« 新しい仲間 その5 購入、その他機能編 | トップページ | 寒すぎ »

2017年1月12日 (木)

きな粉のお菓子

予報では曇りだったけれど、そんなに曇ることなく、太陽がよく見えていた。

でも、寒い!

この冬の気候は暖か目、というか雨(雪)があまり降っていないので、スキー場にとっては大変な状況のよう。

一般的にはこういう気候のほうがいいけれど、それだと困るという人達もいる。

難しいねぇ。

今日は満月。

外を見てみると、ちょうど雲から出てきていた。

PowerShot SX610 HSの実力を見てみようか!

望遠は450mmなので、実際はここまで大きく写らないけれど、拡大して。

結構キレイに写っているし、手ブレもかなり抑えられている。

なかなかのものだ。

きな粉のお菓子で面白いものを見つけた。

「三温糖 きなこねじり」というもの。

あまり聞かない、札幌第一製菓という会社が作っている。

Webサイトを見てみると、こういうきな粉商品だけを作っているようだ。

お菓子を出してみた。

影をつけるとまた違った感じになる。

実食。

表面は、砂糖と油でコーティングされているので、口に入れた時は、キャラメル的な感じ。

硬いかな?と思って噛むと、やわから。サクサクとフワフワの中間?

噛むと、最初は砂糖(どちらかと言えば、水飴?)の甘味があって、段々ときな粉の味がしてくる。

この味の変化が面白かった。

何も知らないで食べた時は、てっきり小麦粉がベース(芯)で、きな粉が表面にまぶしているのかと思った。

そうではなく、きな粉主体、つまり、きな粉だけの珍しいお菓子。

原材料を見ても、それがわかる。

更に珍しいのは、油が米油である、というところ。

米油だからか、食べた後に、ムッとするようなこともない。

変な油を使っていると、食べている時は美味しくても、後で気持ち悪くなるからねぇ。(苦笑)

他にも、抹茶入りとか生姜入りとかがあるようだ。

生姜入りはとてもよさそう。味もなんとなく想像できる。

あと、手でねじっているというのもすごい。

ここの会社、かなりこだわりを持っているようで、とても好感が持てる!

見かけたらお試しあれ!

|

« 新しい仲間 その5 購入、その他機能編 | トップページ | 寒すぎ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しい仲間 その5 購入、その他機能編 | トップページ | 寒すぎ »