« ヘトヘト | トップページ | 新たな場所 »

2018年3月28日 (水)

長い道のり

不思議。

昨日行った場所と比較して、姫路って、あまり暖かくない。

厳密に言うと、暑くない。(笑)

気温はそこそこあるけれど、空気はひんやりしている。

だからか、僕のお気に入りの桜並木に行ってみると・・・

え?まだこんなの??

昨日の場所なんて、ほぼ満開だったのに。

まぁ、これはこれで、これからの楽しみでいいのだけれど。

去年、こういう感じのものもいいなって思ったもの。

左下の蕾がいい感じ。

ちょっと霞がかっている。

中には、房の固まりで咲いていた。

見にくいけれど、葉桜。何の種類かはわからない。

さて、予告した昨日の写真。

その前に、昨日の写真を撮影するに至った経緯を。

これまた、不思議というか、面白い話。

昨日は、桜撮影のために京都に行ったわけではない。

ある方から、あることのための記念撮影をしてほしい、という依頼であった。

メールのやり取りをしている時には詳細はわからなかったけれど、昨日、お話を聞いて、なんとも「長い道のり」だったんだと思った。

一度、僕とNZでお会いしていたそうだ。

そして、NZで、娘さんの学校卒業記念の撮影をお願いしたい、と僕に問い合わせ。

が、あいにく、その頃、日本で写心展をしていて、入れ違い状態。

よって、その時は撮影させて頂くことは出来なかった。

申し訳ないのだけれど、お会いしたこと、撮影依頼されたこと、どちらもはっきりと思い出せないんだよねぇ...(泣)

まず、最初にお会いしたのは、僕が関わっていた、現地学校の受付で。

かれこれ、10年以上前のこと。

その方は、その学校の受付に用事があったのだけれど、受付が忙しなく、対応してもらえなかったよう。

その時、僕は撮影でそこでスタンバイしていたのだろう。

その方に話しかけ、どうやら、名刺をお渡ししたようだ。

それから数年過ぎ、娘さんが現地の学校を卒業するということで、僕にコンタクト。

が、上述の通り。

それからずーっと時間は下り、今年の2月。

京都で、ある撮影をしてほしい、ということで、僕のことを思い出されたようで、ネットで僕のことを探し、コンタクトしていらした。

今回は、幸いにも、僕は日本にいるし、逆にNZにいるっていうわけではなかったので、撮影させて頂くこととなった。

関西圏外だと、色んな意味で実現が難しかったかも知れないけれど、これも幸いなのが、若干遠いとは言え、場所は京都。

どういう撮影になるか?

1週間ほど前の天気予報では、昨日だけが、曇り時々晴れ。

うーん、どうだろう?とちょっと心配。

しかし、日にちが近づくにつれ、天気予報が変わり、晴れマーク!

更に、桜もどうやら咲き始めの頃のよう。

これはきっと良い撮影になるだろう、という予感。

で、昨日は朝早くから京都へと向かった。

現地に到着し、地下から地上に出てビックリ。

え?桜、ほぼ満開?!?!うそでしょ?と。(笑)

大阪は、過去最も早い満開、というのをネットで見ていたけれど、京都も同じ。

厳密に言えば、満開ではなく、七分咲きくらい。

桜の咲き始めの撮影になるかと思ったら、ほぼ満開の桜と撮影できたのである!

これは予想外の展開で、本当に嬉しかった。

撮影内容は詳細には書けないけれど、全てがスムースに進み、神がかりの撮影となったのである。

これ、本当。

お昼に全て終わり、皆様とお別れ。

編集した写真を見ても、う~んと、いい意味で唸るような写真が一杯だった。

きっと、喜んで頂けると思う。

初めてお会いしてから10年以上。

前回の撮影ができなかった時から8年ほど。

そして、ようやく、撮影が実現!

なんとも気が遠くなるような、長い年月がかかって実現した「長い道のり」な撮影であった。

こんなことって、一般的にはありえないでしょう。(笑)

せっかく頂いた京都の時間。

皆様に感謝しつつ、桜撮影をすることに。

てっきり、咲き始めだろうと思っていたので、そんなに気合いは入っていなかった。

でも、ここまで咲いているのだから、やはりそれなりの撮影をしたい。

京都の桜も数年ぶりだしね。

ということで、午後からは、桜撮影。

ルートは、銀閣寺側の哲学の道、平安神宮、鴨川、そして・・・

お昼頃になると、暑いくらい。

一昨日の姫路は、昼間でも空気がひんやりしていたので、ジャケットを持っていっていた。

でも、ここ京都では、そんなの邪魔!

