« 初めてではないのに、初めての場所 | トップページ | お休み »

2018年4月 4日 (水)

30分の違い

姫路城のテーマ撮影の本番。

西側の姬路城を撮影していて、これ、朝早く撮影したら、めっちゃいいんじゃない?と思った。

それで、昨日、姬路城と桜の早朝撮影に出掛けることにした。

京都撮影の疲れはまだ残っていたけれど。

現場近くに到着すると。

なんともいい感じで朝日に照らされている桜。

これだけで、期待感が高まる。

そして・・・

うわ、何これ!!

超いいんですけれど。(笑)

いや、もうちょっと早く来ていれば、もっといい感じだったかも。

この空気が霞んでいる感がとってもいい!!

実際は、もうちょっと早く出られたんだけれど、出なかったのがちょっと悔やまれる。

左側の桜は、光の差し込みがあまりよくないよう。

姫路城だけ。なんとも幻想的。

何枚も何枚も、撮影したけれど、同じような写真なので、代表的な写真だけ。

それだけ、久しぶりに感動したのである。

この角度の姫路城、気に入った!

次なる場所へ。

光の当たりがちょっと弱いかな。

シロトピア公園から。

いいねぇ、威風堂々。

思った通り、北側の面でも光が回っている。

更に、超いい感じで、雲が出てきた!

ああ、早起きして来てよかった...

東側へ回る。

綺麗に反射しているけれど、コントラストがちょっと強いね。

そして、今回のテーマの場所。

朝日がちょっと弱いかな。

あと、桜の勢いがなくなってきている。

盛りの時に撮影したかったな。来年の課題だ。

ちなみに、こういう場所で撮影していた。左側が姫路城。

姫路神社へ。

やっぱりいいねぇ。

ここの桜は、この幹のうねり具合に色気がある。(笑)

正面。

いい感じの雲!

朝の柔らかい日差しだから、余計にいい感じに見える。

一本桜と。

定番の場所。

人がほとんどいないから、めっちゃ楽に撮影できる。(笑)

それでも、それなりの人が撮影していた。

朝だと逆光になるから、雲を写そうとすると、全体的に被写体が暗くなる。

主。

この時、日が陰ったりしたので、しばらく待ったり。

ここから、桜を上に置いてみました写真。

それぞれに雰囲気があっていいでしょ?

組写真にしても良いかも。

真正面から。

右下にバスが見える。

なんかテレビの撮影をしていた。何の番組だったんだろう?

こうやって見ると、まだまだ見頃っていう感じ。

ど定番の場所。

それなりに撮影できた。

でも、実際は、既にスタンバイしている人たちがいた。

彼らは、三脚をその場に置き、その人たちは離れていた。

だから、隙間から撮影。

ファインダーは覗けないので、モニターに被写体を映して、シャッターを押した。

便利な時代になったものだ。(笑)

姫路城が真っ白になってしまうので、露出を落とすとこうなる。

姫路城とは関係ないけれど、川沿いを見ると、綺麗に反射していた!

そして、今日。

3日連続で超早起きはちょっとしんどいけれど、天気予報では晴れマーク。

今後の予報を見ても、やはり今日しかない。

ということで、今日も出かけた。

昨日、もう30分早く出ていれば、という思いがあったので、昨日より30分ちょっと早めに出た。

すると、途中で...

なんたること!

まんまる太陽が!!

先を急ぎたい。でも、撮っておきたい、という葛藤をしながら、撮影。(笑)

桜の花を太陽に入れて。

この後数分で、太陽は輝き出した。

うーん、タイミングだ。

現場に到着し、桜を撮影すると、

なんか龍の顔に見えない?(笑)

そして!

30分の違い、感じ取ってもらえるだろうか??

一番上の写真と見比べてほしい。

また欲を言えば、もうちょっと早くても良かった。(笑)

霞具合が、昨日より薄い。

昨日の霞具合だったら、さらに良くなっただろうね。

でも、僕的には満足。

何枚も何枚も撮影。

姫路城だけ。

桜の方にはまだ日差しはそんなに当たっていない。

天守閣をアップで。

やっぱり朝の雰囲気、いいわ。

この場所、本当に気に入った!

来年は更に30分早く来よう。(笑)

いや、桜がなくなっても、また来たいな。

この木に日が当たるのは、もうちょっと後のようだ。

ということで、満足したし、移動。

途中のこういうのもいい!

シロトピア公園から。

新緑の時にまた撮影したい。

全体。

昨日とは違って、この時点では快晴。

ちょっと違った撮影はできないか?と思って、北西側へ。

桜に日があんまり当たっていない。

例の場所。

いつもと違い、道路から撮影。

また戻って。

こんなもんかな。

満足したし、十分撮影したので、これでいいかな、と思っていたら!

なんと、いつの間にやら雲が西から来ていたようだ。

背後は全く気にしていなかったので、気付かなかった。

太陽に三本線!

面白いのが、姫路城から雲が発生しているように見える。

雲が出たからといって、撮影を止める訳にはいかない。僕の宿命だ。(笑)

なんとも面白いタイミングだ。

雲に覆われてしまったので、終了。

昨日から気になっていた、姫路城十景のうちの一つ、男山からの景色。

あそこって、多分、桜とかないだろうし、何よりも、この階段を上らないといけないので、面倒だ、と思っていた。

これ、めっちゃ大変なの。

まだ筋肉痛、収まっていないの。(苦笑)

でも、行ってみないことにはわからんしな、と思って、覚悟を決めて上る。

ちなみに、この階段、高校時代の部活でよく上った。

部室の壁に、ここを走って上った時の記録が書かれていた。

歴代の先輩の記録で、45秒というのが最高記録。

で、これ、自慢。(笑)

僕は、ここを43秒で上ったのである!

すごいでしょ?

今なんて、途中で息が切れてしまうのに。

実際、真ん中あたりでヒーヒー言っていた。(苦笑)

途中では止まらない!と決めて上ったので、歩きだけれど、そのまま上りきったよ。

姫路城。

やっぱりこの上には桜も何もなかった。

とりあえず、撮影。

天使の梯子的。

とりあえず、満足したので、帰ることに。

面白いのが、その帰る途中で、雲がなくなったのである。

これで、今回の姫路城と桜撮影、思い残すことはない。

あとは、オマケ、だな。

オマケ撮影であっても、出来たら、桜吹雪を撮りたいんだよねぇ。

ただ、天気がねぇ。

夕方前から雨。

これで、散ってしまうなぁ...

|

« 初めてではないのに、初めての場所 | トップページ | お休み »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

日本写真珍現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めてではないのに、初めての場所 | トップページ | お休み »