« もったいない | トップページ | 曇天下でも »

2017年5月12日 (金)

やっとこさ

天気は曇りだったけれど、気温は高め。

夜になっても室温が下がらない!

もう半袖でいいかも。

 

やっとこさ、やっとこさ、あることが出来るようになった!

それは、フルHDやHDの動画を、PC以外のプレーヤーで再生したり取り込みしたりすること。

随分前から時間を見つけてちまちまとやっていた。

が、作業そのものはそんなに多くはなくても、エンコードに時間が掛かったり、コピーに時間が掛かったり、と結構時間が掛かる。

だから、動画ファイルの再生時間を短くして検証をしていた。
それでも、そこそこ時間は掛かるのだけれど。

BD形式に変換して再生させるのはそんなに難しくない。

でも、いちいちディスクに書き込んだりするのは面倒だし、ファイルサイズが大きすぎるし、もうちょっと効率よくできないかな、と思って色々とやっていた。

結論としては、AVCHDというフォーマットでファイル/フォルダを作成し、ディスクやメモリー・カードにコピーすること。

数か月前の僕の知識だと、うまくいかなかったんだよねぇ。

あれやこれやとやっていたんだけれど、どうも、元データが良くないからか、うまくいかない。

プレーヤー側で認識してくれなかったり、再生出来てもすぐに止まってしまうとか。

まぁ、そのうちなんとかなるだろう、と思って放置。(苦笑)
でも、気になるときは調べたりして。

ひょんなことから、その手のことを調べていると、あるソフトの存在を知った。

それと、少し前から使わせてもらっているソフトを組み合わせれば出来る、というのがわかった。

これだけでも随分と進歩!

でも、これらの組み合わせでも、うまくいかない...(泣)

色々と設定変えてやっているうちに、よーーーーーーーやく出来たのである。

もう、AVCHDっていう規格、面倒くさい!(苦笑)

これだけではなく、これと似たような規格が色々とあるから、もうね、理解するのも大変!

まぁ、今回のてんやわんやで色んなことがわかったからよかったのだけれど。

これで、自分で作った動画をPC以外でも再生/取り込み出来るようになった。

詳細なやり方は、他のサイトにお任せするとして、今回僕がはまったことをここに記録として残しておこうと思う。

同じように困っている人は、参考になれば幸い。

 

前提。

BD-RやBD-REを使わず、DVD-RW(DVD-Rだと失敗したら終わりなので、RWを推奨)やSDカードを使って、AVCHD動画を作成する。

ディスクはリライタブルのものを使った方がお得。Rだと失敗したらそれで終わりだからね。

あと、DVD-RWは、別にテレビ録画用のものでなくても大丈夫そう。
PCで使う、データ用のDVD-RWを僕は使った。

BD関連は、以前に比べれば安くはなっているけれど、それでも、DVDに比べればコスト高。
BDに書き込み失敗やら何やらで無駄になるとダメージが大きいけれど、DVDだったら、ま、いっか、って思える。(笑)

 

用意するソフト。

tsMuxeR

multiAVCHD

前者は、MP4ファイルのような動画ファイルを、m2ts形式やBD形式に変換するソフト。
これを知ったおかげで、ようやくことが進んだ。

後者は、AVCHD形式のフォルダやファイルを作成するソフト。

tsMuxeRを使わないで、直接MP4ファイルでmultiAVCHDを使って変換していた時は、うまくいかなかった。これが、そもそも、うまくいかなかった原因のよう。
tsMuxeRでワンクッション置くこと(MP4をm2tsに変換)によって、うまくいったのである。

本当にどちらも有り難うございました!

 

tsMuxeRの画面。

このソフトで、まずは、MP4のようなファイルを、m2ts形式に変換しておく。

ちなみに、ここで、Blu-ray ISOを作れば、BD-R/REに焼いて、BDプレーヤーで再生出来る。観るだけならこれが一番簡単かも。multiAVCHDなんていらないし。

 

このソフトを使っての注意事項。

  • このソフトで、m2tsファイルを作成する時、複数ファイルを連結させたい、つまり、1つのファイルにしたい場合は、最初にベースとなるファイルを登録(add)し、その後は「join」ボタンで登録
    ※MP4を直接連結するより、一度m2tsファイルを作成し、その後、連結した方がよさそう

 

次、multiAVCHDの画面。

僕はメニューは作らないので、それは割愛。

 

DVD-RWに収めるAVCHDファイルを作成する場合

詳細な説明は抜きで、キーワードだけ。

  • transcodeは変換なし(Do not transcode)
  • 「Start」を押した後は、「AVCHD for optical media (DVD R/RW or BD-R/RE)」の中の「AVCHD(strict)」を選択

注意事項はこれだけなんだけれど、ここに行きつくまでが大変だった。(苦笑)

 

次に、DVD-RWに焼く。

ImgBurn」で焼く場合

  • AVCHDTN、BDMV、HDAVCTN、IISVPLの各フォルダがルートになるように焼く
    親フォルダの「AVCHD」フォルダは不要
  • オプションで、UDF2.5を選択

別に「ImgBurn」でなくても、Windows標準のUDFフォーマットでも作成可能。

  • DVD-RWをドライブに入れ、そのドライブを右クリックし、UDF2.5でフォーマット
  • フォーマット後、DVD-RWを開き、AVCHDTN、BDMV、HDAVCTN、IISVPLの各フォルダがルートになるようにコピー
  • ディスクを取り出せば、自動でファイナライズされる

