2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« びっくり | トップページ | 魚吹八幡神社 本宮 宮出を少し »

2016年10月22日 (土)

初めて見た

今日は一日曇り空。

ホテルに行くまで、ホテル近辺、祭りがあって、交通規制。

遠回りしないといけなかったり。

天気も関係あるかもしれないし、祭りが原因だとは言えないけれど、ホテルに訪れる人は少なかった...

昨日、お一人、僕の不在の時に来て下さっていた人がいた。

有り難いのだけれど、出来れば僕のいる時の方が嬉しい。

もちろん、その人の都合もあるから、ワガママは言えないけれど、もし、僕が土日しかいないことを知らないで(DMの記述に気付かないで)来たのであれば、本当に残念。

ホテルを出る時、遠方の景色が霞んでいた。

さっきまでそれなりに見えていたのに?と思って出てみると、なんと雨!

雨の降る予報だったっけ?

しばらくすると止んだけれど。

明日も曇り。

さて、どうなるだろう?

話は変わって、その祭り。

昨日、播磨では最後の大きな秋祭りと言われている、網干のある神社の祭りに顔出しした。

初めてのこと!

その神社は、魚吹八幡神社(うすきはちまんじんじゃ)。

話にはよく聞いていたけれど、なかなか行く機会がなかった。

今回、この祭りではとても有名という、宵宮の「ちょうちん練り」を見ることに。

ちょうちん練りが始まる前に、神社近辺の町の神輿が練り合わせしていた。

3つの町の神輿。

そのうちの2つ。

どうやっても近くまで行けそうにないので、まずは境内に入ってみる。

出店も多いし、人も多い。

僕の地元もそれなりと思っていたけれど、こちらの方がはるかに規模が大きかった!(笑)

さすが、播磨最後の大きな祭りと言われるだけのことはある。

3つの屋台。

クルッと回って、神輿が練られている方面へ。

楼門という正門の前で練っていて、そこからなんとか見えた。

僕の地元と違って、太鼓を叩いているだけのようだ。バチを差すような「演技」はないみたい。

この練り合わせが終わって、しばらく境内でブラブラ。

時間が来たようで、ちょうちん練りが始まったようだ。

僕はてっきり、境内でやるのかと思っていたら、先程の練り合わせと同様、楼門の前で行っていた。

どうやってみようか、と思っていたら、その門の間から見えた!

どういうものかと思ったら、かなり「過激」。(笑)

棒の上に提灯があり、それをお互いぶつけ合うというもの。

見る人はほとんど外のようで、この境内から門越しに見ている人は思ったほどいなかった。

さすがに最前列は取れなかったけれど。

それでも、なんとか撮影。

こういう立派な提灯も・・・

グシャとなってしまう。

なんかすごい過激だわ。

カルチャーショック!

そりゃ、人も見に来るだろうし、名物にもなるわな。(笑)

ある町なんて、かなり凝っていた。

なんと、この夏大流行の!!

ボールもグシャ。

ボロボロ。(笑)

そして、ピカチューが正面を向いてくれた!

終わった後・・・

かなりグロい。(笑)

これはまた立派な絵だこと。

容赦なく、グシャ。

四面、全て違う絵。

なんと、話題になった漫画やアニメも!

上の女の子集団は知らないけれど、下は、こち亀。

もちろん、グシャ。

もう一面はきちんと見えなかった。でも、上の写真の左面がそれ。

なんか勿体ないねぇ。

町の人が描いたのだろうか?

見ていた時はよくわからなかったけれど、これ、スターウォーズのロボットだ。(笑)

もちろん、グシャ。

写真を撮っていて、ちょっと物足りなくなってきた。

なんか「普通」。

僕の前に結構人がいるので、腕を上げて、背面の液晶に映っている映像を見ながらの撮影。

このカメラ、映像モード(僕がそうしているだけなんだけれど)の時は、シャッタースピードが1/30秒より遅くならない。

撮影していてそれに気付いた。

撮りながら、これでは面白くない、どうしようか、と考えていた。

これ、かなりよかった。

幻想的というか。

空中に浮いているような感じ。

やはりこのままでは面白くないし、僕らしくない。

ということで、背面の液晶を見るのは止めて、「動感」を出したいと思って、ある設定をした。

その代わり、ノーファインダーなので、何が写るかわからない。(笑)

でも!

そうそう、こういうのだよ、こういうのがいい!

ということで、これ以降はこの撮影方法で。

動きを感じられるでしょ?

右側の人が叩こうとしているのがわかる。

映像とはまた違う表現、動感。

撮影していて気付いたことが。

そうか、この一番最初の提灯の時が、もっとも「絵」になるんだ。

何度もぶつけると、棒だけになるので、撮影していてもなんかな、という感じになる。

そう、この提灯が多い時がいい。

それに気付いてから、次の町、次の町、ということで、入れ替わるのを待つことになった。

いい感じでしょ?

ぶつかる寸前。

ライトが照らされているから、この白い提灯は映えていた。

大きいのが出てきた。

もちろん、グシャ。

僕がいたところに、提灯のガワが落ちていた。なんか絵になる。(笑)

真ん中の人が、音頭を取っている人。その人に合わせて、周りが掛け声。

よくわからないけれど、どうも町ごとによって違うようだ。

この町の提灯は一味違っていた。

なんだ?と思ったら、提灯の先から、紙テープが!

これが綺麗だったんだよね。

そして、大きな傘も・・・

紙テープが出たけれど、ちょっと不発気味、というか、量が少なかった。画面右端の黄色いのがそれ。

この立派なセンスも。

あっという間に。

ということで、町ごとにこうやって色んなちょうちん練りがある。

この時点で、終了予定時刻の30分前。

まだ半分くらいとのことで、これではかなり遅い時間まで続きそう、と思ったので、ここで帰ることに。

でも、十分満喫させてもらった。

これは一度は見ておくといいかもしれないね。

やっている人たちが盛り上がるからか、どこの神社の祭りも、時間は押せ押せのようだ。(笑)

« びっくり | トップページ | 魚吹八幡神社 本宮 宮出を少し »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« びっくり | トップページ | 魚吹八幡神社 本宮 宮出を少し »