« 冷凍すると | トップページ | 冷凍すると その2 »

2017年7月30日 (日)

吸水

昨日の夜、飾磨港で花火大会があった。

姫路辺りでは、一番大きな花火大会。

大昔、僕が子どもの頃は、確か、中地の球場辺りでも花火大会があったと思う。

離れたところからだったけれど、見えたので、ちょっとだけ撮ってみた。

この間見た川まつりの花火大会よりもゴージャスだった。

新聞記事になっていた。

播磨灘を彩る大輪5千発 姫路港で海上花火大会

花火は、去年よりも1,000発多い、5,000発。

人出は、7万人だったとのこと。

一方、東京では・・・

「大輪の花」に74万8千人…隅田川花火大会

例年より2,000発多い、2万2,000発が打ち上げられ、人出は74万8,000人だったとか。

おいおい、どちらも規模が違いすぎる!(苦笑)

でも、花火の増加は、2倍なので、姫路はよく頑張ったね!

今日の日中は、夏らしく、ムシムシした暑さだった。日差しも強い!

やっぱりこんな日は・・・

抹茶シナモン豆乳がとても美味しい。

これに氷を入れる。

この氷、しばらくすると、問題が発生する。

それは、コップの周りが結露し、それが雫となって、コースターに貯まるというもの。

うーん、これ、どうにかならないか?と考えていた。

ふとしたことで、結露しにくいステンレス・マグを知った。

多分、以前も知っていたのだろうけれど、あまり気になっていなかった。

だって、氷を入れて飲み物を飲むっていうのがあまりなかったから。(笑)

ネットで調べてみると、氷を入れてもしばらくは溶けず、また、冷えはかなりキープされるようだ。もちろん、保温性もあり。

更に、その結露も出ない、ではなく、出にくいとのこと。

おお、これはいいなぁ、買おうかな、と思っていた。

有名なのは、某メーカーのもののようだけれど、ニトリに手頃な価格のものがあるようだし。

でも、見送っている状態だった。なんでかは僕にもわからない。(苦笑)

ひょんなことから、昨日、コースターが珪藻土製のものがあるというのを知った。

珪藻土は今となっては定着しているよね。

一番有名なのは、バスマット。

すぐに吸水してくれるから、足元がベチャベチャにならないので人気があるようだ。

なんと、100均に、その珪藻土のコースターがあるというのを知った。

ただ、どうやらそれは、キャンドゥで売っているそう。

残念ながら、近所にはすぐに行けるキャンドゥはないので、どうしたものか、と思っていたら、同様のものがセリアにあるというのを知った。

それがこれ。

吸水コースター。

丸形もあるようだったけれど、僕は四角いのがいいな、と思ったので、これを購入。

お店に丸形があったかどうかはチェックしていない。すぐにこれを手に取ったので。

人気商品なのか、結構な数が山積みされていた。

「コースターがグラスのそこにくっつかない!」だって。

裏面は、コルクになっている。

原材料。

これを見て、おお、と思った。

もし、近所にキャンドゥがあっても、僕はやっぱりこっちを選んだと思う。

理由は、珪藻土って、吸水が弱ったら、ヤスリがけしてメンテナンスしないといけないから。

でも、セラミックだとそういう必要性はなさそう。

上記の通り、手入れも難しくない。乾燥させる場合は、ただ自然乾燥させればいいだけ。

珪藻土のコースターを触っていないのでわからないけれど、セラミックのコースターのデメリットは、多分、重さだと思う。

そこそこの重さがあるからね。

だから、説明書きの通りで、コースターはコップにくっつかない。(笑)

ちなみに、普段使っているコースター。

贅沢(?)でオシャレなガラス製。(笑)

これがビシャビシャになるのである。

これ、僕にとっては思い出の品。

サラリーマン時代に会社を辞める時に、同僚がセットで贈ってくれた物。

今も大事に使わせてもらっている。

僕は、この会社のPCは一度も買ったことはないけれどね。(笑)

話を戻して、セラミック・コースターと入れ替えてみる。

結構大きめ。

気持ち小さくてもいいかも、と思った。

そうすれば、もう少し軽くなるだろうしね。

裏はコルクなので、机を傷つけることもなさそう。

表面には、Happy cafe timeって書かれている。

味気ないデザインだけれど、でも、シンプルだから、飽きはこなさそう。

早速、氷入りの抹茶シナモン豆乳を入れてみた。

しばらくすると・・・

表面が結露。

ただーし!

いつものコースターだと、すぐに水浸しになるのに、これだとなかなかそうはならなかった。(苦笑)

結構な時間が経ってから、こういう感じになった。

触ってみても、水気は感じない。

水は中に染み込んでいて、シミのようになっているだけ。

時間が経てば、と言っても、すぐではないけれど、このシミもなくなった。
1時間以上経っても、まだうっすらとシミは残っていた。
2時間ほどで、ほぼシミは見えなくなった。

ということで、なかなかいいんじゃない?

結露しにくいステンレス・マグを買わなかった理由は、これを買う予定だったからかな?(笑)

ステンレス・マグは氷が溶けづらいし、冷えもキープされるのでいいのだけれど、なんか無機質な感じがするし、ステンレスのせいでなんか味が変わる(金属臭)ような感じだし。

やっぱり陶器の方が味わいがあるように思う。

まぁ、どちらであっても、一長一短だね。

氷が溶けても気にならないなら、この給水コースター。

ステンレス素材が気にならないなら、結露しにくいステンレス・マグ。
でも、ビールを飲む場合は、こっちの方がいいかも。
ビールってすぐにぬるくなるからねぇ。

という感じかな?

物は試し、まずは、この給水コースターを使ってみては?

不思議なのが、某Dソーにはこの手のものがないということ。

Dソーだったら、速攻でこういうのを販売しそうなのにね。(笑)

|

« 冷凍すると | トップページ | 冷凍すると その2 »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冷凍すると | トップページ | 冷凍すると その2 »