« 2つ解決 その1 | トップページ | 勝手にスリープ »

2019年2月 6日 (水)

2つ解決 その2

昨日の夜から降り続いた雨が、お昼少し前まで降っていた。

気温は高めだけれど、雨だからか、ひんやり。

午後になって、太陽が見え、気温も上がった。

帯状の雲がいい感じ。

Firefoxで、2つ解決した件、その2。

普通にFirefoxを使っているだけの人は全く関係ない話。

Webデザインをやっていても、Webページのデザインをやっているだけの人にも関係ない話。

関係あるのは、Firefox本体の見た目・外観を変更したい人。

Webデザインをしている人は、「開発ツール」を使って、色んな要素を探したり、値を変更したりすると思う。

それと同じような感じで、Firefoxの見た目・外観に関しても、要素を取得したり、値を変更することが出来るツールがある。

それが、「ブラウザーツールボックス」。

これがないと、見た目・外観を変更したいと思っても、何が何やらさっぱりわからないのである。(苦笑)

これは僕の環境だけなのかもしれないけれど、このブラウザーツールボックス、時々、いや、かなり頻繁に表示されない時があった。

要素を見たい!という時に限って、出現してくれないのである。(泣)

なんでだろう?と思って、ことあるごとにネットで情報を探ってみたけれど、探し方が悪かったのか、解決方法がわからなかった。

それが、最近、ある書き込みで、解決策を知った。

それをやってみると、ちゃんと表示されるようになった!

もし、ブラウザーツールボックスが表示されない、という人は、以下のことをしてみるといいでしょう。

プロファイル・フォルダの中にある「chrome_debugger_profile」フォルダを削除するだけ。
(削除が嫌だったら、リネーム。)

これで、起動しなかったブラウザーツールボックスがちゃんと起動するようになった。

但し、このやり方には一つ問題が。

フォルダそのものを削除したことにより、設定関連が全て初期化されてしまう。

まぁ、大した設定なんてしていないから、別にいいんだけれど、なんかすっきりしない。

そこで、何か別の手段はないか?と思って、「chrome_debugger_profile」フォルダの中を見てみると、あったあった!

それをこうすると、問題なく起動した。

使っているうちに、ブラウザーツールボックスが起動しなくなることが何度もあったので、その都度、それをやると、ちゃんと起動したので、ほぼ、これで問題ないはず。

そのやり方は、「chrome_debugger_profile」の中にある「parent.lock」ファイルを削除するだけ。

開発をやる人なら、こういうロック・ファイルはお馴染みだよね。

これで、設定が初期化されずに、ブラウザーツールボックスを起動させることが出来る。

今まで、ずーっと、ブラウザーツールボックスが起動しなくて、フラストレーションを感じていたけれど、これでその問題は解決!

昨日書いた記事、Print Editの件、そして、本件とも、長年の懸案事項だった。

それらが解決し、本当にスッキリした次第。

これで、益々、Firefoxから離れられなくなる僕であった。(笑)

あとは、いつまで、userChrome.jsやuserChrome.cssが使えるかだ。

これらが使えなくなった時が、Firefoxとの決別の時かもしれない...

いや、決別というより、ブラウザはなんだっていいや、っていう感じになるかもしれない。

だって、Edgeでさえ、Chrome系になってしまうんだから。

流れからすると、いずれFirefoxも、なんてことになるかもしれないね。

|

« 2つ解決 その1 | トップページ | 勝手にスリープ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2つ解決 その1 | トップページ | 勝手にスリープ »