どちらであっても注意事項として、プレーヤーによっては、ファイナライズをしていないと再生/取り込み出来ないこと。

WindowsのUDFフォーマットであれば、ディスクを取り出す時に、自動でファイナライズしてくれるので気にしなくてよい。

 

SDカードにAVCHDを記録する場合

tsMuxeRで、m2tsファイルを作成

multiAVCHDで、AVCHDファイル/フォルダを作成

  • transcodeは変換なし(Do not transcode)
  • 「Start」を押した後は、「AVCHD for optical media (USB/SD/SDHC/MMC/MemoryStick)」の中の「TV/Camcoder(NTSC 60Hz)」を選択

※SDカードに、PRIVATEフォルダを作成し、AVCHDフォルダをコピー。AVCHD内の「BDMV」のみを残し、それ以外はすべて削除
フォルダ構成は、「PRIVATE-AVCHD-BDMV」

※SDカードをFATフォーマットにしていると、1ファイル2GBの壁があるので、注意!
※exFATフォーマット形式であれば、2GB超(厳密に言えば4GB超)のファイルを作ることは出来るが、読み込む機器(TVやHDDレコーダー)によっては、読み込み出来ない可能性があるので、注意。(コメントからの情報提供)

※「Do not transcode」にしている理由は、MP4/m2tsになっているのに、わざわざまた変換することもないだろう、ということで。
こうすれば、AVCHDファイル/フォルダの作成時間が大幅に縮小される。

注意事項はこういう感じ。

 

次に、音声について。

基本的には、フルHDやHD関連は、48kHzのサンプルレートの方がいいようだ。

また、音ズレする場合は、次のようにするといいでしょう。

MP4ファイルから、音声だけをAC3形式、48kHzに変換する。

そのために、「XMedia Recode」を使わせてもらう。

このソフトかなり便利。色んなファイル形式に変換してくれる。

メイン画面。

この画面で、「AC3」を選択し、

下記の画面で

コーデックをサンプルレートを「48000」にする。

変換するファイルをリストに追加し、エンコードボタンを押せば、音声のみのAC3ファイルが出来る。

次に、multiAVCHDの「properties」画面の中で、音声ファイルを置き換え。

「Audio」というタブの中に表示されているm2tsの音声ファイルを削除。

次に、「add」ボタンを押し、作成したAC3ファイルを追加。上記は、追加後のもの。

「OK」ボタンを押し、変換開始。

 

とまぁ、出来てしまえばこんなもんか、という感じだけれど、何度も言うけれど、ここに至るまでが大変だったのである。

BDを使うより、AVCHD形式のDVD-RWやSDカードを使う方が取り回しがいいんだよね。

1ファイルが2GB以内なら、SDカードで、それを超えて4GBまでなら、DVD-RWで作ればいいのだから。

余程画質、つまり、ビットレートにこだわりがなければ、MP4ファイルを使って、こういう形式に変換した方が効率が良い。

何年も前からAVCHDについては手こずっていたけれど、これが一気に解決して本当にスッキリした!

超嬉しいのである。(笑)

|

« もったいない | トップページ | 曇天下でも »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ものすごく助かりました❗❗\(^o^)/
ありがとうございます(*^^*)

投稿: | 2020年6月16日 (火) 20時07分

お役に立てたようで、何よりです!

何よりも、そういうソフトを提供してくれていることに感謝、ですね!(笑)

投稿: おは | 2020年6月16日 (火) 20時36分

数年前の記事でしたのでメッセージを送っても読まれないかな…と思っていたのでお返事下さってびっくりです😆❗
約10年モノのテレビのSDスロットを何とか利用できないかとネットで調べ回ること1日(笑)…ようやくこちらにたどり着きました😂🎵
すごく丁寧に、音ズレのことまで書いて下さっていて本当に大助かりです😄💕✨
慣れるまでしばらくお世話になると思います😚本当にありがとうございます(*^o^*)

投稿: | 2020年6月16日 (火) 21時18分

こちらこそ、わざわざコメントを残して下さって、嬉しく思いますし、書いたことがお役に立ったようで、よかったと思っています。

今回はテレビでの使用とのことですが、HDDレコーダーに取り込む時は、うまくエンコードすれば、容量の節約にもなります。

数年前の記事ですが、今でも通用するというのは嬉しいですね。

投稿: おは | 2020年6月17日 (水) 06時50分

なるほど~👀
レコーダーに取り込む時は工夫してみたいと思います😄(…と言ってもやり方が分かりませんが😂(笑)調べます🔍✨)
私はミュージックビデオをテレビで観たいがために頑張っているのですが、どうしても半音下がって記録されてしまう映像があります😓おはさんが音ズレに関して書いて下さってるのを参考に、音声ファイルを変更してもです😥この辺りはテレビとの互換性の話になってくるのでしょうか💦
そしてファイルを追加をしたい時は、前回のを全部消して丸ごとSDカードに焼き直しになりそうなのが悲しい所です😅
手軽にファイルを一つずつ追加できるといいのになと思います💦
このテレビが故障する頃にはmp4やmkvなどの様々なデータを読み込んで手軽に視聴できるテレビが発売されていることを願うばかりです😄🎵

