« いつ行こう | トップページ | 空を見上げると »

2017年3月11日 (土)

大きいのはいいことだ

朝はそれなりにいい天気だったけれど、お昼前くらいから雲が広がり始め、寒くなってしまった。

買っちゃった♪

先月末に発売されたばかりの、ミュシャのムック本「もっと知りたい ミュシャの世界 (TJMOOK)」。1,000円+税。

この間紹介した本と比較。

これを見れば、大きいのはいいことだ、というのがよくわかる。(笑)

この「ミュシャの世界」でも満足していたんだけれど、やはり大きい方がいいなぁ、と。

比較すればわかる。

スラヴ叙事詩の1つめ。

ビザンティン風の頭部。

やはり大きい方がいい。

更に、ムック本の方は、右開き。小さい方は左開き。

日本人としては、縦書きの右開きの方がいいよね。(笑)

僕の好きな4枚組のリトグラフ。

大きいから、やはりいい!

これで、ミュシャ展に行く気分を盛り上げていこうっと。(笑)

どちらの本も発色はいい。

何よりも、ムック本は、1,000円という値段なので、初心者だったら買って損なし!

「ミュシャの世界」の方は、倍以上の値段するしね。

掲載の絵の数も、ミュシャの基本を網羅するには十分。

今だったら、絶対に、ムック本の方がいい!

芸術新潮を買うという選択肢もあったけれど、解説とかそういうのはそんなに必要性ない。
もちろん、読み物としては興味あるけれどね。

僕は、ただただ、絵を観て、何かを感じたいだけ。

いずれ、もっと作品が載っている画集にも手を出すのか?(笑)

|

« いつ行こう | トップページ | 空を見上げると »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつ行こう | トップページ | 空を見上げると »