« Subかる | トップページ | 姫路城 雪化粧 2019 »

2019年2月11日 (月)

雪化粧

朝起きると・・・

なんと、雪が積もっていた!

更に、雪も降っていた。

予報では、確かに雪マークだったけれど、それは単なる予報で、まさかこんな風になっているとは思わなかった。

うーん、出掛けようか、寒いからやっぱり止めようか・・・

なんて、葛藤はあったけれど、やっぱりこれを撮らないとね。(笑)

雪化粧の姫路城!

せっかくなので、大きめのサイズで。

観光客も、地元民も、そこそこ人がいて、この景色を撮っていた。

なんか撮っていて、テンションが上がらない...

数年前は、太陽光が差し込んで、おお、という感じだったけれど、今回は、どんより空と、結構激しい雪の降り方で、単調?

姫路城は白いので、雪の白さと対比できないけれど、大事なのが、こういう木の存在。

こういう木に雪が積もっているから、「雰囲気」が出るんだ、というのがよくわかった。

これ!

めっちゃ、惹かれた...

桜のピンクではなく、雪を咲かした桜の木。

本当に、「雪の華」だね。

なんか、いいわぁ・・・

定番の方角。

うん、やっぱり、僕はこういう「変化球」が好き。(笑)

こうやって見ると、木に積もっているから、雰囲気が出ている、というのがわかると思う。

9時過ぎだったからか、まだそんなに観光客はいなかった。

いいねぇ。

そして、東側へ。

ここを見て、また感嘆!

めっちゃ雰囲気あるねぇ。

姫路城を撮影しているより、こういう方がいいかも。(笑)

東側も、木に積もった雪が雰囲気を出してくれている。

雪はベタ雪。

これが粉雪だったら、撮影も楽なのに。(笑)

そして、北側へ。

歴史博物館の窓に映る姫路城。

やっぱ、北側はいいわ。

絵になるねぇ。

木の生い茂り方は、こっちの方が城に近いので、よりいい。

とにかく、手が冷たい!(泣)

しもやけは、去年に比べれば、かなり改善しているけれど、こういう撮影をしていると、キンキンに冷えてくる。

左手の人差し指の感覚がなくなりかかった時には、ビビった。

雪山登山をしている人達って、本当に大変だな、と思う。

この北側には、トイレの横に、屋根のある休憩室がある。

そこでしばし手を温めていた。

そして、西へ。

僕のお気に入りの

文学館から。

到着した時は、僕だけだった。

めっちゃいい雰囲気。

あまりにもいい雰囲気なので、しばらく、この様子をボーッと眺めていた。

写真を撮るより、見ていた方がいい、と思ったので。

そうしたら、一人写真を撮りに来た。

以前からやりたかったこの撮影。

雪が光っているでしょ?

コンデジを取り出して、フラッシュ撮影。

一応、一眼レフ用のフラッシュも持って行っていたのだけれど、取り出すのが面倒だったから、止めた。(苦笑)

ここに屋根と椅子があったら、しばらく眺めていたかった...

今回のお気に入りはこれかな。

いいでしょ?

そして、気合を入れて、男山を登る!

あの急な階段を、一度も休まずに登ったよ。

えらいえらい!(笑)

いいねぇ、ここからも。

文学館からとは違う趣がある。

雪らしい雰囲気が出ていると思う。

と、撮影したい場所をほぼ終え、正面に戻ることに。

すると、予報通り、雪が少なくなってきた。

予報では、11時過ぎには止むような感じだったから、ほぼ予報通り。

僕の撮影も、ちょうどキリがよかった。

なんというタイミング!(笑)

東側。

さっきと雰囲気が違う。

正面も。

雪の降り方が変わるとこんなに雰囲気が変わる。

と、この頃にはほぼ、雪は終わり。

僕にとっても、終わるのにいいタイミングだった。

せっかく姫路に来たので、そう、昨日行きそびれたところへ行くことに。

大手前公園の前を通ると、雪の中、ひめじSubかる☆フェスティバル2019続行中。

もうすぐ雪は止むから、人も一杯集まるだろうね。

僕は、室内の会場の方へ。

いやぁ、これはすごい。

見入ってしまう。

暗いから、シャッタースピードを上げられないので、ブレているけれど。

どれを動かすか管理している人達。

かっこいいね。

こうやって並ぶといいね。

これ、結構、格好良く撮れたと思う。(笑)

真ん中は小さめの列車が走っていた。

次は、プラモデル。

ズラーッと製作者の自慢の作品が並んでいた。

このガンダムの白の汚れ具合がいい感じだった。

僕の好きな、シーズン2の片腕がないエクシア!

見ていて思ったのが、ジオラマはあまりなかったな。

もう流行っていないのかな?

あと、飾り方も大事だな、と思った。

机の上にそのまま置くのではなく、せめて、なんらかのシーツを敷いて、その上に置くとか。

それだけでも、随分雰囲気が変わる。

このホワイトベース、デカかった!

スケールを合わせているんだろうね。

イングラムも格好良かった。右側のパトライトがくるくる回っていた。

これ、写真ではわからないけれど、奥のテレビ、カラー動画が流れていた。

これを見ていると、製作者の人が話しかけてきた。

奥のテレビ、なんと、小型液晶と基盤が一体化したマイコンとのこと。

約2cm四方かな?多分、海外のものだろうから、1インチ規格だろう。

とにかく小さい。

プログラミングすれば、こうやって動画を流せるし、ゲームも出来るらしい。

データは、microSDに入れて、動かす。

赤外線を受信出来るとのこと。

一通り揃ったキットで、1万円しないとのこと。

会場を離れてから思ったけれど、これを何枚も並べて、マルチ・モニターにして、例えば、8x8とか、そこに映像や写真を流すのっていいと思う。

同期を取るのが大変だろうけれど、写真だったら、少しタイミングがずれても、パラパラという感じになるので、雰囲気が出ると思う。

外に出てみると、コスプレの人が一杯だった。

午後は雪は止んだので、寒かっただろうけれど、きっと会場は賑わったと思う。

と、こういう感じで、雪化粧の姫路城を撮影し、行き忘れていたこの展示会に来られてよかった!

今日の最高気温、3.6度だったらしい...

14時や15時ではなく、17時前だって。面白いね。

さぶっっっ!!!

|

« Subかる | トップページ | 姫路城 雪化粧 2019 »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

日本写真珍現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Subかる | トップページ | 姫路城 雪化粧 2019 »