投稿: | 2020年6月18日 (木) 14時26分

・半音下がる
そういう現象に出くわしたことがないのでよくわかりませんが、まずは、AVCHD化したフォルダの中の「STREAM」フォルダの中の「MTS」ファイルをPCでVLCのようなプレーヤで再生してみて下さい。
それで半音下がっているなら、変換過程で下がってしまっているということだと思います(僕の方では、そんな経験は一度もないです)。
そうでなければ、TVの問題。
前者であれば、別のソフトを使って、予め、動画と問題のない音声をズレを修正した状態で結合しておく。
そのファイルを使って、AVCHD化する。

・追加
追加というのは、新たにMVを追加したいということだと思うのですが、これはどうしようもないですね。
ご自身の方で、楽に変換出来る仕組みを作ってしまうしかないと思います。
毎回音を追加する作業が面倒であれば、何らかのソフトを使って、音ズレを修正した動画ファイルを作っておいてから、全てのAVCHD化をする、という感じで。

・TVでMP4やMKVを再生
誰もがそうあってほしいと思うのですが、残念ながら、未だにそれは出来ません。
技術的に何も問題ないとは思いますが、今のご時世でもそんなことが出来ないということは、権利やら何やらの問題があるので実現しないのでしょう。
(そんなこと気にしない某大国であれば、そういうTVもあるかもしれませんが。(笑))
ということは、いつまで待っても、実現しないと思います。
一番手っ取り早い方法は、PCとTVをHDMIケーブルで接続すること。
そうすれば、PCで再生したものがそのままTVに映し出されます。
つまり、TVをPCのモニターにする、ということです。
次に、Androidが搭載されたTV Box(もしくは、ChromecastやFire TV Stick、他同様のミラキャストする装置)のようなものを買って、ネットワーク経由か、それにメモリーカード読み込み機能があるなら、MP4やMKVファイルをメモリーカードにコピーして再生、という感じでしょうか。
毎回、AVCHD化する手間を考えれば、こういう装置を買ってしまった方が手っ取り早いと思います。
大画面で動画を観たい、ということであれば、そういう装置を使えば、ご自身の観たいMVだけではなく、YouTubeなり何なりを簡単に観られるようになりますしね。

コメント内容を勘違いして書いているかもしれませんが、僕の知っている範囲での回答です。
ご参考まで。

投稿: おは | 2020年6月18日 (木) 20時22分

こんにちは(^o^)
丁寧なご返信、ありがとうございます😄✨❗❗

・半音下がる
確かにMTSファイルを開けて再生すると、半音下がっていました😭変換過程で下がってしまっているということですね❗💦
これが音ズレというものなのか?('_'?)と思い、教えてくださってるXMedia recodeを使った方法でAC3に変換した音声ファイルをmultiavchdでくっ付けても同じ結果でしたので諦めてました😢
そういえばmultiavchdでその動画を変換している時、横のプログラム画面で「この動画にはこの音声ファイルが付いてるのか…うーん」みたいなメッセージが出てた気がします😂
半音下がる動画はYoutubeからのもので、他の動画にYoutubeからのものも含まれているのですが、そのようなメッセージが出るのはこの動画だけだな…👀なんて思っていました💦
1週間後に好きなグループの新曲が出た後、MVがリリースされたら再度multiavchdを使い追加のため焼き直しする予定ですのでその時に例のメッセージを記録しておこうと思います👀❗
別のソフトですか…😓何かおすすめのソフトがありましたらまた教えてくださるとうれしいです😄

・追加
了解です😂❗時間を計ってみると1時間弱くらいで完了しますので、毎回焼き直ししようと思います。multiavchdには前回の内容を記録してくれる機能があってよかったです😄それを引っ張り出して追加曲を入れてStartボタンを押すだけなのでまぁいいやと思います(^^)

・ TVでMP4やMKVを再生
そうですよね~😅これだけ技術が発展しているのにそういうTVが製作できない訳がないですものね😂大人の事情というやつですね😣
実は旧型のdtvターミナルを持っており、HDMIにケーブルに接続すればミラキャスト再生もmp4も再生できるのを分かっているのですが、dtvも現在は契約を解除しておりますので「TVでSDカード内の動画さえ観れればわざわざ繋ぐのもなぁ…繋いだ所で反応も遅いし動画を通しで流してもくれないし、できたら使わない方向でいきたいなぁ…」という考えでこの方法を選びました😁
ミラキャストは便利ですよね📺❇
この先、どうしても不便になったら新しく機器を新調または追加させようかなと思います☺
(レコーダーがmp4に対応してれば何も問題なかったのに…😅💦sony製は対応しないように作られているのですかね?)

また来させていただきます(*^^*)
毎回ありがとうございます❗💠

投稿: Yu | 2020年6月20日 (土) 16時06分

Yuさんという名前だったんですね。

・半音下がる
以下、僕だったこうする、です。
(1)映像と音声を分離
(2)音声を、AC3の48kHzに変換
(3)何らかのソフトを使って、映像と変換した音声(AC3)をズレを直した状態で結合
(そのソフトはご自身でお探し下さい。)
(4)その出来たファイルを使って、今回の記事の通りする
そうすれば、音だけの追加処理をしないことになるので、半音下がることはないと思います。

・ TVでMP4やMKVを再生
Yuさんのテレビ事情がわからないのできちんと言えませんが、dtvのターミナルを、契約なしでも使えるなら、また、しょっちゅう観るものなら、繋ぎっぱなしでもいいのでは?と思うのですが。
それで、PCからストリーミング再生すれば、反応が遅いとかそういうことはないような気が。
また、いつでも好きな曲のMVを観られます。
一番いいのは、最新のミラキャスト端末を入手して接続することでしょうが。

改めて、ほんのちょっとだけ調べてみましたが、HDDレコーダーによっては、MP4の再生や取り込みが出来る機種があるようです。
調べてみて、それを購入するというのもいいですね。


上記を書いてから気が付いたので、音ズレ、半音下がるについて追加。

言葉の解釈が違っているのでしょうか?

