« やはりいるんだねぇ | トップページ | 急に寒くなって »

2016年10月10日 (月)

有り得ないことが起こった

今日の朝は寒かった。

寒さで目が冷めた。

この秋一番の冷え込みだったのではなかろうか。

外に出ると、半袖では寒いくらいだった。

今日はとってもいい秋晴れだった。

写心展は、土日は出ることになっている。

祭日はどうするかは考えていなかった。

今日は祭日なので、行かなくても良かったのだけれど、それでも、天気いいし、休みの日だから人も動くかな、と思って出掛けた。

この判断は正しかった。この日ほど、出掛けて良かったと思った日はなかった。

後述。

新舞子に到着すると、ちょうど干潮時だった。

もうそろそろ、早朝の干潮撮影が始まる。

海の方は、本当にキレイな景色!

晴れていると、見え方が全く違う。

やはり青空は見ていて気持ちいい。(笑)

海もキラキラ。

小豆島もくっきり見える。

こういう風に見えると、ここに来てよかった、と思ってもらえると思う。(笑)

本当に空がキレイ。

ヨットが。絵になるねぇ。

ここには写真を出していないけれど、淡路島もキレイに見えていた。

到着してすぐに、レストランに向った。

ずーっと、レストランの中から、キレイな景色を撮りたかった。

レストランのスタッフに許可をもらって撮影。

ここは、海に向かっている座席。

こんな景色を見ながらの食事って、贅沢だと思う!

席に近寄って。

ちょっと違う角度から。

こんな景色が独り占めできるのである。

別の席からはこういう感じで見える。

外に出られるということで、デッキから撮影。

下には、ホテル・シーショアが見える。

この新舞子ガーデンホテルがいかに高い場所にあるかわかってもらえると思う。

食事が落ち着いたら、是非、この眺望デッキから景色を堪能して欲しい。

いい天気だったからか、また、三連休最終日で、近場で昼食でも、という人が多かったのだろう。

今日のランチは賑やかであった。

写心展の方も、興味を持って見てくださる方が何人か。

やはりいるねぇ、NZに行ったことがある人が。

その方は若い方だったけれど、高校時代に語学留学で短期滞在したことがあったそうだ。

他には、僕のとある場所の写真をじっくり見てくださり、色々と解説、お話をさせて頂いた。

こうやって僕の話を聞いてくださる、話を聞かせてくださるというのは嬉しい。

そして、ここからが、この日のクライマックス。

昼食を終えられた年配ご夫婦(と思った)が、僕の販売物をご覧になっていた。

近寄って挨拶し、自己紹介。

旦那さんの方が、何やらNZに興味があるようで、NZの写真の方を見に行かれた。

奥さんの方は、あまり興味がないのかわからなかったけれど、とりあえず、僕は旦那さんの方に行ってお話を。

すると、その旦那さんのお友達がNZに滞在していて、とあることをされているそう。

それで、NZに興味を持っているとか。

ちょっとNZの話をして、また販売物のところに戻る。

奥さんも合流し、雑談。

僕の実家の話になり、旦那さんが、どこそこに住んでいたよ、と。

僕の近所。(笑)

じゃぁ、あなた(僕)の出身中学は、何々中?

そうですよ、と言うと、なんと、お二人とも、その中学校の卒業生。

ということは・・・

僕の大先輩になる!

更に、僕は何々高校の出身、と言うと、私たちも、と。

へ???

これまたビックリ。

高校の大先輩でもあった!!(笑)

いやぁ、まさかここでそんな方々に会うとは!!!

そこから一気に話に花が咲き、盛り上がった。

名刺交換し、奥さんのお名前も頂戴し、お別れ。

その後、僕は少し別の方とお話していたのかな。

それが終わって、席に戻ろうとすると、携帯が鳴っている。

誰だろう?と思って番号を見るが、知らない番号。

出てみると、先程の奥さん。

なんだろう?と思って話を聞いていると、大原さんの実家って、何々町?と聞く。

そうですよ、と答えると、そこからビックリするような話が出てきた。

詳細は割愛するけれど、簡単に言えば、その昔、僕の実家の隣りに住んでいたことがある、と。

エエエエエエエエエエエーーーーーーーーーーーーーーーーーーッッッ!!!!

これには超ビックリで、思わず、「奇跡じゃないですか!」って言ってしまった。(笑)

奥さんは奥さんで、鳥肌が立っている、と。もちろん、僕も...

こんなことってあるんだ、と信じられない気持ち。

いやぁ、有り得ないことが起こった!!

正直、驚きすぎて、それ以上何も「感じられない」状態になった。(苦笑)

この衝撃度は、新宿で偶然、HayleyとHayleyのお父さんGeraldと偶然会った時の衝撃度と同じくらいだ。

僕の写心展では、信じられないことがたまに、いや、よく起こる。

初めての神戸での写心展では、高校の同級生と再会したし。

他にもビックリするようなことは色々。

今回は、更に衝撃だった。何度も言うけれど。(笑)

奥さんはそのことがわかってから、僕のことを、「まさやくん」と呼び始めた。(笑)

僕のことを思い出したらしい。

電話だったので、あまり詳細には聞けなかったけれど、どうも僕が小さい頃の話。
しかも、住んでいたのは2年ほどとか。

正直、電話で話をしている時は、思い出せなかった。

でも、奥さんからは、面影があるね、なんて言われたし。(笑)

長電話はできなかったけれど、とにかく衝撃的な内容だった。

こんなことってあるんだねぇ...

電話が終わってから、思い出そうとするけれど、記憶は定かではない。

でも、そういう人がいたかも、という記憶は出てきた。
強引に思い出そうとしたから、勘違いかもしれないけれど。

もし、ということを書けば、先述の通り、今日は来なくても良かった。でも、来たからこういうことになった。
彼らは何が目的でここに来たのかはわからなかったけれど、もし、雨が降っていたら来ていなかったかもしれない。
販売物を見ている時に、僕が声掛けしなかったら、こういう話になっていない。
旦那さんの方に行って、NZの話をしなかったら。

ということで、色んなもし、が出て来る。

こういうのって、本当に不思議で、その中のどれか一つが欠けてもダメなんだよね。

本当に不思議だ...

こんな奇跡ってあるんだねぇ。

改めて連絡取って、お話を聞きたいし、そのお二人は芸術系のこともされているので、それも拝見したいし。

はぁ・・・

もう、ため息しか出ないね。(苦笑)

この日の午後、空にずーっと鱗雲が滞在していた。

なんでだろう?と思っていた。

帰りにそれがわかった。

見晴し場所から撮影。

こんな鱗雲。

これ、僕の背後にもある。かなり長い雲。

これを見て思った、そうか、これって、龍雲だ。

まさしく、龍の鱗だ。

もしかしたら、僕の今日の奇跡的な再会を喜んでくれているのかな?(笑)

面白いのが、僕がこの写真を撮って、家に戻っていると、一気にこれら雲が離れていった。

僕がホテルを出るまではずーっと上空に滞在していたのに、一気に離れていった。

面白いものだ。

今日は写心展に行ってよかった!

今週末はまた何か面白いことあるかな?

|

« やはりいるんだねぇ | トップページ | 急に寒くなって »

宣伝」カテゴリの記事

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やはりいるんだねぇ | トップページ | 急に寒くなって »