« 盛りの過ぎた丹波 | トップページ | 新しい家 »

2015年11月14日 (土)

こんな場所に

なんか梅雨のような雨の降り方。

せっかくの週末なのにね。

こんな場所に食堂があったなんて!という話。

姫路駅の南西側に、大きな姫路市中央卸売市場がある。

ここ、普通の人は入ることが出来ないような雰囲気。

でも、遠慮なく入っていいのである。

理由は、そこに食堂があるから!
(販売店もある。)

知ってました?この中に一般人が入ることが出来る食堂があったって。

ひょんなことからそれをネットの情報で知った。

興味を持ったのは、市場らしく、手頃な値段であれを食べられる、というところ。

とりあえず、恐る恐る入ってみる。

自転車で行ったのだけれど、どこに駐輪すればいいのかわからず、念のために、と思って、管理棟の警備員に聞いてみた。

すると、食堂の前に置け、とのこと。

そうか、ということで、2階建ての屋上でもある駐車場に向かう。

奥の方に、その食堂がある。

こんな感じ。

右側。

今回の目的は、神竹三楽

このお店ではなんと、マグロ丼がえ?と思うような値段で食べられるのである!

新鮮なのかどうかはわからないけれど、この値段は市場ならでは。

この引戸を開けると、ちょうど入れ違いでおじさんが出て行った。

他にお客さんはいなかった。

中の様子は、もう昭和の雰囲気バリバリ。(笑)

こういう場所だから、リフォームをすることなく、何十年とそのまんまなんだろうね。

今となってはこういう雰囲気のお店は少なくなっているから、貴重だと思う。

おばちゃんが対応。

ただ、このおばちゃん・・・

まぁ、こういうところって、僕のような一般人はそんなに来ないだろうし、そういう人を相手しているわけではないから仕方ないか。(苦笑)

目的はマグロ丼なので、それを頼む。

大盛りは100円増し。

だったら、思い切ってそれにしてみようかな。

そして、豚汁180円も頼んでみた。

写真は撮らなかったので、どういうものかは上記のリンク先でご覧あれ。

大盛り、結構多い!

食べられないわけではないけれど、今の僕だったら普通でよかったかもしれない。

お新香が小皿でついてきた。

甘いタレが絡んでいて、たっぷりとマグロが入っているので、堪能できた。

豚汁は、ちょっと変わった味。

味噌が薄いというか、甘みがあって、独特の味。

こういう味噌は初めてかも。

この味は好みが分かれそう。

僕はこういうものだと思って食べたので、これはこれでいいと思った。

で、そのマグロ丼、いくらか?

普通で500円!

大盛りで600円!!

安いでしょ?(笑)

これでたっぷりマグロが食べられるのだから、言うことなしだと思う。

この昭和の雰囲気の中で食べるこのマグロ丼はお勧めだ。

姫路に長年住んでいる人でも、市場の中にこんな食堂があるなんて知らないのでは?

この姫路市中央卸売市場は、東京の築地のようにオープンではないからね。

決して一般人を拒否しているわけではないのだろうけれど、僕ら一般人が気軽に立ち寄ってみようという雰囲気ではない。

もし、この市場を活性化させたいなら、オープン的な雰囲気を出すようにしないとね。

時々イベントはやっているけれど、それだけではまだまだでしょう。

もう一つ、深川という食堂もあるので、今度はそちらに入ってみようかな、と思っている。

車も問題なく置けるので、是非、足を運んでみてね。

|

« 盛りの過ぎた丹波 | トップページ | 新しい家 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 盛りの過ぎた丹波 | トップページ | 新しい家 »