« やっとこさ | トップページ | みどり »

2017年5月13日 (土)

曇天下でも

動き回る頃には雨はほぼ止んだ。

でも、時々、霧雨のような雨が。

それでも、曇天下でも、姫路城周辺は盛り上がっている!

第一の目的地に行く前に。

たまたま近くを通りかかったら、感謝状とか言っていた。

もしかして、と思って近づくと。

お城まつりのイベントの一環で、お城の女王の交代式だった。

既に、新しい女王たちのコメントは終了したようで、僕が見ていたのは、旧女王のコメント。

49代の3人。

こちらが、節目となる50代の女王たち。

せっかくなので、旧の三人をアップで。

会場内をグルッと。

あまり出店はないなぁ。

市川町のテントがあったので、もしや、と思って見てみたけれど、僕の好きなひまりん焼はなかった。残念!

せっかくだから、もっと飲食のお店を増やせばいいのに。

お、このアングルいい!

と、グルッと見て回ったので、この日の第一の目的地へ。

新緑がとても綺麗!

でも、どんよりしているからか、写真に撮るとあまり綺麗に見えないんだよねぇ。

この黄緑色の色なんて、すごく綺麗なんだけれどね。

北側のシロトピア公園では、ひめじアーティストフェスティバルが開催されている。

飲食店のテントと姫路城。

こっちは物販の方。

一通り見て周った感想。

以前であれば、やたらと陶器のテントが多かったけれど、全体的にバランスが取れた出店になっていたと思った。

色んなものがあるので、見ていて楽しい。

あと、説明が難しいのだけれど、針金のようなもので音を奏でる品があった。

それぞれ別々の作家さんだったけれど、そういうのが3,4テントあった。

流行っているの?

周りながら、新緑と姫路城を撮影。

物販のテントと姫路城。

やっぱり綺麗。

明日は天気良さそうだから、また来て新緑を撮影しようかしら。

飲食のテント。

お手製の食べ物が多かった。

時代だからか、コーヒーが多い!(笑)

威風堂々。

今回の僕のここでの目的は、

湯飲みを買うこと。

去年、ここで茶碗を買った。

信楽焼のもの。

出来たら、同じ作家さんから買いたかったのだけれど、どうも出ていないようだった。

残念。

それで、色々と物色した結果、ピンと来たのが、姫路の方がされている、高岳焼というところ。

このお店。許可をもらって撮影しております。

せっかくだから、姫路城と一緒に。(笑)

リタイア後に始めたそうで、また、姫路に高岳焼という窯元と言えばいいのか?そういうのがあるわけではない。

その方の住まいの近くに、高岳神社というのがあり、それで名付けたそうだ。

感性的にもピンと来たのだけれど、驚きなのが価格。

なんと、250円のものもあった。僕の目が行ったのは、500円。

さて、どちらにしようか、と思った。

好みとしては、250円の方。

でも、話を聞いて、うーん、それはいいな、と思ったのが500円の方。

さて、どちらを買ったか?

去年買った茶碗と並べてみた。

上から。

この湯飲み、何が気に入ったかというと、この模様。

これ、手で書いたわけではないとのこと。

色を塗って、あとは、焼き上がり後に「自然に」「偶然に」出来た模様なのだそう。

ということで、全て違う模様で、一つとして同じ模様のものはない!

この「偶然に」出来る模様というのが気に入った。

このお店に目が行ったのも一期一会だし、これと出会えて僕の手元に来たのも一期一会。

僕の写心家としてのモットーに相応しい!(笑)

最初、茶碗とはちょっと合わないかな?と思ったけれど、そうでもないね。

これからのお茶ライフが楽しみだ。

迷ったのがこちらの方。

右端にある茶い色のもの。

これらが250円というのは安すぎだ。

このお店で見ていたおばちゃんが、作家さんに、こんな値段だと電気代も出ないのでは?なんて言っていたくらいだし。

確かに。(笑)

とにかく、この模様を見ているだけで楽しい。

更に、こんなこと言うのは恐縮だけれど、それなりの年齢の男の人なのに、かわいらしいものも作ってらっしゃる。

この人が?なんて思うくらい。(笑)

でしょ?(笑)

もし、ひめじアーティストフェスティバルに行くことがあったら、ここの作品を見てほしい。

僕らしい面白い話として、この方、以前は写真を趣味でやっていたそうだ。

なるほど、それで僕が引き寄せられて、ここの陶器にピンと来たんだな、なんて思った。(笑)

この方、姫路城をモチーフにした絵を陶器に描き込んでいた。

上段の棚の真ん中から左側の四角いもの。

そういうものを売りに出していいか、姫路市に問い合わせしたそうだ。

すると、そういうものでも、姫路城の写真そのものを売っても問題ないとのこと。

僕自身、以前から、こういう公共のものを売りに出していいんだろうか?という疑問があった。

本当はダメなのかもしれないけれど、宣伝にもなるから、グレーゾーンかな、なんて思っていたけれど、どうやら姫路城に関しては問題なさそう。

長年の疑問が解決!

もちろん、全ての文化財でOKなわけではないでしょう。
地域やそのものによって違うだろうから、気を付けないとね。

これで、茶碗と湯飲みがいい感じのものになった。

嬉しい!

帰りは、ちょうど、お城まつりのパレードをやっていたので、ちょっとだけ見た。

よさこいのグループが踊って歩いていた。

明日は天気が良さそうだから、姫路城周辺は賑わいそう。

ただ、車は大渋滞なので、車では姫路城周辺は行かない方がいいでしょう。

|

« やっとこさ | トップページ | みどり »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっとこさ | トップページ | みどり »