« 夏日終わり | トップページ | 初めて見た »

2016年10月21日 (金)

びっくり

予報では晴れマークがついていたけれど、基本は曇り空。

空気もひんやり。

そんな午後、本当にびっくり。

最初、うん?という感じだった。

次第に揺れだした。

最初は冷静に揺れを感じていた。

普通であれば、この辺で収まるだろうというところから揺れが大きくなり、これはまずい?!と思って、逃げようかと思っていたら、収まった。

久しぶりの大きな地震。

どこが震源地?と見てみると。

鳥取。

昼に、ネットのニュースで、鳥取で地震があったというのを見た。

鳥取で地震なんて珍しい(と僕は思った)なぁ、と思っていたら、それが前兆だったとは。

しかも、しょっちゅう地震のないところの地震が、関東まで揺らすとは、驚きを隠せない。

その後、2回ほど揺れを感じた。1回は、姫路では地震として記録されていなかったので、気のせいだったのかもしれないけれど。

これ以上大きな地震がないことを祈る。

少し前から、最近、姫路は揺れていないなぁ、なんて思っていた。

別に予知とかそういうつもりではないけれど、本当にそう思っていた。

そこにこうやって揺れたから、余計にびっくりしたのだ。

詳しくはわからないけれど、姫路って、震度4より大きな地震、つまり、震度5以上の地震って、過去なかったんじゃなかろうか?

阪神・淡路の地震のときでも、震度4だったようだ。

そういう意味では、たまに地震はあっても、大きな地震ではないのは不幸中の幸いだと思う。書き方はちょっと悪いかもしれないけれど。

今、日本はあちこちで揺れている。

こういう自然災害はないに越したことはないので、なんとかなってほしい。

人間の力ではどうしようもないことではあるけれど。

|

« 夏日終わり | トップページ | 初めて見た »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏日終わり | トップページ | 初めて見た »