でも、タイムラプス撮影的にしていた。

で、そういう撮影をしていて、流星群の成果は?

ゼロ!!(苦笑泣)

僕の目では、4,5個見た。すごく綺麗な筋のものを1個見た。

でも、その見たタイミングではシャッターが切られていなかった。(泣)

僕が見ずに、他の人が見たのを合わせれば、10個ちょっと?

思っていた以上に数が少なかった。

もっと見られると期待していたのに。

残念な結果であった。

ここで、しばらく一緒になった人たち紹介。

写真を撮っている人が、大阪と京都からそれぞれいらした方。
大阪の方は何かと星空を撮影している人で、北海道が好きなのだそうだ(なんと車でフェリーを使って行くとのこと)。
話を聞いていると、北海道だけではなく、あちこち行かれている。
京都の方は近畿圏をベースにあちこち行って撮影されている。

その他に、撮影ではなく、大阪から母娘でこの竹田城址の雲海を見に来た人たち。

この人達と、喋りながら撮影。

いい雰囲気でよかった!

時々、鹿の鳴き声が聞こえた。

星空は撮影出来なくなったので、切り替えて、竹田城址を。

右上に雲が背後に掛かっているのが竹田城址。

人が登り始めたようで、ライトの明かりが。

ここには写っていないけれど、もう少し右上に、なんと、立雲峡の登上者のライトの明かりも見えた。

ちょっとビックリ。

光一点。

左側の様子。

雲海という感じではなく、ガスに近い。

夜明け。

これで太陽が差し込むか、せめて雲が染まればドラマチックな写真になったのに...

でも、この墨絵的風景、シルエットはいい感じ。

このくらいの時間になると、人が集まり始め、かなり賑やかになった。

地元の人達もいて、今日はどうだ、ああだ、という話をされていた。

雲のライン、山のライン。

時々、こうやって少し雲が現れる。

明け方、もっと冷えるかと思ったら、逆に暖かくなった。

そして、なんとまぁ、雨が降り始めたのである。

天気予報と違うじゃない!!

予報では晴れマーク。

これは、その場にいた人たちもそれを期待してここに来た。

しばらく粘ったけれど、残念ながら、好転しなかった。

一石二鳥を狙ったのだけれど、二兎を追うもの一兎も得ず、という変な欲を出したものではなかったのに、結果、何も得られず...
(もちろん、全くダメ、という訳ではない。)

でも、よくよく考えたら、今回の撮影は、一石二鳥ではなく、一石三鳥だった。

それは、明日に続く!

ネムネムだ。今日はぐっすり寝られそう。

今日、雨が降ったから、明日はいい条件になるかな?と思って天気予報を見てみると、日の出ころは曇りマーク。

残念。

|

« 本当に日本人って・・・ | トップページ | 一石三鳥を狙って »

日本写真 他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本当に日本人って・・・ | トップページ | 一石三鳥を狙って »