« 勘違い | トップページ | 竹のトイレットペーパー »

2019年12月28日 (土)

行列

今日もいい天気だったけれど、午後からは雲多め。

太陽が出ている時は、暖かく感じるけれど、風が冷たい!

 

三宮に行った時のこと。

電車の中で、三宮に行ったら、何かすることがあったよな、と思っていた。
それが何だったか・・・
思い巡らしていると、思い出した!

あそこに行って、あれを買うんだった。

ということで、三宮ではなく、元町で降り、そこに行くことに。

目的は、食べ物を買うこと。

それがここ。

食ぱんの店 春夏秋冬 元町店 - 元町(阪神)/パン [食べログ]

「春夏秋冬」と書かれているけれど、正式には「春夏+秋冬」のようだ。
あと、オフィシャルのWebサイトがない?!

テレビに何度も取り上げられている店。

ここは常に行列とのこと。
確かに、過去何度かこの店の前を通った時、行列が出来ていた。

とりあえず、お店に行ってみた。
すると、既に行列が出来ていた。

このお店は、1日3回、販売するようだ。
僕が到着したのは、14時頃。
2回目の販売が14時30分。

既に40~50人が並んでいる。
今並んでも買えるのか?という不安はあったけれど、せっかくだから並ぶことに。

行列に並んでいて、道行く人を観察。
面白いもので、皆さん、こちらを見て、これ何の行列?と不思議そうに見る人、あ、この店か、という感じの人、色々だった。
アジア系の人も並んでいたようだ。

僕が並んでからも人は増えるばかり。

予定時間より少しだけ早く販売開始。

ここの売り物は、巷で流行っているオリジナル的な「高級食パン」というものではない。

「パン・ド・ミー」という種類の食パン。
これの山型と角が売られている。

おお、と思ったのが、1本(2斤分)と1斤があり、1斤の方は、既に5枚切りされていて、切るのが面倒、という人にはいいというもの。

更におお、と思ったのが、値段が意外と良心的。
1本の方は、660円、1斤は、半分の330円。
高級食パンは、1,000円近い価格だけれど、こっちは500円に近い価格。

メニューには書かれていなかったけれど、ショーウィンドウには、色んなパンが置かれていた。

アップルパイ、チーズパン、チョコレートパン、ごまパン等、他にもまだまだあった。
それらは小さめのパンで、200~300円台のもの。
ちょっとした味変をしたいという人、ちょっとしたお土産に、という場合にもいいだろうね。

販売開始してから、15分ほどで買えた。

見ていると、結構な数を用意しているようで、100人くらいの行列であれば、問題なさそう。

買える保証はないけれど、並ぶのが嫌な人は、販売開始から30分程度過ぎてから行くといいかもね。

これが実物。

案内紙をもらってきた。

元町以外にも、高速神戸の方でも売っている。

形が崩れているけれど、これは重力でこうなってしまったのである。(笑)

それだけ柔らかい、っていうことだね。

上記は、既に1枚ずつなくなっているので、4枚の状態だ。

生の状態。

アップで。

気泡?が結構あるね。

焼いてみた。

アップで。

実食。

まずは、生で。

しっとり、もちっとしていて甘すぎない甘さ。
あと、表現のしようのない、美味しい味、「癖のある」味がする。(笑)
多分、塩気だな、これは。
もしかしたら、こういう癖のある味、苦手っていう人がいるかもしれない。

高級食パン系って、やたらと甘さを強調しているものがあるけれど、これはそういう感じではなく、一般的な食パンに近いと思う。

気泡があるから、スカスカか?と思ったけれど、とんでもない。
結構な密度。

次に、トースターで焼いてみた。

表面はサクッ、中は生と同じくモチッ。
温めることによって、よりモッチリ感が増したよう。

トースターで焼くと、焼き目が入るのに結構時間が掛かる。5分くらい。
高級食パンであれ、普通の食パンであれ、砂糖が結構入っているので、すぐに焼き目が入るけれど、これはそうではない。
ということは、砂糖類はあまり入っていないということだと思う。
だから、焼き目が入るのに時間が掛かるのだと思う。

僕としては、2つの食感を楽しめる焼きを断然お勧めする!

ということで、随分前から気になっていたものを買え、そして、食すことが出来たので、満足満足である。

|

« 勘違い | トップページ | 竹のトイレットペーパー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勘違い | トップページ | 竹のトイレットペーパー »