« シナモン | トップページ | 今の日本の文化 »

2018年2月 3日 (土)

日光

少し寒さがやわらいだかな。

もうちょっと太陽が出ていたら、もっと暖かくなっただろうに。

明日から、また寒さが戻るようだ。

でも、寒さに負けず、太陽が出ているなら、日光に当たろう!

インフルエンザ流行の遠因として、魚離れや日光に当たらない都市生活

ビタミンDって、案外食品に含まれておらず、摂取しづらい栄養素。

面白いのが、人間の身体は、自力で栄養素を作り出すことはあまりないのに、このビタミンDは、自力で作り出せる、数少ない栄養素。

それも、特に特別なことをする必要性はなく、ただ、日光にあたるだけ。それだけでビタミンDが生成される。

だから、日光浴して、光合成することが大事!

最近は、日焼けすることを避けて、皮膚をあらゆる手段で覆い隠している人がいる。

いくら外に出ていても、それだと外出している意味、日光浴、が半減してしまう。

シミ(場合によっては皮膚ガン)を取るか、光合成を取るか。

なんでも一長一短があるので、割り切りも必要。

何も、何時間も日光に当たる必要性はない。

ウォーキングする人なら、その時間だけでも十分。

通勤通学中でも十分。

その間は、目一杯、日光にあたるのがいいと思う。

ここに、「ビタミンDはイワシや鮭、さんま、サバなどの魚に多く含まれており」と書かれている。

僕は、サバ缶にはまっているし(笑)、今日は節分。

だから、イワシを食べればいい!

現代は、経済発展のために、何々を食べよう、というのがほとんどだけれど、中には、本当に健康のことを考え、この時期にはこういうものを食べよう、というのもあるはず。

旬の時に旬のものを食べる、というのが特にそうだろう。

最近の恵方巻きは、明らかに経済優先だけれど、イワシを食べるのは、この記事の通り、栄養も考えればいいものだから、大いに食べよう!

|

« シナモン | トップページ | 今の日本の文化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シナモン | トップページ | 今の日本の文化 »