半音下がる、は、文字通り、音が半音下がる、です。
ミの音がレの#になるということです。
例えば、カラオケに行って、自分が歌えるキーに合わせて、音の高低を変える、というもの。

音ズレ、というのは、時間軸のズレです。
例えば、1分のところで、「愛している~」と映像では歌っているのに、音の方は、1分2秒のところから、「愛している~」と音が出てくる、というものです。

コメントを読んでいて、認識の違いがあるのでは?と思いました。

半音下がるというのは、意図的にそういうことをするソフトでないとそうならないので、多分、Yuさんは、音ズレのことをいっているのではないかと思っています。

multiAVCHDでその音ズレを修正するには、「Delay」というところに、「20」ms、「-20」msと入力し、「change」ボタンを押せば、ズレを修正できます。
msとは、ミリ秒のこと。
結果は、その音声ファイルのところに出てくると思います。
どのくらい、前か後ろにずれているのかわかりませんが、そのズレを何かのソフトで認識する必要性があると思います。
そのズレの秒数が簡単にわかればいいのですが、わからなければ、これでやるより、先述の通り、音ズレを修正出来るソフトで変換をかけ、その変換後のファイルを使う方が楽だと思います。

投稿: おは | 2020年6月20日 (土) 19時11分

おはさん、こんにちは😄

「半音下がる」はカラオケのキーが下がるのと同じ意味です❗
おはさんが仰っている音ズレは秒などの時間だということは理解していたのですが、もしや半音下がるという現象も音ズレに含まれてるのかなと思い分離してくっ付けたりを繰り返しましたが…未だ解決できません😅
因みに…その例の動画はYoutubeにもアップされていまして😲音声そのものが特殊なのでしょうか💦
もしよければwwwとyoutubeを前に付けていただき、観てみて下さい😣💦/w3cyqfuaYUo
色々とアドバイスありがとうございます😆❗Lossless cutという別の動画と音声を繋げたりの編集ができるソフトを使ってみましたが、そうしてmp4を作成してもmultiavchdではエラーが起こり、お手上げ状態に陥ってます┐('~`;)┌💦

dtvターミナル、操作の反応が遅いですし(ボタンの反応や次に進む動作で、CPUの問題と思います。)SDカード内の動画を連続再生してくれないので1曲終わったらホームに戻ってまた再生ボタンを押すという動作が面倒で…😅💦
ミラキャストを繋ぐのもCPUが悪いせいで毎回手間が掛かってしまうんです😣もう一つの機器の電気も喰ってしまうので、私にとってはTVのSDカードスロットが便利と感じました😄(連続再生してくれますし、反応も早いです✨)

はい❗どうしても不便になったら新しい機器の購入も考えてみます(^o^)/🎵
(音ズレに対しての詳しい解説をありがとうございました😌💕)

投稿: Yu | 2020年6月27日 (土) 13時22分

すみません💦YoutubeのURLの前に付けるのはhttpsコロンスラッシュスラッシュ
とyou.tubeでした😣💦

投稿: Yu | 2020年6月27日 (土) 13時28分

おはさん、度々すみません💦
先ほどSDに焼いてみて気付いたのですが、元の動画は2分1秒なのに変換された後にTVで確認すると2分5秒で出来上がってました❗
音が下がってる訳ではなく、動画と音声がうまく変換されるように引き伸ばされていたのかもしれません😲❗

投稿: Yu | 2020年6月27日 (土) 13時47分

Yuさん>

まず、動画ですが、女性4人組のものですよね?
あと、彼女たち、歌っていないので、音ズレしているかどうかの判断は、左下にある英語の歌詞で行いました。

結論を書くと、僕の環境では全く問題ありません。
ダウンロードした動画でも音ズレはないし、multiAVCHD作成後の「mts」ファイルでも音ズレ、ましてや、音が下がるなんていうことは起こりませんでした。

では、僕がやったことを書きます。
XMedia Recodeでやったことだけを書いており、使い方の説明は省いています。

(1)「youtube-dl.exe URL」で動画をダウンロード。これの使い方に関しては、ここでは書きません。
出来たファイルは、「mkv」ファイル。音ズレなし。
(2)そのmkvファイルを、XMedia Recodeで、まず、音声ファイルAC3(48KHz、192kbps)を作成。
(3)ダウンロードしたmkvファイルのオリジナルの音声を削除、変換したAC3ファイルを追加し、「m2ts」形式で出力。
映像、音声とも、変換処理はせず、「コピー」指定。
このファイルでも音ズレなし。
(4)出来たm2ts(ts)ファイルを、multiAVCHDに読み込み、この記事通りに出力。
(5)STREAMフォルダ内にあるmtsファイルをPCで動作確認しましたが、問題なし。
TVでは確認していません。悪しからず。

と、こういう感じです。

2分5秒になるのは、音をズラしているからでは?
多分、TVの方では、そのズレがきちんと情報として認識されていないのではないでしょうか?

