« なくなったのかと思った | トップページ | 人間万事塞翁が馬的な »

2016年2月24日 (水)

念願の

曇り空で、ちょっとどんよりした雲があった。

たまたま外にいた時、雪がちらついているのを見た。

真冬に逆戻りね。

去年、神戸に何度か行くことがあった。

その時に、手頃な価格のロールケーキを買おうと思って調べ、買ってみた。

確かに美味しかった。

でも、何かが違う・・・

何が違うのだろう?とよーく考えてみると、僕が求めていたのはロールケーキではなかった!(笑)

求めていたのは、バウムクーヘン。

僕は何でもそうだけれど、「ずっしり」「ぎっしり」したものが好き。

あの時はロールケーキのことだけが頭にあったのでそれについて調べたけれど、ロールケーキを食べてみて、僕が求めていたのはそれではなかった、ということに気付いたのである。

神戸でのバウムクーヘンと言えば、ユーハイムが有名。

姫路には、そういう有名さはないし、一般的なバウムクーヘンではないのだけれど、ちと名のしれたものがある。

それは、千年杉

姫路では有名な和菓子屋「杵屋」の名物商品。洋菓子ではない!

これ、曰くがある。

トム・クルーズが姫路で映画の撮影をした時に、スタッフのために、これを大量買いしたのである。

そういう話を聞いてから、ずーーーーーーーっと気になっていた。

買いたい、でも、ちょっと・・・

なんていうか、こういうのって、ケーキ屋で買うバウムクーヘンと違って、どちらかと言えば、「お土産的」要素が強い。

あと、値段も1,300円ほど。

なかなか買う勇気がなかった。

それが、ようやく食べる機会に恵まれたのである!

念願の、千年杉。

既に切られてしまった後なので、全体は撮影できなかった。

バウムクーヘンの特徴でもある輪っかが、年輪になっている。

真ん中にはクリーム。小倉クリームらしい。

樹皮は、チョコレート。ブツブツは、ナッツ。

拡大。

本当に木の切り株みたい!

なかなか芸が細かい。こういう芸の細かさは和菓子ならでは?!(笑)

大きさは思ったほど大きくなかったな。

直径7cmほど。

食べてみた。

これは、普通のバウムクーヘンとは違って、この樹皮がポイントだな。

チョコとナッツの歯ごたえが良い!

真ん中の小倉クリームもあるからか、全体的にちょっと甘めではある。

でも、滅多に食べないものだから、時にはこういうのもいいね。

Webサイトの方を見てみたら、期間限定の色んな味のものがあるよう。

カロリーやらなにやらを気にすると無理だけれど、一度だけでも、これを一本丸まま「ガブリ」ついて食べてみたいねぇ。(笑)

そして、いつの日か、滋賀や北海道の超有名なバウムクーヘンを食べてみたいものだ。

|

« なくなったのかと思った | トップページ | 人間万事塞翁が馬的な »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なくなったのかと思った | トップページ | 人間万事塞翁が馬的な »