2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« え?どういうこと? | トップページ | 関西珈琲紀行 道頓堀の出会い »

2015年12月15日 (火)

日本でもこんな現象が

午前中はそこそこいい天気だった。

でも、午後からは予報通りの雨。

日が短くなっているから、雨が降ると、16時頃なんて薄暗くなっている。

この様子を見て、NZを思い出した。

NZも雨が降ると、真っ昼間でもかなり薄暗くなる。

明日までは暖かいようだけれど、明後日からは真冬になるようだ。

昨日書こうと思っていて、書く気力がなかったネタ。

昨日の当たらなかった天気予報と関係あるネタ。
(昨日書いたものが公開されていなかった!)

干潟撮影。

僕がいつも見ている予報では晴れマーク。

でも、違う予報ではその時間帯は曇り空。

どちらが正しい?

多分、大丈夫だろうと思って出掛けることに。

早めに寝たけれど、寝られた時間はたったの2時間。

一度目が覚めたら寝付けなくなってしまった...

準備をして、2時半頃出発。

僕の知っている人がやっているパン屋の前を通ると、車があった。

もう作っているんだ。

一体いつ寝ているの?って思う。

この時間帯に車を走らせていて思うことがある。

こんな時間にジョギングやウォーキングをしている人達の生活習慣ってどういうものなのだろう?って。

不思議に思う。

現場に到着してビックリ。

前回とは違って、車が一杯!

これは撮影できないかな、と思って撮影場所に行ってみた。

とりあえず、端っこでなんとか撮影できそうな場所があったので、そこで撮影することに。

せっかくだから、全く違うところで撮影しようかと思って、そこへ歩いて確認しに行ってみたけれど、やはりあの場所の方がいいかな、と思って引き返した。

空を見上げて・・・

ああ、雲が一杯。

あわよくば、流星群も撮影できれば、と思っていたけれど、無理そうだ。

仕方ないので、いつものように、予備機でタイムラプスを開始。

今回、防寒対策を施した。

バッテリーあたりにカイロを2個括りつけ、それを覆うように風よけのシートを被せた。

どうもこれがよかったみたい。

以前のようにすぐにバッテリーが減るということはなかった。

これらバッテリーは既にへたっているので、すぐになくなるけれど、それがかなり抑えられたのである。

実際、バッテリー入れ替え時、バッテリーを触ってみると、ほんのり暖かかった。

カメラそのものは使い勝手は悪くなるけれど、背に腹は代えられない。

そして、メイン機では、なんちゃってタイムラプスをしてみた。

適当にシャッターを切っただけ。

期間限定公開(削除済み)。

これを見て思った。

日本でもこんな現象あるんだ!

NZではよく見ていたけれど、こうやって動画にして気付いたのである。

干潟の方は小さいのでなにがなんだかわからないけれど、空に注目。

雲が全く違う方向に流れている。
上の雲、下の雲が交差するように流れている。

これにはビックリであった。

これに気付けたのは、曇ったお陰だね。(苦笑)

途中で雲がなくなりかかっていたので、もしや、と期待したけれど、夜明け前にはまた雲で覆われた。

とりあえず、こんな感じでうっすらと焼けていた。

干潟の形はこの辺りが良かった。

上は鳥が一杯。

下はあまりいない。

また鳥が一杯。

少し雲が染まったので、それが反射した。

この日はこれが限界だった。

薄っすらと太陽が、おはようございます。

遠くの方を見ていて、あれ?と思った。

拡大。

船のところがちょうど、太陽光の反射でいい感じ。

太陽の下が見えた。

拡大。

今回はこれが撮影出来たからよしとしよう!(笑)

この場所だったから撮影出来たのかもね。

結果オーライ!

今回の撮影は、40人弱。

2週間後はきっとたくさんの人が来ることであろう。

« え?どういうこと? | トップページ | 関西珈琲紀行 道頓堀の出会い »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« え?どういうこと? | トップページ | 関西珈琲紀行 道頓堀の出会い »