僕はその手の機器を使ったことがなく、使い勝手はわからないのですが、色々とあるんですね。
でも、その「お陰」で、もっといい方法はないか?と四苦八苦し、その結果、色んなことを知ることになります。
僕はいつもそういう感じです。
本当に、トラブルが人を強くする、ですね。
ネットにある色んな情報にお世話になりっぱなしで。
ご恩返しも兼ねて、あまり出ていないな、と思った情報は、こういう感じでまとめたりします。

投稿: おは | 2020年6月27日 (土) 19時09分

はい、その動画です😊
試してみて下さってありがとうございます😄
教えて下さった通りにやってみたのですが、やはり何度トライしても半音下がって仕上がる…といいますか、動画全体が数秒伸ばされているので音もそれにそって引き伸ばされて音が下がっているように仕上がります😭 TVで視聴する前に、STREAMフォルダ内にあるmtsファイルをPCで動作確認しましたが、その仕上がりです💦
(映像も同じように数秒伸ばされているようですので音ズレはありません😌)
yahoo知恵袋に出来上がった動画の秒数が伸びるという質問があったのですが、その方と同じ現象が起きているのではないかなと思います😥
他の動画は全く問題ないのですが😣💦
これに関しては我慢するしかなさそうです。。慣れれば問題ないのですが、Youtubeのものを聴くと音が下がってるのがよく分かるので残念です😞

トラブルは人を強くする、まさにその通りです😌
ネットに必要な情報を詳しく載せて下さっている方には本当に感謝です(^∧^)
おはさんが載せて下さっているおかげでmultiavchd、ぱぱっと使えるようになりました(^◇^)

投稿: Yu | 2020年6月27日 (土) 20時27分

Yuさん>

果たして、Yuさんの使っている大元のファイルと僕の方のファイル、同じなのでしょうか?
僕は、先述の通り、youtube-dl.exeでダウンロードしました。

例え、やっていることが同じでも、使っているファイル、つまり、大元のファイルが違っていれば、出てくる結果は異なる可能性があります。

もし、全く同じファイルで、そういう結果になるのであれば、YuさんのPC側の問題。
もしかしたら、multiAVCHDの設定で、何か触ってしまっているかもしれません。
そんなに大層な処理をしているわけではないので、マシンスペックは関係ないとは思うのですが...

僕はこういうのは出くわしたことがないし、僕の環境で起こっていることではないので、これ以上、僕の方で追及は難しいです。
YuさんのPCを見れば、何かしら解決になる糸口が見つかるかもしれませんが。

とにもかくにも、大元のファイルが違っていれば(おかしければ)、変換過程で何らかの「変な変換」が掛かっていてもおかしくはないはず。

ようやく意味が分かりました。
その秒数が伸びるっていうのが、音が下がっている原因ですね。
この場合は、音ズレとは関係ない話、かな。
物理的に、半音下がっているわけでもない。
つまり、0.8倍速のような感じでエンコードされてしまっているのでしょう。
音が下がっているのではなく、秒数が伸びた結果、音が下がって再生されている、ということですね。
ようやく、合点しました。

投稿: おは | 2020年6月27日 (土) 21時06分

追加。

一つ一つ検証することも大事ですね。

僕が書いているように、一つ一つの処理ごとに、そのファイルに問題ないかどうか?

(1)ダウンロードしたファイルは問題ないか?
(2)XMedia Recodeで作成したm2tsファイルは問題ないか?
(3)multiAVCHDで作成したmtsファイルは問題ないか?

(2)まで大丈夫だったら、(3)が問題。
つまり、multiAVCHDの設定の問題が大きいでしょう。

(2)で既におかしいなら、PCの問題(マシンスペック)?
もしくは、別のソフトでm2tsファイルを作成してみる。

あとは、XMedia Recodeで、僕は変換を掛けない「コピー」にしましたが、「変換」を掛けてみる、つまり、映像のビットレートを変更してみてエンコードしてみるのです。
そうすれば、元のファイルとは違う形でエンコードされていることになるので、元のファイルがおかしければ、ここで是正(という言葉が相応しいかわかりませんが)されるかもしれません。
元のファイルがおかしければ、もっとおかしくなるかもしれませんが。

と、こういう感じで切り分けていくといいと思います。

投稿: おは | 2020年6月27日 (土) 21時13分

解説をありがとうございます😄
そうです❗まさに0.8倍速でエンコードされてる状態なのです😭
やっぱり大元のファイルが問題ですよね💦
教えていただいたyoutube-dl、使い方難しいですね😵🌀
何とかコマンドプロンプトを使用してダウンロードできたものの低画質だったり、映像と音声が分かれていたり…(笑)

分かれていても高画質な映像をmultiavchdに試しにかけてみてもエラーが出て、変換できずでした😢💦

おはさんと同じファイルをダウンロードする所からで(mkvファイルですね❗)、その後は教えていただいた通り一つ一つ確認していこうと思います(^^)
毎度ありがとうございます😌❗

