« 水切り | トップページ | あちこちで祭り »

2015年10月10日 (土)

関西珈琲紀行 大和のこもれび

せっかくのお祭り週末なのに、曇り空。

残念。

この間話題にした、関西珈琲紀行、買ってみた。

4杯入りで、225円。

何を買ったか?

奈良は僕の好きな場所だし、風味の特徴を見て、これにした。

奈良がなぜこういう感じなのかは僕にはわからないけれど、奈良が一番星が多かった。

「濃厚なコクと苦味のある味わい」が、パッケージに書かれている味の特徴。

大阪は、酸味の星は2つ。

だったら、一番強いのが良いかな、そうすれば、ある程度このシリーズの特徴がつかめるかなって。

豆の原材料地は、各府県によって異なっているようだ。
奈良はこういう感じ。

一つ一つ、きちんとパッケージされていた。

焼き芋と一緒に!

この手のドリップ式を飲むのは2種類目だけれど、ドリップの作りってメーカーによって違うのね。

ここのは、粉がこぼれないように、きっちりと封がされていた。

あとは、レギュラーコーヒーの淹れ方で。

飲んでみた。

しっかりとした苦味に、酸味が覆いかぶさってくる。

あれ?これって??

この間飲んだトラジャブレンドに近い?

僕はそう思った。

ということは、大阪は酸味の星が1つ少ないので、もうちょっと苦味が立つのかな?

僕はこれはこれで美味しく飲めた。

他の地域を買うか?

気が向いたら。(笑)

袋入りの方は、170g(だったと思う)で、450円ほど。

コストを考えるなら、袋の方がお得だけれど、まずは4杯入りの方で味を確かめてから買うほうが良いね。

追記。

これ以降に買ったものは、これら。

道頓堀の出会い

祇園の宴

北野坂の夕べ と 白良浜の思ひ出

|

« 水切り | トップページ | あちこちで祭り »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水切り | トップページ | あちこちで祭り »