2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 人それぞれ | トップページ | まんまる »

2016年8月13日 (土)

昨日はと言えば

湿気が多いからか、ちょっとムシッとしていた。

朝は珍しく曇っていた。

ここしばらくは、ずーっと太陽が出ていたのに。

さて、昨日はと言えば・・・

ペルセウス座流星群!

かなりの数が見られそう、ということらしいので、せっかくだから撮影に出掛けた。

どこで見ようか、と思って考えた結果、また、ある目的も兼ねて、あそこへ行った。

そう、ここ。

新舞子の干潟の撮影場所であれば、見晴らしもいいし、あわよくば、「こういう写真」が撮れればいいな、という期待を持って...

ちなみにこの時は満潮。

僕が到着したのは、22時半頃。

さて、人はいるのかな?と思って、現場に到着してビックリ。

既に何台も車が止まっている。

もしかして、撮影する人たち?と思ったら、そうではなく、一般の人達。

一般の人でも地元の人であれば、アクセスが良くて見晴らしが良いとなったら、ここに来るんだね。

結果的に、撮影していたのは僕一人だけだった。

「本気」で流星群を撮影する人はここには来ないわな。(苦笑)
間違いなく、灯りの少ない山の方に行ったことでしょう。

先述の通り、僕はある目的があったから、ここでいいんだけれど。

僕が撮影始めようと思った時には、まだ月はこんな高さだった。

だからか、星が若干見にくい。

でも、この時間あたりが一番流星群が観られる、ということらしかった。

確かにそうかも。

僕がカメラのセッティングをしていたり、よそ見をしていた時に限って、周りで歓声が上がったり、見えた!という声が聞こえたり。

結構僕は見逃してしまっていた。(苦笑)

本当なら、海と絡めて撮りたかったけれど、様子を見ていると、どうも東方面は流れなさそうだった。

だから、僕の撮りたいと思っていた写真は断念し、流星群を撮影することに専念した。

方位は東北とのことだったけれど、今回は空全体を観ておけばいいということらしいので、カメラ2台を二方向にセッティングした。

東北から東寄りの空と、東北から北寄りの空。

僕は全く気付かなかったけれど、家に帰って写真を見てみると、撮り始めてすぐに、なんと写っていた!

左下のもの。

拡大。

おもいっきり電線が。(苦笑)

カメラのことも気になるから、ずーっと空を見ているわけにもいかず、結構見逃していた。

ただ、事前に言われていたような、結構な数の流星が観られる、という情報通りではなかった。

場所も良くなかったのかも?!
灯りのないところだったら、もっと観られたのかな?

画像を確認していると、うっすらとした雲が写っていた。

僕はなんか、こういうのがいいかも。(笑)

月も沈み始め、北の方の空の星の見える数も増えだした。

もっと一杯流星が観られるかと思いきや、そうでもなかった。

僕が到着した頃が一番観られていたかも。

この頃はまだ周りは賑やか。

特に、女の子3人組は、誰かが見て、誰かが見られていない、という状況だったらしい。

3人一緒に同じのが見られたら帰ろう、という約束をしているのを聞いた。

その時がどうやら来た!

僕も偶然、同じ方位を見ていたらしく、ものすごく綺麗な太い筋が北の空を走った!

かなりすごかった。

さて、カメラの方では?

ちょっとだけかすっていた。(苦笑)

拡大して。

もう一台のカメラの方もかすっていた。

ちょっと見にくいけれど、画面中央右下にカシオペア座が見える。Mを右倒しにした形。

ということは、尾っぽの下の方に北極星、ということかな?

これも拡大。

この大きな流星を見た例の3人組は満足したようで、帰っていった。

それから、人も減り始め、いっとき、僕一人だけになった時もあったけれど、コンスタントに人が訪れていた。

これは個々人の認識の問題だけれど、入ってくる時に、ヘッドライトをそのままにして入ってくる人達が多かった。

こういう夜空を鑑賞する時は、そういうヘッドライトを消す、という暗黙のマナーというのはあまり知らないようだ。

でも、中には、出て行く時も、ライトを消した状態で出て行ってくれる人もいて、関心した時もあった。

で、流星の方は、月が沈んでからめっきり減ってしまった。

僕が到着した時には、上記のようなはっきりとした流星を見たし、方位関係なく、あちこちで流れていたようだった。

北の空の下の方でも流れていたし、西の方の空でも流れていた。

撮影していて思った。

流星群ってどこに現れるかわからないから、めちゃくちゃ撮影が難しい!

カメラを数台用意するか、魚眼レンズを用意するか...

僕のような撮影の仕方だったら、完全に運任せだ。(苦笑)

それでも、とりあえず何枚か撮影出来ていたので、よしとしよう。

流星が一杯見られるなら、朝の4時まで頑張ろうと思っていたけれど、どうもそんなに見られそうにないので、1時まで撮影しようと決めて、現場で空を見上げていた。

やっぱりダメか、ということで、1時過ぎに終了。

家に帰ってから、写真を確認すると・・・

なんと、撮影終了2枚前で偶然捉えていた!(笑)

拡大。

この時は間違いなく、カメラをしまおうと思ってカメラを見ていたはず。

だから、肉眼では見ていない。(苦笑)

これはいいオマケだ。しかも、全体が写っているしね。

結局この日は、10個位見た(かな、と思っている)。

視界の端っこに見えた?というのもあったし。

教訓。

「本気」で撮るなら、灯りのない場所で。

とにかく流星を捉えたいなら、魚眼レンズで。ちなみに、僕のものは普通の16mm。

今回は、流星群の撮影に関していい勉強になった。

« 人それぞれ | トップページ | まんまる »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

日本写真珍現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人それぞれ | トップページ | まんまる »