投稿: Yu | 2020年6月27日 (土) 22時27分

Yuさん>

youtube-dl.exe、今回僕がやったやり方は、全く難しくもなんともないですよ。
僕の場合、このツール、そんなに古い付き合いではないので、わかっていないことが多いですが、Yuさんが言っているような、ある時は低画質、ある時は映像と音声が分離されていて、というようなロシアンルーレット的な「ランダム」な結果が出るものではないと思います。

今回は、上記に書いた通り、
その1
youtube-dl.exe URL
としただけです。
こうすれば、このツールが判断して、最善のものをダウンロードしてくれます。
(まさか、Yuさんと僕とで、URLが違っていることはないとは思いますが。あと、このツールがマシンスペックを見て変えているとは思えません。)

今回の場合は、mkvファイルに変換されて、ファイル・サイズは、42,503KB。

きっと同じ結果になると思うのですが。

もう一つ、Yuさんがおっしゃっている、低画質やら映像と音声を分離ということであれば、こういうやり方があります。

解説は、ネットで調べて下さい。
やり方だけ書いておきます。

その2
(1) youtube-dl --list-format URL
すると、ずらずらとリストが表示されます。
この中から、映像と音声を組み合わせて、ダウンロードします。
今回は、最善のものを選びたいので、ほしいファイルフォーマット(今回の場合は、mp4とします)、解像度の高いもの、ビットレートの大きいものを選択します。
今回の場合は、mp4フォーマットの映像、FHD、ビットレートの高い4434kのもので、一番左の数字「137」を選択。
次に、音声(audio only)は、上の方にあり、webmの144k、一番左の数字「251」を選択。

(2) youtube-dl --format 137+251 URL
こうすれば、自動的に映像や音声を結合し、今回の場合であれば、mkvファイルが出来ると思います。
同じファイル名があると、ダウンロードしてくれないようなので、既にダウンロードしているファイルがあれば、ファイル名を変更しておいて下さい。
今回の場合、僕は、その1でやったものと、その2でやったもの、全く同じものが出来ました。
(きっと、このやり方でダウンロードしたものと、Yuさんのこれまでのやり方(どういうツールを使ったのかわかりませんが)でダウンロードしたものでは、違うものになっていると思います。)

試しに、音声は上記と同じもので、HD画質のmp4の「136」や「398」もダウンロードしてみました。
前者は、13,694KB、後者は、16,973KBとなりました。

その2のやり方を知っていれば、自分の好みや都合に合わせた状態のファイルをダウンロード出来るので、とても便利です。
これさえ知っておけば、他のYouTubeダウンロード・ツールはいらないくらいです。
だって、自由な組み合わせで自分の希望のものが出来るのですから。

ここまで具体的にやって、違うファイルが出来るとは考えられないです。
これで、大元のファイルが同じになった、と僕は信じております。

あとは、前回書いたように、XMedia RecodeでAC3ファイルを作成し、それを使って、m2tsファイルを作成し、multiAVCHDで変換掛けます。

これでもまだおかしいのであれば、マシンスペックで結果が異なるということはないと思うので、XMedia Recodeの使い方(設定)が僕とは違っている、multiAVCHDの設定が違っている、ということになると思います。

とことん原因追求、ということであれば、Yuさんが使っているおかしいと思われるファイルを僕の環境でどうなるか、ですね。
ここまですれば、はっきりとするでしょうが、きっと上記で問題ないと思っています。

投稿: おは | 2020年6月28日 (日) 07時54分

丁寧な解説をありがとうございます😭💕
またyoutube dlに挑戦してみました❗
ffmpegの設定がきちんとできていなかったようで、やり直すと分離することなくmkvファイルがダウンロードできました😄
…が、おはさんがダウンロードされたものとファイルサイズが違いました(・・;)(私のものは41.5MB 43,522,828バイトだそうです)
でもとりあえずこれをXMedia Recodeにかけてm2tsしmultiavchdで変換してみると…

やっぱり引き伸ばされてしまいました😭

これだけおはさんに解説していただいてるのに何でこうなってしまうのか…😢
なんとしても成功させたいのでyoutube dlを使いmp4で取ってみたりして挑戦してみます💦

投稿: Yu | 2020年6月28日 (日) 12時04分

1つ1つ確認する中で、Xmedia recodeでM2TSに変換する時にファイル拡張子の項目をtsからm2tsに変更して変換してみた後、multiavchdでそのファイルを開いてみるとpropertiesの音声の項目が2行になっており1行目にdelay:-4ms(SD audio)という項目が出ておりました👀
毎回4秒ほど引き伸ばされていたのでこれは大きな進歩なのではないかなと少しテンションが上がってしまいました(笑)
引き続き頑張ってみます💪😄

投稿: Yu | 2020年6月28日 (日) 12時49分

むむむ( ゚ε゚;)
何度工夫をして色々変えてやってみても2分1秒の動画が2分5秒に変換されてしまいます😂
(音ズレはやはり全くありません)
ここまでくると、大元の動画をavchdに変換するとそのようになってしまう仕組みなのではと思ってきました😅💦
multiavchdで伸ばされる分を計算して速くなるようにXmedia等でエンコードするしかないのではないかなと考えるようになりました😵(私にはそんな技術ありませんが💦)

もしくは大元の動画をmultiavchdで変換するとそうなってしまうだけで他のソフトを使えばそうならないのかな…なんて思っていますができるならmultiavchdで変換したい所です😭

