« 意外と | トップページ | 有効活用なのか »

2018年7月19日 (木)

下向き

ズボンの上に、水をこぼしてしまった!

仕方ない、と思って、脱いでしばらく放っておいたら、あっという間に乾いてしまった。(笑)

室内自然乾燥機、だな。(笑)

エアコンの風、上向き、下向き、どっちにしている?

家に戻ってきたら、下向きにして、強風にすれば、一気に冷えるからやってみましょう!

冷気は下がるから、天井付近に風を当てている人がいるかもしれないけれど、それはめちゃくちゃ効率が悪い。

いつまで経っても、部屋の温度は下がらない。

理由は簡単、暖気は上に上がるから。

常にそこで、暖気と冷気が「戦う」ことになるので、冷気は下に下りてこない。

下りてきても、生ぬるくなってしまっているでしょう。

だから、すぐにでも涼しくなりたかったら、風は下向き、つまり、床を冷やすような感じにするといい。

そうすれば、自分の活動エリアがすぐに涼しくなる。

なんでこれがいいかと言うと、活動場所が天井付近だったら、上向きでもいいけれど、天井付近で活動している人なんて誰もいないはず。(笑)

部屋にいる時は基本的に座っているだろうから、せいぜい、床から1mくらいまで涼しければそれでいい。

面白いのが、下向きで冷風を送っていると、設定温度より室温が低くなるのである。

温度計を、目の高さくらいのところに置いてみるとそれがわかる。

床にサーキュレーターを置いて、風を送れば、部屋全体の床付近がひんやりするから、特に効率が良くなる。

十分冷えたな、と思ったら、風を上向きに変えるもよし、下向きのままで、設定温度を上げて、風量を弱めるもよし。

お好きな方で。

こういうやり方をすれば、電気代を節約できるし、何よりも、室外機の吐き出す暖風は少しはマシになる、はず。

部屋全体を冷やすことを考えるのではなく、自分の活動エリアを心地よくするようにしましょう。

|

« 意外と | トップページ | 有効活用なのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意外と | トップページ | 有効活用なのか »