2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« これはいい | トップページ | あったか »

2016年2月18日 (木)

一発屋ではなかった

今日はとても良い天気。冬晴れ。

もちろん、気温は低かった。

シンプルな音楽が聴きたいな、と思った。

そういう時は、器楽曲で、クラシックギターのもの。

むかーし、クラシックギターを演奏していた影響もある。

情緒的なものではなく、「機械的」な旋律、バロックなんかがいい。

クラシックギターって、音が伸びない(伸ばせない)から、バロックのような機械的な旋律がとても合う。

手持ちのライブラリーとは違うものを探してみた。

今の時代って、本当に便利ね。

ある曲に目が行った、いや、耳が行った!(笑)

Bach Guitar Duo - Pachelbel: Chaconne in F Minor

へー、こんなかっこいい曲があるんだ、しかも二重奏、いいねぇ、と思って、そこに書かれていた「Pachelbel」について調べてみた。

英語名だったので、あまり考えずに調べていた。

その人物のことがわかってちょっとビックリ!

「Pachelbel」、カタカナにすると、「パッヘルベル」。

ちょっとでもクラシックを知っている人ならすぐにわかる。

あのパッヘルベルである。

パッヘルベルのカノンは超有名。

パッヘルベルと言えばカノン。

極論だけれど、カノンと言えばパッヘルベルと言ってもいいくらい。(笑)

パッヘルベルはこのカノンが有名になりすぎて、他の曲はあまり知られていないようだ。

僕はそんなにクラシックに造詣が深いわけではないし、パッヘルベルは「クラシック界の一発屋」(笑)だと思っていたので、それ以上特に興味を持っていなかった。

が、これを機に色々と調べてみると、パッヘルベルはなんともすごい人だった。

バロック音楽を語る上では大事な人物のよう。

特にオルガン音楽においては、バロック音楽に多大な影響を与え、更に、J.S.バッハにも影響を与えたようだ。

そんな人の音楽だから、聴いてみるとやはりいい!

上記の曲だけではなく、他にもいい曲がある。

パッヘルベルは、クラシック界の一発屋ではなかった!

パッヘルベルの曲で、もっとギターの曲があればいいのに、と思うのは僕だけではないはず。

ちなみに、その有名なカノンは、本来は、「カノンとジーク ニ長調」という構成で、ジークは省かれ、カノンだけが独り歩きしてしまったようだ。
今回、それを知った。(苦笑)

今回は、パッヘルベルだけではなく、S.L. Weiss(ヴァイス)の曲も掘り起こすことが出来た。

Weissはリュート曲を作っていたけれど、同じような仕組みのギターにも編曲されている。

調は違っていても、同じよな仕組みの楽器だから、違和感はそんなにないし、雰囲気も損なわれない。

このWeissももっとギターとして演奏されているものがあればいいのに、と思う。

いい音楽との出会いがあると、嬉しくなる。

« これはいい | トップページ | あったか »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これはいい | トップページ | あったか »