投稿: Yu | 2020年6月28日 (日) 15時15分

Yuさん>

ファイルサイズは、それでOKです。
僕は、Explorerではなく、別のファイル・マネージャで見ていたので、表示が違っていました。
よって、きちんとダウンロード出来ているようです。

4msというのは、ミリセカンド(ミリ秒)であって、セカンド(秒)ではありませんよ。
単位が違います。
僕の方でも、multiAVCHDでは、2行表示になっています。
但し、-7msです。
(思うに、XMedia Recodeでの僕の変換設定とYuさんの変換設定が微妙に違っている可能性があります。
もし同じなら、そういうものも同じになると思うので。)

YuさんのPC環境がさっぱりわからないので、僕の方ではお手上げ状態です。
僕のところまでPCを持ってきてくれれば、きちんと解決してあげられるのですが。(笑)

原点に戻ります。

とても大事なこと。
使っているツールは、全て最新バージョンかどうか?
multiAVCHDはもう更新されていないので、それ以外全て。

次にやってみるといいこと。

そのYouTubeの動画は、PAL、つまり、25fpsのようです。
これが何か関係している可能性はあります。

XMedia Recodeの映像の中の設定で、「コピー」ではなく、「変換」にし、「29.97(NTSC)」にしてみたらどうなるか?
その状態で、multiAVCHDの方でも、NTSCの方を選択して変換する。

次は、XMedia Recodeの映像の中の設定を「コピー」にする。
それであれば、PAL(25fps)のまま変換されます。
multiAVCHDの方では、今までは、NTSCでやっていたと思いますが、「PAL」の方で変換します。
(但し、この状態でTVで再生できるかどうかはわかりません。とりあえず、PC上で確認するためのもの。)

元のビデオと同じフレームレートにしてあげるのです。

僕の環境では、そういうのを意識することなく、問題ないのですが、Yuさんの環境では何か関係しているのかもしれません。

微妙な再生速度の変化は、このフレームレートが関係している可能性があります。

あとは、「レート制御モード」を「固定ビットレート」にし、「3000」にしてみたらどうか?
「3000」であれば、オリジナルと似たようなビットレートです。
これを、上記のNTSC、PALそれぞれで変換してみて下さい。

ここを書いていて、ふと思いました。
AC3ファイルを作成する時の設定です。
僕は、「固定ビットレート」「192」「48000」にしています。

とりあえず、こんなところです。

投稿: おは | 2020年6月28日 (日) 17時43分

お…おはさーん\(^o^)/❗

すみません、解説して下さっていた🔼Xmedia Recodeの変換ではなくコピーと解説して下さっているのを読み落としていたのに気付き、コピーをかけてみると…PCで正常にMTSファイル化されていましたー\(^o^)/
しかしTVでは表示されずでした😭

あと一息な気がします😃✨
追加の解説をよく読んで試してみます☺

ありがとうございます😄✨

投稿: Yu | 2020年6月28日 (日) 18時51分

お…おはさーーーーーん❗❗
゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚
つ…ついに❗❗できましたヽ(*´∀`)ノ
TVでも再生可能で伸ばされていない変換が✨🙌😭🙌✨

Xmedia Recodeでフレームレートを25fpから29.97に変換をかけてmultiavchdで焼くと正常にできていました😭🙌💕
追加で詳しく解説して下さって本当にありがとうございます😆❗❗
PALについて言及して下さっているのを見たとき「それだ❗」って思いました😲❗
前にmultiavchdで見た"この動画にこの音声うーん"みたいなメッセージがこの動画だけ出ていて気になっていたけど、それはPALについてのものだったのみたいです。疑問も解けてスッキリしました😄✨

25と29.97でフレームレートが異なるため、multiavchdではNTSCで再生できるように変換をかけてくれて結果的にその分が伸びてしまっていたのかな…と思います😅(笑)

おはさん、こんなしようもないことにご親切にここまで付き合って下さり本当にありがとうございました🙇💕
教師代を支払いたいくらいです😭💕

投稿: Yu | 2020年6月28日 (日) 19時25分

Yuさん、よかったですね。

逆に、僕にとって疑問なのが、僕は何も難しいことはしていないのに、何も問題なかったということ。
(TVでは視聴していないので、実際はどうかわかりませんが。)
だったら、僕の方でも同じようなことが起こってもいいはずなのに。
今度は、僕の方がモヤモヤします。(苦笑)

今回の場合は、MVなので、変換掛けてもそんなに時間が掛からないからいいのですが、少しでも時間を節約したいなら、XMedia Recodeでは、「コピー」を使いたいところです。

今後のことも考え、「MediaInfo」というソフトを使うといいと思います。
動画や音声ファイルの情報が確認できます。

その中を覗いて、フレームレートやビットレートを確認し、変換掛ける時の参考にするといいと思います。
Yuさんの環境では、フレームレートに左右されるようなので、最初にそれを知って、しかるべき変換を掛けるようにすればいいのではないでしょうか。

そして、自分なりの処理フローを作ればいいと思います。

今後、同じようなことが起こるかわかりませんが、以前書いたように、こういうことを切っ掛けに、色んなことを知ることが出来てよかったですね。

投稿: おは | 2020年6月28日 (日) 20時13分

いえいえ、おはさんの環境は問題ないですよ❗
おはさんがご自身の環境で試して下さったことの項目の
『(3)ダウンロードしたmkvファイルのオリジナルの音声を削除、変換したAC3ファイルを追加し、「m2ts」形式で出力。
映像、音声とも、変換処理はせず、「コピー」指定。
このファイルでも音ズレなし。』
私はこの「コピー」の部分を読み落としておりずっと「変換」のままにしていたので動画が伸びる羽目になっていたのです💦 

