« 稲の間から | トップページ | 関西珈琲紀行 北野坂の夕べ と 白良浜の思ひ出 »

2016年8月16日 (火)

今後はこれかな?

午後からは曇って、夕方に近づくにつれ、風が出てきて、雲行きが怪しくなった。

予報通りの雨。

なんかもう、夏も終わりかな、なんて思ってしまう。

スーパーマーケット、ではなかった、薬局でお買い得品の棚を見ていて、見たことない、というものを見た。

それがこれ。

フルタのビター・ショコラ、カカオ70%。

こんなの見たことなかったなぁ、と思って、家に帰ってから調べてみると、このサイズのものはこの春から売りに出たそうだ。

以前からは、50gの少ない容量のものがあったようだ。

160g入って、250円弱だったので、これは買いだ!と思って購入。

久しく、ダークチョコを買っていなかったから、これは嬉しい。

以前は、チョコレート効果の、こういう大袋のものを買っていた。

日々摂取するので、あまりにも高いと負担が大きい。

チョコレート効果の大袋が一番コストパフォーマンスが良かった。

一般的には300円近くするようだけれど、250円前後で売られているところがある。

また、72%と85%の2種類入っているのも良かった。

しかし、味が、いや、味というより、食べた後がなんか嫌だった。

これは伝えるのがものすごく難しいのだけれど、胃の中に入ってしばらくすると、胃がズガーンと重くなるのである。

これがなんか好きになれなかった。

あと、味も、まずいわけではないけれど、海外のダークチョコに比べたら、美味しさが違う。

国は違えど、海外のダークチョコは美味しい。食べやすい。

でも、日本のダークチョコは、いや、少なくとも、チョコレート効果は、うーん、という味。

なんで海外のものとは違うのだろう?と不思議に思った。

さて、これはどうだろう?

裏面。

原材料。

どうも甘さが結構ありそうだ。(笑)

袋から出して驚いた。

まさかこんなに入っていたとは!

35個入っていた。

包みを開くと。

チョコのトップには音符が。

食べてみる。

お、これはいける!

ちょっと甘目だけれど、チョコレート効果のような味ではないし、胃にズガーンとこないのがいい。(笑)

手頃なダークチョコがなかったのだけれど、もし、これが今後も250円以下で手に入るなら、今後はこれかな?

小分けにされているのも良い。

ただ、食べる時は、2粒くらいは食べてしまうだろうけれど。(笑)

チョコ自体が柔らかめなので、夏の今は持ち出せない。

いいダークチョコを知った。

話は変わって、最近、無性に、NZで食べたことがある、ぶっといソーセージを食べたいというのがある。

今だったら、食べたら、間違いなく気持ち悪くなるのはわかっているけれど、それでも食べてみたい!

日本のスーパーマーケットにはそういうのはないんだよね。

|

« 稲の間から | トップページ | 関西珈琲紀行 北野坂の夕べ と 白良浜の思ひ出 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 稲の間から | トップページ | 関西珈琲紀行 北野坂の夕べ と 白良浜の思ひ出 »