朝、少し我慢すれば、着ていたジャケットが荷物にならずにすんだのに。(苦笑)

ということで、次から桜写真。

銀閣寺へ向かう道の桜でさえ、この通り。

ものすごくきれい。

見よ!この立派な咲き方。

哲学の道の桜って、こんなに綺麗だっけ??(笑)

なんて思いながら歩いていた。

とにかく、色が綺麗。勢いがある。

咲き始めだから余計そうなんだろう。

あと、平日にもかかわらず、観光客の多いこと!

以前の桜撮影の時、ここまで人は多くなかったのに、と思って、冷静に人を見てみると、なーるほど、そういうことか。

日本人よりも、外国人の方がはるかに多い。

彼らは休みで来ているんだから、平日も何も関係ないよね。(笑)

空を見上げると・・・

暈!

桜と撮影。

電線が残念だったけれど。

本当に、銀閣寺側の哲学の道の桜は綺麗だった。

どう撮っても、絵になる。

今回は、この人の多さ、賑わいを写し込むことにした。

のれんと一緒に。

古い家だと、本当に雰囲気がでる。

「しあわせ市」。こんな景色を見たら、本当にそうだわ。(笑)

黄色を入れて。

桜に負けていない!

人、多いでしょ?(笑)

今の日本って、どこもかしこも、外国人観光客だね。

こりゃ、週末の京都、どえらいことになりそうだね。(笑)

本当に、桜が輝いていた。

この桜、とっても立派!

何度もここを通っていたけれど、初めてこの木の凄さに気付いた。

南禅寺境内。

なんかイベントがあるらしく、白い服を着た方が。どうやらえらいさんらしい。

白とピンクの共演。

でっかい門と一緒に。

このレールのところは絵になるね。

ここからは初めてのルート。琵琶湖の水が流れている川。

動物園横を通っている。

いつも、南禅寺まで来ると、蹴上まで行って、電車に乗って移動する。

今回は、平安神宮に行くために、このルートを取った。

川沿いもキレイな桜。

やっと、位置関係を把握した。

改修中の美術館横の桜。これも立派!

山側。

そして、平安神宮。

龍と左近の桜。

そう、この桜に会いたかった!

調べてみたら、5年前だって。しかも、4月10日。

あの時は曇りだった。

それでも、すごい存在感だった。

今回は、晴れの日に。満開前。

雰囲気が違う。

本当に見られてよかった!

昨日の京都は、あちこちで袴、着物姿の女性を見た。

満開までもうちょっとだね。

それでも、綺麗だ。

また戻って、違う角度から。

こっち側からもいい感じ。

やっぱりこの桜はいい。

次は、鴨川へ向かう。

道端であっても、このすごさ!

鴨川沿い。

天気はいいし、暖かいので、川を渡りたくなるよね。(笑)

相変わらずの、名物等間隔。(笑)

上の写真の左上、なんと、川の真ん中で釣りをしている人がいた!

この時点で、かなり足にきていたけれど、もうちょっと頑張ろう、と。

祇園の方に行こうかと思って歩いていた。

が、ちょっと遠いしなぁ、と思っていたところ、閃いた。

そうだ、あそこに行こう!

そのまままっすぐの八坂神社。

そして、桜の名所、円山公園。

雲がいい感じ。

そう、この一本桜を見に来た。

前回来た時は、元気がなさそうだったけれど、昨日は、天気が良かったからか、元気そうに見えた。

とにかく、ここ、人が多い!めちゃくちゃ多い!!

太陽の傾きもいい感じ。

なんとか、この桜をいい感じで撮影できないか、と、試行錯誤。

こうやって撮ってみたり、

こうやって撮ってみたり。

そして、ピーンと来た!

これ。

桜の木の中に太陽を入れてしまった。

幻想的というか、宇宙的というか。

そっかぁ、今回の京都の午後は、これを撮影するために来たんだ、と納得した次第。

だから、祇園の方にあまり乗り気じゃなかったんだな。

設定を変えたり、構図を変えたりして撮影。

やっぱり、最初の頃の方がいい感じ。新鮮な感性で撮っているからね。

これらを撮ることが出来ただけで、満足であった。

全体。

もうそろそろいいかな。

趣向を変えて、超広角で撮影。

これもいい感じ。

以上で、京都のとっても早い桜撮影が終了。

とにかく、足が痛い。(苦笑)

卒業式シーズンに桜。

今年の京都や大阪は、入学式の頃には桜は散ってしまっているだろう。

姫路でも微妙だろうね。

午前の撮影、午後の桜撮影、ここまで充実した撮影ってなかなかないと思う。

本当にいい機会を頂戴した。

有り難うございました!

|

« ヘトヘト | トップページ | 新たな場所 »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

日本写真 他」カテゴリの記事

日本写真珍現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘトヘト | トップページ | 新たな場所 »