コピーに変えることによって(おはさんが教えて下さった手順通りに変換)PC内で伸びることなく再生できるようになりましがTVでは読み込み不可。(おはさんはTVでの確認はされていないと仰ってましたよね、ですので問題ないですよ😃❗)
私は何としてもTVで再生したかったので、そこでさらにfpについて解説して下さってるのをヒントに、TVで再生するためにレートを25から29.97のNTSC用に合わせて変換を加えることでTVでの読み込みが可能になったという流れでした😄

ですので、おはさんの教えて下さっていた手順通りに最初からできていれば私の方でもPC上のMT2ファイルは問題なかったということです😉

アドバイスありがとうございます(^^)
今後もし困ったら今回のことを参考にしたいと思います☺

本当に感謝です( T∀T)💕
お世話になりました😌✨
親切丁寧にありがとうございました🙇💕

投稿: Yu | 2020年6月28日 (日) 20時56分

Yuさん>

「変換」掛けていたとのことですが、じゃぁ、なんでそんな1倍速未満の変換になったのかが疑問。

設定がどうなっていたのかわかりませんが、もし、NTSCだったら、問題ないはずだったろうし、PALのままだったら、それ以外の設定が関係していたということなのかなぁ。
可変ビットレートか、固定ビットレートか。
可能性があるとしたら、前者の時に、変な変換になった?ということなのか。

以前、PALのものを、今回のような手順で、最終的にmultiAVCHDで変換掛けて、HDDレコーダーに取り込みしましたが、問題なかったんですよねぇ。

まぁ、いいや。
上記は独り言なので気にしないで下さい。

僕としても、もし、今回のようなことがあったら、PALやNTSCが関係しているかもしれないということを知ることが出来たので、よしとします。

お疲れ様でした!

投稿: おは | 2020年6月28日 (日) 21時33分

おはさんがPAL動画を変換された時は問題なかったのですか😲❗

変換かけていた、と言いますかその辺りを全く触っていなかったのです😵
おはさんに教えていただくまで気付かずにダウンロードした25fのままで毎回multiavchdにかけていて伸びていました😅💦

m2tsに変換する仕方を教えていただいてからXmedia Recodeで形式をm2tsにするためにエンコードしておりましたが、映像の所は開きもしなかったんです。
元々の設定がコピーではなく変換になっており、その下にあるフレームレートは「オリジナルの保持」のままになっておりましたのでその設定が引き継がれ、何度変換しても例のPALの動画は元々のフレームレートが変わらず25fのままでした。
それをそのままmultiavchdにかけており、やはり伸びていました💦

全く知識がない私の考えでは、multiavchdではNTSCで変換するように指示を出していたのでmultiavchd的には「この動画PALだから25fじゃん!NTSCのレートは29.97fなのに…この動画のフレームレートを29.97に変更しなきゃ!」といった感じで毎秒のフレームレートをわずかに伸ばされた結果、動画自体が伸ばされていたのではないかな~、音だけが下がっていると思っていたのは2分の動画を全体的に4秒ズレされているのに目視で気付けていなかったからだなぁ…と思いました👀💦

全く的を得ていなかったらすみません😅💦
おやすみなさい😌🌃💤

投稿: Yu | 2020年6月29日 (月) 00時33分

Yuさん>

僕の方で、全く違うPALビデオを、コピーではなくPALで変換して、NTSCでmultiAVCHD化してみました。

が、全く問題ない状態です。
multiAVCHD内の動画はPALのままのようなので、それがTVで再生出来るかどうかはわかりませんが。

僕の方でも同じ現象が起こってもいいような気がしますが。

なんであれ、お互いの環境で問題ないなら、とりあえずはそれでいいと思います。

これからは、好きなアーティストを観て、楽しく過ごせますね。
よかったよかった。

投稿: おは | 2020年6月29日 (月) 06時34分

デフォルトの違いかなと思ったのですが、そうでもなさそうですね(・・;)
そうですね😊あまり深く考えず、お互いの環境で思ったように変換できればそれでいいですよね✨

ありがとうございます😄🎵
楽しみますヽ(*´∀`)ノ🎶

投稿: Yu | 2020年6月29日 (月) 13時12分

Yuさん>

今回、色々と経験したのだから、今後は何でも来い!ですね。(笑)

楽しい音楽ライフを!

投稿: おは | 2020年6月29日 (月) 19時39分

記事拝見。大変参考になりました。
以前から同じような手順でレコーダーに動画をコピーしていますが、ソースによって再生できなかったり、音がずれたり、縦横比がおかしくなったりと、苦労していました。
ところで、私はUSBデバイスで機器にコピーしていますが、exFATフォーマットを使えば4GB超えでも大丈夫ですよ。
再生機器側が対応しているかどうかにもよると思いますが。
ご参考まで

投稿: dolphin6k | 2020年7月19日 (日) 12時42分

dolphin6kさん>

色々とお詳しいようですが、何らかのヒントになったのであれば幸いです。

exFATの件は、文中に追記させて頂きました。
情報有り難うございます!

投稿: おは | 2020年7月19日 (日) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もったいない | トップページ | 曇天下でも »