« やっと見つけた | トップページ | なんでだろう? »

2015年11月 6日 (金)

時代の流れ

今日も暖かな一日だった。

せっかくの週末なのに、天気がよくなさそう。残念。

最近の姫路を見ていると、思いっきり時代の流れを感じさせられる。

姫路城が新しく生まれ変わり、それに伴い、姫路駅周辺は綺麗になり、また、新しい建物、店が出来た。

賑やかになるのはとてもいいのだけれど、その一方、そこからなくなるものもある。

デカいテラッソという建物ができ、その中に設備、規模とも最新の映画館が入っている。

その影響もあって、まずは、今週末に大劇が閉まってしまう。
(無料で観られる映画があるようだ。)

予想はされていたことだけれど、もう一つの映画館、OS劇場も来年の1月で閉まってしまうとか。
(フォーラスの山陽座もフォーラス閉館に伴い、同じく1月末終了。)

僕が子どもの頃から馴染みな施設がどんどんとなくなっていく。

僕は大学から姫路を離れてしまったので、それ以降はほとんど活用していなかったけれど、それでも、子どもの頃にはお世話になっていた。

そういうのがなくなるのは寂しく感じるもの。

多分、僕が子どもの頃が全盛期だったのではないだろうか?

もちろん、僕だけではなく、姫路で生まれたり、育ったたりした人達にとっては馴染みのある施設だろう。

設備投資をしたくても、映画を観る人達も減ってしまってはそれも出来ず、どちらももどかしかったのではないだろうか?

映画館の他では、思い入れがあったのは本屋。

みゆき通りに大きな本屋が2軒あった。

結構マニアックというか、田舎の本屋にしては色んな種類の本が売られていたので重宝していた。

でも、旧駅ビルに、J久堂が出来、それ以降振るわなくなり、どちらも閉店。

なくなったのは、僕が姫路を離れてからだったと思う。

ただ、1軒だけ、ほそぼそというと失礼かもしれないけれど、小さい本屋はまだある。

よく頑張っているなぁ、と思う。

僕はほとんど活用することはなかったけれど、そこは、とある週刊少年誌を発売前に発売していて、紙袋入りで売られていた。

早く読みたい人達は、そこでそれを買っていたものだ。

今もまだそういうことしているのだろうか?

みゆき通りにしろ、おみぞ筋にしろ、昔から知っているお店はほとんどなくなったと思う。

そうそう、今の姫路駅周辺で全くないものは、家電店。

以前は、Seiden(星電社)があったけれど、それもなくなった。

三宮の方にもあったけれど、それはYマダに吸収されてしまい、今はその名前になってしまった。

必要かどうかは別として、駅周辺にほしいお店は、その家電店かな。

Yバシでも来ないかな?(笑)

本当に色んなものが変わってきている。

あの頃に自分が写真に興味を持っていて、写真を撮っていたら、なんて思う。

時代の流れ、この一言で済ませるのはなんとも・・・

|

« やっと見つけた | トップページ | なんでだろう? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっと見つけた | トップページ | なんでだろう? »