2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 元気ない? | トップページ | 予告 »

2016年4月 7日 (木)

怪しげな光

今日は予報通りの雨。

まだ大丈夫だとは思うけれど、桜、持ってほしい!

今日の朝日新聞に、これが載った。

有り難いことに、写真も載せてくれた。

上記説明文では、日本の写真だけが展示されるような感じになっているけれど、新聞という特性上、謎的な書き方はできないのだそうだ。

もし書くとなると、「雲たなびく国」の国名を明確にしないといけないらしい。

でも、僕としてはそうしたくない。

結果、上記のような文面になってしまった。

使われた写真は、DMの姫路城の方だけ。

文字だけより、こうやって画像も一緒に掲載してもらえると、目につくよね。

本当に有り難い掲載である。

有り難うございました、朝日新聞さん!

上記は、例の動作不安定なコンデジで撮影。

家の中だと、機嫌よく起動してくれる。

さて、姫路城の桜。

雨の中の姫路城の桜ではない。

今、姫路城の西の丸が、夜は無料開放されている。今日まで。

ということで、一昨日出掛けてきた。

夕方前に到着。

夕方の日差しがいい感じ!

まずは、動物園の中から。

黒い陰の中に日差しに照らされた桜が浮かび上がる。こういうのが好き。

日差しがあるといい感じ。

三の丸広場で。

この間撮影したアングルと同じような感じで。

花見客もいたけれど、思ったより少なかった。

この花見客を見ていた時のこと。

日本人の中に混じって、パツキンのおねえちゃん(白人女性)がいた。

へー珍しい、と思って、その人が喋っている人を見てみると、なんとまぁ、友だちだった!

どうも、職場の仲間との花見らしい。

声掛けしたかったけれど、さすがに邪魔する訳にはいかない。

ちょっと近寄って、目についてほしいな、と思いながら、ウロウロ。

そういうのを何度かしたけれど、気付いてくれない。

食べるのと喋るのとで一生懸命だった。(笑)

ある時、こっち方面を見た!

手を振ったけれど、気付いてくれなかった...

声掛けは断念することに。残念...

とにかく、すごい偶然に驚き。

桜の上の姫路城。

一旦外に出て、西側へ。

これはやっぱり立派だなぁ...

夕日の赤色がより迫力を増す。

また中に戻って。

こういう撮り方がちょっといいな、と思って、何枚か撮影。

そして、先ほどの西側の立派な桜の木へと向かう。

これがそこ。

結構人がいた。

そして、その垂れている桜の木と夕日。

ようやく、その桜の木に行けてよかった!

18時になったので、入場開始。

まだ日が残っていたので、夕日に照らされる姫路城を撮影。

少しずつ少しずつ空の色が変わっていく。

こういう色の時が一番好き。

偶然立ち止まったところが、良い撮影ポジションだった。

撮影していると、人が集まり始めた。(苦笑)

姫路城も光で浮かび上がり始めた。桜の輪の中の姫路城。

暗くなると、「怪しげな光」が桜を照らす。

単なる白い光ではなく、色がついている。

もうね、あちこちに撮影している人がいるから大変!(笑)

でも、三脚使用禁止だったので、それは良かったと思う。

三脚OKだったら、居場所がなくなってしまうからね。

僕も三脚は持ってきていたけれど、ここではもちろん、使用せず。
持ってこなきゃ良かったな。(笑)

ライトアップだけではなく、演奏もあった。

別の場所では、千姫と忠刻ご成婚400周年を祈念してのスライドショー。

透けた幕に、こうやって千姫が映し出される。

その奥に木があるのだけれど、それがなければ、もっと綺麗に姫路城が見えたのだけれど。

とにかく人が多かった。

怪しげな色で、桜が浮かび上がる。

姫路城だけ。

姫路城の光と、桜の方の光の露出差が大きいので、いいバラスでは撮影出来ない。

僕は、姫路城と桜の撮影に夢中だったけれど、奥の方では、桜だけのライトアップが面白いのに気付いた。

こうやって、色んな色で照らされていた。

通路側は、怪しい雰囲気。(笑)

十分満喫したので、出ることに。

一番見栄えのいいところの姫路城。いい感じ。

もう少し寄って。

外に出て。

修繕中なのが本当に残念。

正面。

桜の木が浮かび上がっていて良いね。

せっかくなので、北側にも周った。

と、以上で終了。

正直、僕は、自然物をライトアップするというのは好きでない。

自然なものは自然な状態で写したいというのが僕の考え。

今回はある目的があったので、出掛けて撮影した。

写心展で、どうしても、ある写真がほしかったので。

さて、どれが出るでしょう?

« 元気ない? | トップページ | 予告 »

宣伝」カテゴリの記事

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 元気ない? | トップページ | 予告 »