2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« やっぱり好き | トップページ | こ、こんな食パンがあったんだ! »

2015年12月 1日 (火)

朝2時起きで

エンジェル・ハート、一体何なん?!?!

次で終わりって、どういうこと?

次は9回。普通は11回位やるのとちゃうん?

決して評判が悪いわけではなかったと思う。なんで短いん??

結局最後まで香瑩は暗いまま。

これにはガッカリ。

1話2話はとてもよかったけれど、それ以降は正直、うーんという感じだった。

決して悪くはなかったのだけれど、中途半端に原作を再現しようとしたから、物足りなかった。

9回とこんなに短いのであれば、レギオン、必要性なかったのでは?

最終回に関係しているのはわかるけれど、レギオン抜きで、普通に展開していった方がよかったと思う。

あと、原作とは関係なく、オリジナル・ストーリーでもよかったのではないかと思う。

その方が割りきって観られたかも。

なんであれ、ものすごーく、中途半端な感じがする。

いい配役陣だっただけに、とても残念...

さて、今日もそれなりにいい天気。

そんな日に、前日に予報を見て出掛けることに。

そう、朝2時起きで、あの場所に・・・

現場に到着して拍子抜け。

シーズン真っ只中だから、結構人がいると思いきや、車は1台だけ。

え?

本当なら、昨日にしようかな、と思っていた。

一昨日の日中の予報では、朝方は曇り。

だから、止めることにした。

でも、夜見ると、晴れマーク。

や、やられたぁ・・・というのが昨日だった。

今日はちゃんと晴れマークなので、期待してお出かけ。

なんにせよ、朝2時起きというのが辛いね。(苦笑)

僕がセッティングしていると、車の中から男性が一人出てきた。

僕は準備しながら話を聞いていると、その人は高知から。

なんでも、名古屋方面で用事があり、帰る途中にここに寄ったとのこと。

高知方面は、海にも山にも近いから撮影しがいある、と言っていた。

話を聞いている限り、かなりの腕前の人のようだ。

コンテストにも応募しているようだし。

僕のことを聞かれた時、一応プロなんで、なんて答えると、これは失礼しましたって。(苦笑)

別に構わないのだけれど。

その人は干潟目的のようなので、こういう暗い時間帯はあまり撮影しないようだ。

だから、車に戻っていった。

さっそく、いつもの夜空。

半月に近い月。

空は明るいので、星は見難い。

右端にオリオン座が見えるね。

干潟方面。

強烈に強い光が水平線に。

何の光だろう?

レンズが水滴で曇ってしまった。その写真。

上の方で輝いているのが木星。

山の右上が、アルクトゥルス。

別の星座ソフトを見てみると、どうも東の空の方(山のあたり)に彗星があるようだ。

カタリナ彗星だって。

これだけ明るいと全く見えそうもない。

いつものように、予備機はタイムラプス。

もうイイダコ漁は終わってしまい、撮影するものはないので、不定期に干潟の一部を撮影。

なんちゃってタイムラプス!

こんな感じで干上がっていく。

ボチボチ日の出。

空の色が変わり、水面の色が変わり始めた。

いつものようにお遊び。

まだ星が出ている状態で。

こういう時間帯が一番綺麗だと思う。

日の出方面に雲があるようで、ちょっと気になる。

去年のホテルでの展示会に出したものと同じように撮影。「夢幻(むげん)」。

綺麗に輝きだした。

お、こ、これは!

今回はどうやら僕好みのようだ!!

雰囲気が全く違う。

普通の人は、こういうのは求めないと思う。

でも、僕はこういうのが大好き!

海の方を見ると、綺麗な色、霞み具合だった。

このコントラストがいいね。

結構下の方から太陽が出てきた。

雲が染まり、それが水面に反射。

いいねぇ、いいねぇ。

本当に僕好み。

なんかオーロラを撮影しているみたい?!(笑)

色んな色が出ていていい。

海岸の方はどうやら風はほとんどないようだ。ラッキー!

同じ場所を撮っていても、少し時間が経つと変わっているので、撮っていて飽きない。

そうそう、こういうのを撮りたいのだ。単なる太陽光より表情豊か。

見難いけれど、サギがいる。

サギが何かをついばんでいる。

さっきのサギが飛んだ!

もっと手前で撮りたかったのに、ミラーアップしていたので、タイミングがずれた。(泣)

キレイキレイ。

去年、一昨年はこういうのは撮影できなかった。

今日は本当にラッキーだった!

海の方もいい感じ。

太陽が雲から出てきて、黄金色へと変わる。

どんよりした雲の色が、いい脇役。

日も昇りきったので、終わろうかと思って、回りを見渡した。

帰った人もいるけれど、なんと、今日は10人ちょっとしかいなかった。これには驚き。

シーズンなのに。

あと、この撮影場所となっている敷地、売りに出されている。

買い手が見つかった後、果たしてここはどうなるのだろう?

買い手としては、ここに宿泊施設を作ったらとてもいいだろうね。
干潟が目の前に見られるから。

もし、このまま広場にするなら、有料にする?
そうすれば、それなりの稼ぎになるし。

さてどうなるやら。

ということで、今年初めての干潟撮影。

僕好みの撮影ができて、満足満足。

この撮影の結果・・・

しもやけが悪化しましたとさ。(泣)

家に戻って、データをPCに取り込み。

ここで問題発生!

タイムラプスの方のデータ、どういう訳か、変な状態に。

見たことないフォルダ、ファイル名がずらり。

こんな現象初めて。

これはうかつに手を出さないほうがいいな、と思って、まずはファイル復旧ソフトを使ってみた。

引っ張り出せたけれど、どうも以前の写真しか引っ張り出せない。

引っこ抜いて、また挿入してみると、フォルダがなくなっている!

あっちゃー、データ消えた??
せ、せっかく撮影したのに!と、ちょっと残念に思いながら、システムがスキャンディスクするか?と聞いてくる。

ダメならダメでいいや、と思って、OK。

すると・・・

全てではないけれど、ほとんどのものが復活!

せっせとPCにコピー。

最初の方のファイル何枚かがダメになっていたけれど、きちんと撮り始めてからのものは問題なし。

ホッ・・・

なんであんな風になったのだろう?

このメディア、もう使えない??

タイムラプスの写真を確認するが、今回はそれなりにOK。

何度か電池切れになったけれど、誤魔化せそう。(苦笑)
(この電池はへばっているので、新しいのを買うのがいいのだけれど、このカメラにこれ以上投資する必要性があるかどうか・・・)

でも、露出が若干ばらついている。

タイムラプスって、難しい。

いや、夜だけ、日中だけだったら、露出を固定にしておけばいいけれど、今回のように夜から朝にかけて撮影する場合は本当に難しい。

横ではメイン機で撮影しているから、それにかかりっきりではないからねぇ。

最新のカメラを持っている人は、ISOはオート、AV優先でシャッタースピードをオートで撮影して、微調整はソフトのほうでやっているんだろうなぁ。

最新のカメラであれば、ISOも含めてオートで露出決定できるからいいね。

僕のカメラだとそれが出来ない!

タイムラプス用のカメラがほしい!!

と、思って書いて、調べてみると、タイムラプス用の装置があるようだ。

すごい時代だ。(笑)

« やっぱり好き | トップページ | こ、こんな食パンがあったんだ! »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱり好き | トップページ | こ、こんな食パンがあったんだ! »